Google アド マネージャーで AdSense を設定する

広告枠を AdSense の購入者が使用できるようにする

ネットワーク内のインプレッションをすべて収益化し、利益を得るには、AdSense の購入者が広告枠にアクセスして広告を配信しやすくする必要があります。Google アド マネージャーで AdSense を設定するには、ネットワーク単位ですべての広告ユニットを設定する、個々の広告ユニットを設定する、広告申込情報ごとに設定するといった 3 つの方法があります。

上記の方法を 1 つ以上同時に使用して、AdSense の購入者が広告枠にアクセスできるように設定することが可能です。広告ユニット単位で AdSense の設定を行った場合は、広告ユニットの設定がネットワークの設定よりも優先されます。ネットワークで AdSense を有効にしている場合でも、手動で個別の広告ユニットを無効にする(AdSense で使用できなくする)ことができます。

オプション 1

ネットワーク単位の使用は、すべてまたはほとんどの広告ユニットを AdSense の購入者が利用できるようにしたい場合におすすめです。

ネットワークで AdSense を有効にすると、ネットワーク内のすべての広告ユニットに対して、AdSense の購入者からの入札競合が可能になります。手動で個別の広告ユニットを無効にする(AdSense で使用できなくする)こともできます。*

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠] 次に [ネットワーク設定] に移動します。
  3. [AdSense を利用して未販売の広告枠の収益を最大化します] をオンにします。
  4. [保存] をクリックします。

オプション 2

広告ユニットの使用は、ごく一部の広告ユニットを AdSense で使用できるようにしたい場合におすすめです。

広告ユニットで AdSense を有効にすると、個別の広告ユニットが AdSense の購入者に利用できる状態で表示されます。*

  1. Google アド マネージャーにログインします。
  2. [広告枠] 次に [広告ユニット] をクリックします。
  3. 編集する広告ユニットの名前をクリックするか、新しい広告ユニットを作成します。
  4. [AdSense を利用して未販売の広告枠の収益を最大化します] をオンにします。
  5. [保存] をクリックします。

オプション 3

広告申込情報の使用は、アド マネージャー ネットワークで AdSense 広告申込情報タイプが有効になっている場合(有効かどうかは広告申込情報を追加するときに確認できます)におすすめです。有効になっていない場合は、アド マネージャーの管理者に連絡してください。

有効にすると、AdSense 広告申込情報を追加して、特定の広告枠を AdSense の購入者が利用できるようにターゲティングできます。広告ユニットのターゲティングに加えて広告申込情報に別のターゲットを適用し、AdSense で使用できる広告枠のタイプを絞り込むことも可能です。

AdSense でも Ad Exchange と同様に広告配信をめぐる競合が発生しますが、モバイルアプリに広告は配信されません。AdSense は、ダイナミック アロケーションの対象となります。ネットワークに複数の AdSense ウェブ プロパティ コードを配置する場合は、AdSense アカウントをアド マネージャー アカウントにリンクしてください。

第三者配信による広告と AdSense 広告の動作は同じです。

* ネットワーク単位または広告ユニット単位で AdSense を有効にすると、広告ユニットでは関連するすべての広告タイプが自動的に配信され、最適な広告スタイルが使用されます。たとえば、広告が配信される広告ユニットに最適な色やフォントが自動的に選択されます。スタイルを手動で管理する必要はありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。