Cookie を有効または無効にする

Cookie は、Google アカウントとサードパーティ製のアプリやサービスとの連携に影響を与えていることがあります。

重要: Cookie が無効になっているというメッセージが表示された場合、アカウントを使用するには、Cookie を有効にする必要があります。

Cookie の詳細

あなたがアクセスしたウェブサイトで、Cookie というファイルが作成されます。あなたのサイト訪問についての情報が保存されるため、オンラインのユーザー エクスペリエンスが向上します。このファイルを使って、サイトは次のようなことができます。

  • ログイン状態を維持する
  • サイトの設定を保存する
  • 現在地に関連するコンテンツを表示する

Cookie には次の 2 種類があります。

  • ファーストパーティの Cookie: アクセスしているサイト、つまりアドレスバーに表示されているサイトによって作成されます。これらはデバイス上のサイトデータの一種です。詳しくは、デバイス上のサイトデータについての説明をご覧ください。
  • サードパーティ Cookie: 他のサイトによって作成されます。アクセスしたサイトには他のサイトのコンテンツ(画像、広告、テキストなど)が埋め込まれている場合があります。こうした他のサイトが Cookie などのデータを保存し、エクスペリエンスのカスタマイズに使用することがあります。


Google はサービスの改善のために Cookie を使用しています。Cookie の使用方法について、プライバシー ポリシーでご確認ください

Chrome

サードパーティ Cookie をデフォルトで許可またはブロックできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次に [設定] 設定 をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次に [サードパーティ Cookie] をクリックします。
  4. 次のいずれかを選択します。
    • サードパーティの Cookie を許可する
    • シークレット モードでサードパーティ Cookie をブロックする
    • サードパーティの Cookie をブロックする
      • サードパーティ Cookie をブロックすると、他のサイトによるサードパーティ Cookie がすべてブロックされます(例外リストで許可しているサイトは除く)。

Chrome で Cookie の他の設定を変更する方法についての説明をご確認ください

他のブラウザ

お使いのブラウザのサポート ウェブサイトで、手順をご確認ください。

問題を解決する

Google アカウントでサードパーティのウェブサイトにログインできず、Cookie が無効になっているというメッセージが表示された場合:

  1. 上記の手順に沿って、Cookie を有効にします。
  2. もう一度ログインしてみます。

それでもエラー メッセージが表示される場合は、次の方法で解決できる場合があります。それぞれの方法を試してから、もう一度ログインしてみてください。

  • 新しいブラウザ ウィンドウを開きます。
  • ブラウザのキャッシュと Cookie を削除します。キャッシュと Cookie を削除する方法については、こちらをご覧ください。
  • プライベート ブラウジングを使用します。Chrome のシークレット ウィンドウを使用する方法については、こちらをご覧ください。
  • ブラウザのプライバシー設定を変更します。プライバシー設定を変更する方法については、こちらをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー