Google アカウントにアクセスできなくなるのを防ぐ

次のような事態が起こった場合でも引き続き Google アカウントや Gmail サービスにログインできるようにするには、下記のヒントを参考にしてください。

  • パスワードを忘れた
  • スマートフォンを紛失した
  • アカウントで不審なアクティビティが検出された

再設定用情報やバックアップが重要な理由

アカウントには、メール、文書、写真、Google Play で購入したものなど、大事なコンテンツが含まれています。再設定用情報やバックアップを最新にして用意しておかないと、アカウント内のすべてを失うことになりかねません。お持ちのコンテンツが利用できなくなるのを防ぐ方法は、次のとおりです。

手順 1: 再設定用情報を追加または更新する

再設定用情報は、ログインができなくなるのを確実に防ぐ手段として大いに役立ちます。ログインできなくなった場合には、この情報に基づいて、再びログインできるようにします。また、アカウントでの不審なアクティビティについて Google から通知する際にも、この情報が使われます。

詳しくは、再設定用情報を追加する方法についての説明をご覧ください。

手順 2: 他のログイン方法を設定する

ログインの方法を増やして、自分がアカウントの所有者であることを証明できます。

パスワードだけでログインしている場合

パスワードの代わりにスマートフォンを使ってログインすることもできます。パスワードを忘れた場合、別のログイン方法があると役に立ちます。

コードやプロンプト(2 段階認証プロセス)でログインしている場合

バックアップ コードを保存する

スマートフォンを紛失または破損した場合でも、バックアップ コードがあればアカウントにアクセスできます。バックアップ コードは、端末にダウンロードするか、印刷して安全な場所に保管してください。

アプリからコードを取得する

テキスト メッセージを受け取れない場合でも、コードを取得してログインできます。スマートフォンでコードを取得するにあたっては、Google 認証システムアプリのインストール方法についての説明をご覧ください。

旅行に行くことが多い場合

新しい場所からログインする際、Google では、本人確認のために追加の手順を行うよう求められる場合があります。旅行のときには、次のヒントを参考に準備しておくことをおすすめします。

1. 再設定用情報を更新する

再設定用の電話番号とメールアドレスが使用できる状態であることを確認します。これにより、アカウントにログインできなくなった場合でも再びログインが可能になります。

2. 再設定用の電話番号を用意しておく

再設定用の電話番号があれば、自分がアカウントの所有者であることを証明できます。この番号を利用するには、モバイルデータや Wi-Fi が必要となります。

旅行に出かける前に、再設定用の電話番号でアカウントにログインします。旅行の際には、この電話番号のスマートフォンを携帯してください。

3. ログイン方法を増やす

2 段階認証プロセスが有効になっている場合は、ログインの方法を増やすことができます。

手順 3: アカウントのセキュリティを強化する

お持ちのアカウントに自分しかアクセスできないようにするには、下記のヒントを参考にしてください。

アカウントのセキュリティを確認する

セキュリティ診断により、セキュリティ設定やアクティビティを確認します。

情報やアカウントを効果的に保護する

不審なメール、メッセージ、電話は無視する

犯罪者がメールやメッセージ、電話を利用して、なんらかの機関、家族、同僚などになりすます可能性があります。

不審なリクエストには応じない

  • お使いのパスワードは、どのような場合でも教えないでください。Google がメールやメッセージ、電話でパスワードを尋ねることはありません。
  • 個人情報や金融情報を要求する不審なメール、テキスト、インスタント メッセージ、ウェブページ、電話などには答えないでください。
  • 信頼できないウェブサイトや送信者からのメール、メッセージ、ウェブページ、ポップアップなどに含まれるリンクはクリックしないでください。

ヒント: Gmail では、リンクにカーソルを合わせるとアドレスが表示されるので、リンク先が予想どおりのアドレスであるかどうかを確認できます。

不審なメールや設定を特定する

接続のセキュリティを常に強化する

犯罪者が偽のウェブサイトや公共の Wi-Fi を利用して個人情報を盗むことがあります。

ウェブサイトのアドレスを確認する

犯罪者が、本物のウェブサイトによく似た偽のウェブサイトを作ることがあります。信用できないメッセージ、メール、ウェブサイトなどからリンク先に移動した場合は、ご用心ください。

