使用状況や診断情報を Google と共有する

使用状況や動作に関する情報を端末から Google に送信して、Android の機能向上に役立てることができます。

その他のウェブとアプリのアクティビティをオンにしていると、この情報はアカウントに保存されます。この情報は [マイ アクティビティ] で確認、削除できます。この情報は、各ユーザーに合わせた Google サービスのカスタマイズや、皆様に提供するプロダクトやサービスの向上のために使用されます。

注: この手順の一部は、Android 8.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

[使用状況と診断情報] をオンまたはオフにする

お使いの端末をセットアップする際に、使用状況と診断情報を Google に送信するかどうかを選択します。この設定は次の方法でいつでも変更できます。

  1. 端末の設定アプリ 設定アプリ を開きます。
  2. [Google] 次の操作 その他アイコン その他 次の操作 [使用状況と診断情報] をタップします。
  3. [使用状況と診断情報] をオンまたはオフにします。

[使用状況と診断情報] をオフにした場合でも、Android の新しいバージョンなどの重要なサービスは入手できます。[使用状況と診断情報] をオフにしても、アプリで収集される情報に影響はありません。

注: 共有端末を使用している場合、この設定は他のユーザー プロファイルによって変更されることがあります。

Google と共有する情報のタイプ

[使用状況と診断情報] をオンにすると、端末で動作している機能と動作していない機能に関する情報が Google に送信されます。たとえば、端末から送信される情報には次のものが含まれます。

  • 電池残量
  • アプリの使用頻度
  • ネットワーク接続(モバイル、Wi-Fi、Bluetooth など)の質と時間

Google がこの情報をどのように役立てているか

Google では使用状況と診断情報を、Google のアプリや Android 搭載端末などのプロダクトとサービスを向上させるために役立てています。すべての情報は、Google のプライバシー ポリシーに基づいて使用されます。

たとえば、Google は次の機能向上のために使用状況と診断情報を使用することがあります。

  • 電池寿命
    端末で電池を最も消費するプロセスを調べ、一般的な機能の電池消費量の抑制に役立てています。
  • 端末で発生するクラッシュやフリーズ
    端末で発生するアプリのクラッシュやフリーズに関する情報を、Android オペレーティング システムの安定性の向上に役立てています。

一部の統計情報は、Android デベロッパーなどのパートナーが開発するアプリやサービスの品質改善にも役立てられることがあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。