パスワードを保存、管理、保護する

Google パスワード マネージャーは、すべてのオンライン アカウントで安全な固有のパスワードを簡単に使用できるようにします。Google パスワード マネージャーを使用すると、パスワードが Google アカウントに保存されます。

Google パスワード マネージャーを使用することで、以下のようなことが可能になります。

  • 安全な固有のパスワードを作成して保存できます。パスワードを覚えておく必要はありません。
  • ビルトインされたセキュリティ機能により、保存されているすべてのパスワードを安全に保護できます。
  • Google アカウントから、パスワードを自動入力できます。

Google パスワード マネージャーでオンライン セキュリティを強化する方法

パスワードをより安全に管理する方法

パスワードの盗難は、アカウントが不正使用される最も一般的な原因の 1 つです。

Google パスワード マネージャーは、以下の方法でアカウントを安全に保護します。

  • 安全な固有のパスワードを提案します。いずれかのパスワードが盗まれた場合でも、他のアカウントが不正使用されるのを防ぐことができます。
  • パスワードが安全でない場合に通知します。保存したパスワードがインターネット上に公開されていることが判明した場合は、Google パスワード マネージャーを使用してそのパスワードを変更できます。
  • 不正なアクセスをブロックするのに役立ちます。パスワードは暗号化して保存され、Google のビルトイン セキュリティによって保護されます。パスワードを表示するには、もう一度ログインする必要があります。

ヒント: 再設定用情報を追加して 2 段階認証プロセスを有効にすることで、保存したパスワードのセキュリティをさらに強化できます。

Google パスワード マネージャーを使用する

Google パスワード マネージャーを使ってみる

ステップ 1: Chrome で同期を有効にする

Google パスワード マネージャーを使用するには、Chrome で同期がオンになっている必要があります

ステップ 2: Chrome で自動入力パスワード サービスを設定する

Google アカウントのパスワードが自動入力されるようにする手順は次のとおりです。

  1. iPhone または iPad で設定アプリを開きます。
  2. 下にスクロールして [パスワード] をタップします。
  3. [パスワードを自動入力] 次の操作 [Chrome] をタップします。
  4. [自動入力をオンにする] をタップします。

パスワードを保存して使用する

パスワードを保存する

新しいサイトでアカウントを作成しようとすると、強力な固有のパスワードの候補が表示されることがあります。表示されたパスワードを選択すると自動的に保存されます。

サイトで新しいパスワードを入力すると、パスワードを保存するかどうかを尋ねられることがあります。保存する場合は [保存] を選択します。

  • 入力したパスワードを確認するには、プレビュー アイコン プレビュー を選択します。
  • ページに複数のパスワードがある場合は、下矢印 を選択して、保存するパスワードを選びます。
  • ユーザー名が空白になっているか正しくない場合は、[ユーザー名] テキスト ボックスを選択して、保存するユーザー名を入力します。
  • 別のパスワードを保存する場合は、[パスワード] の横のテキスト ボックスを選択して、保存するパスワードを入力します。

Chrome でパスワードの保存を確認するメッセージが表示されない場合

入力したパスワードを削除して、もう一度ログインしてみます。

パスワード保存の確認メッセージを表示または非表示にする

特に設定していない場合、Chrome ではパスワードの保存を確認するメッセージが表示されます。Google アカウントまたは Chrome で、パスワードの保存を有効または無効にすることができます。

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 右下のその他アイコン その他 をタップします。
  3. [設定] 設定 次の操作 [パスワード] をタップします。
  4. [パスワードの保存] をオンまたはオフにします。

保存したパスワードでログインする

ウェブサイトへのアクセス時にパスワードを Chrome に保存しておくと、後から簡単にログインできます。

  1. iPhone または iPad で Chrome アプリ Chrome を開きます。
  2. 以前にアクセスしたサイトに移動します。
  3. サイトのログイン フォームを表示します。
  • そのサイトのユーザー名とパスワードを 1 組だけ保存している場合: ログイン フォームに自動的に入力されます。
  • 複数組のユーザー名とパスワードを保存している場合: ユーザー名の欄を選択して、使用するログイン情報を選びます。
  1. Chrome に保存したユーザー名とパスワードでログインできるようにするには、指紋、Face ID、またはパスコードを使用します。

Chrome でパスワードの候補が表示されない場合は、キーボードの上のパスワード アイコン パスワード 次の操作 [他のパスワードを使用] をタップしてください。

Google パスワード マネージャーに移行する

別のサービスから Google アカウントにパスワードをインポートすることができます。

パスワードの管理と保護

保存したパスワードを表示、削除、エクスポートする

パスワードは Google アカウントに保存されます。

パスワードが保存されているアカウントの一覧を表示するには、passwords.google.com にアクセスするか、Chrome でパスワードを表示します。パスワードを表示するには、もう一度ログインする必要があります。

  • パスワードを表示するには: アカウントを選択 次の操作 プレビュー アイコンプレビュー を選択します。
  • パスワードを削除するには: アカウントを選択 次の操作 [削除] を選択します。
  • パスワードをエクスポートするには: 設定アイコン 設定 次の操作 [パスワードをエクスポート] を選択します。

ヒント: 同期パスフレーズを使用している場合は、Chrome の設定でパスワードを表示できます。

安全でないパスワードがあるかどうかを確認する

保存したすべてのパスワードに以下の可能性がないか、一度にまとめて確認できます。

  • インターネット上に公開されている
  • データ侵害により漏洩した
  • 脆弱で推測されやすい可能性がある
  • 複数のアカウントで使用している

保存したパスワードを確認するには、パスワード チェックアップにアクセスしてください。

パスワード チェックアップの詳細

パスワード マネージャーの設定を変更する
  1. passwords.google.com にアクセスします。
  2. 右上の設定アイコン 設定 を選択します。
  3. ここで設定を管理できます。
    • パスワードを保存するか確認する: Android と Chrome で、パスワードの保存を確認するメッセージを表示するかどうかを管理できます。
    • 特定のサイトやアプリでのパスワードの保存を管理する: パスワードを一切保存しないサイトやアプリを指定できます。パスワード保存の確認メッセージが表示されたときに [保存しない] を選択します。後でパスワードを保存したくなった場合は、サイトまたはアプリの名前の横にある削除アイコン 削除 を選択します。
    • 自動ログイン: 保存した情報を使って、サイトやアプリに自動的にログインできます。ログイン前に確認画面を表示したい場合は、自動ログインをオフにします。
    • パスワード アラート: 保存したパスワードが、インターネット上に公開されていることが判明した場合に通知を受け取ることができます。
    • オンデバイスの暗号化: Google パスワード マネージャーに保存する前にデバイス上でパスワードを暗号化します。デバイスでパスワードを暗号化する方法をご確認ください。Workspace ユーザーはこの機能をご利用いただけません。

Google パスワード マネージャーでのデータの取り扱い

Google パスワード マネージャーは、デバイス上でサービスを実行するために特定の情報を収集します。この機能の一部で Google Play 開発者サービスを使用しています。たとえば、Google パスワード マネージャーは分析やトラブルシューティングのために次の情報を収集します。

  • ページビュー、アプリ内のタップ
  • クラッシュログ
  • 診断

データは送信中に暗号化されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
70975
false