オークション モデル

プログラマティック オークションの仕組み

広告オークションは、サイト運営者(またはパブリッシャー)様のページに掲載する広告を選出し、これらの広告からの収益額を決定する目的で使用されます。広告の掲載料金は、広告主が設定した入札単価などの要素によって毎回異なります。お客様のウェブサイト、アプリ、その他のデジタル プロパティに表示されるのは、オークションで落札された広告です。

広告オークションは、サイト運営者(またはパブリッシャー)様が広告スペースから最大限の収益を得られるように設計されています。広告掲載を目指して入札する広告主が多いほど広告枠の競争率が高まり、サイト運営者(またはパブリッシャー)様の収益も増加します。

公開オークションとプライベート オークションでは、以下のオークション モデルが適用されます。

  • Ad Exchange では、純入札単価の最も高い購入者が落札者として選ばれます。オークションの最適化を目的に、購入者が設定した入札単価は Ad Exchange の判断で調整されることがあり、純入札単価はその調整額と Google の収益分配額を反映したものとなります。

    調整があったとしても、落札者が設定した入札単価を超える金額が請求されることはありません。入札単価の差がほとんどない場合、落札者はランダムに選ばれます。
  • オークションで最も高い純入札単価が落札価格となります。
  • オークションを最適化するため、適用対象の予約料金より低い価格でオークションが終了することもあります。この場合、落札者が支払う価格は予約料金より低くなるため、入札価格の割引を受けることになりますが、その後のトランザクションで予約料金が高く設定され、割引分が相殺されることがあります。
  • Ad Exchange の利用規約で規定されているとおり、販売者には Ad Exchange オークションの最も高い純入札単価である落札価格が支払われますが、その金額がオークションに指定された CPM 価格を下回ることはありません。販売者が「平均収益分配率」設定を無効にしている場合以外は、オークションの最適化により、適用対象の予約料金より低い価格でオークションが終了することがあります。販売者には少なくとも指定した CPM 価格が必ず支払われるため、その取引の収益分配は契約した収益分配より多くなる場合があります。その後のトランザクションでは、契約した収益分配率を超えて分配された収益を相殺するため、販売者の収益分配率が低くなることがありますが、1 か月間の Ad Exchange の取引全体では、販売者の収益分配率が契約した収益分配率を下回ることはありません。
  • プライベート オークションの対象となる広告リクエストへの入札は、公開オークションにもかけられることがありますが、これは(i)同時に(サイト運営者様がこの機能を有効にしている場合)または(ii)後で(プライベート オークションで広告リクエストが埋められなかった場合)のいずれかのタイミングで発生します。
  • Ad Exchange では、オークションを最適化するため、限定的なテストを行う場合があります。このテストには、標準のオークション モデルや方式の変更(ファーストプライス オークションから段階式オークションへの変更など)、入札リクエストやオークションのシミュレーション、販売者がインプレッションに対して設定した CPM 価格の修正、販売者が設定した内容の調整、購入者が指定した入札単価の割引や優先順位の修正などが含まれます。保護機能の「広告のコンテンツ」ルールで設定した「広告主またはブランド」と「購入者」のブロックが変更されることはありません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
148
false