ウェブサイトで個人情報を入力する前には、次のことを確認してください。

  • アドレスバーに表示されたアドレスが正しいこと。
  • アドレスの先頭が「http」ではなく「https」であること。「s」は、そのウェブサイトで、のぞき見に対するセキュリティが強化されていることを表しています。ただし、このようなウェブサイトでも安全でない可能性があります。

公共の Wi-Fi で個人情報を入力しない

公共の Wi-Fi を使用して情報を送信すると、犯罪者に見られる恐れがあります。公共の Wi-Fi を使うときには、次のような機密情報は入力しないでください。

  • パスワード
  • 銀行口座番号
  • 個人識別番号

自宅の Wi-Fi には安全なパスワードを選ぶ

機器によっては、簡単に設定できるようにパスワードが付属していることがあり、このようなパスワードは犯罪者に知られる恐れがあります。

自宅で Wi-Fi を設定する場合は、インターネット サービス プロバイダやルーターのメーカーから提供される手順に沿って、独自のパスワードを設定してください。

詳しくは、強力なパスワードの作成についての説明をご覧ください。

アカウントと端末のセキュリティを常に強化する

犯罪者は、脆弱なパスワード、複数のアカウントで共有されているパスワード、ロックされていない端末など、他人のアカウントに簡単にアクセスできる方法を探しているものです。お持ちのアカウントの安全を常に効果的に守れるようにするには、次のヒントを参考にしてください。

アカウントごとに安全なパスワードを使用する

  • 異なるアカウントで同じパスワードを使用することは必ず避けてください。そうすることで、特定のパスワードが犯罪者に知られた場合でも、そのパスワードを使って他のアカウントにアクセスされることがなくなります。
  • 大文字と小文字、数字、記号を組み合わせて使用します。
  • 他人が知っている可能性があったり、知ることができたりするような個人情報は、使用しないでください。
  • 一般的な単語やフレーズ、キーボードの文字列は使用しないでください。

詳しくは、強力なパスワードの作成についての説明をご覧ください。

ヒント: Chrome などのブラウザを使用して、複数のアカウントのパスワードを管理できます。

2 段階認証プロセスを設定する

アカウントに犯罪者が簡単にアクセスできないようにします。2 段階認証プロセスでは、自分自身が知っていること(パスワード)と持っているもの(スマートフォンに保存されているコード)を使ってログインします。

  1. 手順に沿って 2 段階認証プロセスを設定します。
  2. スマートフォンが使用できなくなった場合に備えて、バックアップ コードを安全な場所に保管しておきます。

信頼できないアプリには権限を付与しない

アプリによっては、信頼性に欠けるものや安全でないものもあります。アカウントのセキュリティを常に強化できるようにするには、次のことにご注意ください。

  • アプリが確実に信頼できるものでない限り、アプリにアカウントの使用は許可しないでください。
  • 安全にログインできるものでない場合、安全性の低いアプリによるアクセスを無効にします。

公共のパソコンではシークレット モードを使用してログアウトする

公共のパソコンを使用する場合は、次の手順に沿って、自分のアクティビティやアカウントが保存されることが一切ないようにします。

  1. 公共のパソコンで、Chrome のシークレット ウィンドウを開きます。
  2. そのウィンドウで、お持ちのアカウントにログインします。
  3. 使用後に、すべてのシークレット ウィンドウを閉じます。

: シークレット ウィンドウで Google アカウントにログインした場合、アクティビティ管理が適用されます。いつもと同様に、お持ちのアカウントにアクティビティが保存されることになります。

画面ロックを使用する

スマートフォンには、個人情報が含まれていたり、アカウントに簡単にアクセスされてしまったりする恐れがあります。そのため、スマートフォンを紛失したり盗まれたりした場合に備えて、画面ロックを追加します。

画面ロックを設定する方法についての説明をご覧ください。

アカウントにログインできなくなった場合

手順に沿ってアカウントを復元します。

復元できない場合は、アカウント復元に関するこちらのヒントを参考にもう一度お試しください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。