アカウント復元手順を完了するためのヒント

ログインできない場合は、以下の手順をお試しいただくと Google アカウントを復元できる可能性が高くなります。

  1. アカウント サポートのページに移動します。
  2. アカウントを復元する際は、以下のヒントをできるだけ多くお試しください(一部の質問が表示されないこともあります)。

アカウントの復元をすでに試していて、「お客様が所有するアカウントであることを確認できませんでした」というメッセージが表示された場合でも、もう一度お試しください。

できるだけ多くの質問に答える

質問をスキップしないでください。答えがよくわからない場合は、別の質問を選ぶのではなく、最適だと思われる答えを推測してください。

普段使用している端末や場所からアクセスする

状況が許す限り、以下をお試しください。

  • 普段よくログインしているパソコン、スマートフォン、タブレットを使用する
  • 普段使用するブラウザ(Chrome や Safari など)でログインしてみる
  • 自宅や職場など、普段ログインしている場所からログインしてみる

パスワードやセキュリティ保護用の質問に正確に答える

些細な間違いでもログインできなくなります。入力ミスや大文字と小文字の違いにもご注意ください。

パスワード

最後に使用したと思われるパスワードの入力を求められたら、思い出せる範囲で最も新しいパスワードを入力します。

  • 最後に使用したパスワードを忘れてしまった場合: 以前使用していたパスワードで覚えているものを入力してください。パスワードが新しいほど、アカウントを復元できる可能性が高くなります。
  • 以前使用していたパスワードがよくわからない場合: 最も可能性が高いものを推測してください。

セキュリティ保護用の質問の答え

セキュリティ保護用の質問について:

  • 答えを忘れてしまった場合: 最も可能性が高いものを推測してください。
  • 答えはわかるが 1 回でアカウントを復元できなかった場合: 他の表記方法で試してみます。たとえば、「ロサンゼルス」ではなく「LA」や、「東京大学」ではなく「東大」のように表記を変えてみてください。

アカウントの作成時期を調べる

Google アカウントを作成した年や月を忘れてしまった場合は、次の方法をお試しください。

  • 登録確認メールを探す。 該当アカウント宛てのメールを取得できる場合は、Google や Gmail から届いたウェルカム メッセージを検索します。メールを取得できない場合は、使用していた別のアカウントで確認メールを探します。
  • 連絡先に登録している人に尋ねる。 Gmail を使用している場合は、友達や家族にあなたのアカウントから最初のメールが届いた時期を尋ねます。
  • 関連しているイベントや買った物がないか思い出す。 アカウントを作成したときに次のようなことがなかったか思い返してみます:
    • 卒業などの大きな出来事。
    • 新しい端末の購入。アカウントの作成時期がわかりそうな領収書や契約書がないか探してみてください。

アカウントの作成時期がわからない場合は、だいたいの時期を推測します。

アカウントに関連付けているメールアドレスを入力する

現在確認可能なメールアドレスの入力を求められた場合は、アカウントに追加したメールアドレスを入力します。以下の例をご覧ください。

  • 再設定用のメールアドレスとは、Google からセキュリティに関する通知をお送りしているメールアドレスのことです。このメールアドレスがアカウント復元に役立ちます。
  • 予備のメールアドレスとは、ログインに使用できるメールアドレスのことです。
  • 連絡先メールアドレスとは、ご利用いただいているほとんどの Google サービスに関する情報をお送りしているメールアドレスです。

役に立ちそうな情報を追加する

アカウントにアクセスできない理由の入力を求められた場合は、役に立ちそうな情報を入力してください。

例:

  • 旅行中である。
  • 具体的なエラー メッセージが表示された。
  • 不正なソフトウェアなどが原因でアカウントに不正アクセスがあったと思われる。
  • 先週パスワードを変更して、変更後のパスワードを忘れてしまった。

入力していただいた説明が Google で把握している情報と一致していると、解決に役立ちます。

まだログインできない場合は、 代わりの Google アカウントを作成することをご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。