言語による広告のターゲット設定

Google のシステムでは、ウェブページの主要言語を判別できます。アド マネージャー でサポートされている言語で記述されたページであれば、その言語に適した広告が表示されます。また、広告表示の際には、広告主様がキャンペーンで指定した言語設定も考慮されます。広告主様は広告を表示したいサイトの言語を、言語によるターゲット設定で選択できます。

Google ディスプレイ ネットワークでタイ語のサイトを閲覧しているユーザーには、タイ語をターゲットとするキャンペーンの広告が表示される可能性があります。また、Google での表示言語をスペイン語に設定しているユーザーには、スペイン語をターゲットとするキャンペーンの広告が表示される可能性もあります。

その他に、表示する広告を決定する際には、ユーザーが閲覧しているページ、または最近閲覧したページの言語も考慮されます。つまり、ユーザーが過去に閲覧したページか、現在閲覧しているページから言語が検出される場合もあります。その場合は、コンテンツの言語ではなく、検出された言語に合わせて広告が表示されます。

Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)で、日本語で書かれた料理ブログをいくつか閲覧したことがあるユーザーには、日本語をターゲットとするキャンペーンの広告が表示される可能性があります。このユーザーには、英語で書かれたブログを閲覧している場合でも、日本語の広告が表示される可能性があります。

広告のターゲットとして言語を指定する場合は、デマンドソースもその言語に対応していることをあらかじめご確認ください。たとえば、「英語(カナダ)」をターゲットにすると、カナダ英語に対応した購入者のみが広告枠に入札できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false