サポートされているブラウザでログインする

お持ちの Google アカウントを保護できるように、Google では一部のブラウザからのログインが不可となっており、次のようなブラウザからのログインは拒否されることがあります。

  • JavaScript に対応していない、または JavaScript をオフにしている
  • 安全でない拡張機能やサポートされていない拡張機能が追加されている
  • 人の手ではなくソフトウェアで自動的に操作されている
  • 別のアプリケーションに組み込まれている

ステップ 1. サポートされているブラウザを使用する

JavaScript に対応している主なブラウザは、次のとおりです。

  • Chrome
  • Safari
  • Firefox
  • Opera
  • Edge

ステップ 2. Chrome で JavaScript を有効にする

サポートされているブラウザを使用してもログインできない場合は、JavaScript の有効化が必要になることがあります。
  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] をタップします。
  3. [詳細設定] で、[サイトの設定] 次に [JavaScript] をタップします。
  4. JavaScript を有効にします。
ヒント: JavaScript は、ログイン後に無効にできます。

他のブラウザで JavaScript を有効にする

Chrome 以外のサポートされているブラウザをお使いの場合、JavaScript を有効にする方法については、そのブラウザのサポートページで説明をご確認ください。お使いのブラウザが JavaScript に対応しているかどうかについても、ブラウザのサポートページで確認できます。

ログイン時の問題を解決する

Chrome の拡張機能を無効にする

上記の方法でもログインできない場合は、安全でない拡張機能やサポートされていない拡張機能を有効にしていることが原因の可能性があります。拡張機能を無効にする方法についての説明をご覧ください。拡張機能は、ログイン後に再び有効にできます。
ヒント: 他のブラウザをお使いの場合、拡張機能を無効にする方法については、そのブラウザのサポートページをご覧ください。

ブラウザを更新する

バージョンが古いブラウザはサポートされていない可能性があります。Google Chrome の更新方法についての説明をご覧ください
ヒント: 他のブラウザをお使いの場合、ブラウザの更新方法については、そのブラウザのサポートページをご覧ください。

プライバシー設定を確認する

Chrome 以外のブラウザをお使いで、ブラウザのプライバシー設定が「高」や「強」に設定されている場合は、www.google.com をブラウザの許可サイトのリストに追加することが必要な場合があります。

現在のプライバシー設定の確認方法については、お使いのブラウザのサポートページをご覧ください。

セキュリティ プログラムを確認する

ファイアウォールやプロキシ、ウイルス対策プログラムを使用している場合は、こうしたプログラムを一時的に無効にします。その後に、Google アカウントへのログインをお試しください。

この方法で問題が解決した場合、そのセキュリティ プログラムが、Google アカウントにログインできない原因となっている可能性があります。そうしたプログラムを使用しながら Google アカウントも利用できるようにするには、プログラムのサポートページをご覧ください。

職場のパソコンをお使いの場合

職場のセキュリティ設定については、管理者にお問い合わせください。

アプリ デベロッパー向けの情報

Chromium Embedded Framework を使用して「Google でログイン」を実装した場合は、次のように、より安全性の高い別の方法に移行することが必要となります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
70975
false
false