GPT JavaScript ライブラリのローカル保存版について

キャッシュした gpt.jsgpt_mobile.jspub-ads_impl_XX.js を自社サーバーから配信しないでください。

ローカルに保存したバージョンの JavaScript は、新しいバージョンのブラウザやオペレーティング システムでは機能しない場合があり、新しい機能や改善が更新によって反映されない場合があります。古いバージョンの GPT ライブラリはいつでも廃止される可能性があり、タグへの広告配信が停止すると広告収益の損失につながりかねません。

このため、公開されている GPT API のみを信頼するものとして、タグの内部的な実装情報に依存することのないようにしてください。GPT への新機能追加に伴って、広告表示で使用される JavaScript 実装と DOM 操作も変更される可能性があります。そのため、実例のみに依存していると、サイトで想定外の動作が発生することがあります。

詳しい実装方法については、Google Publisher Tag API リファレンス ガイドGoogle サイト運営者タグのサンプルをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。