安全性の低いアプリからのアカウントへのアクセスを許可する

アプリや端末が Google のセキュリティ標準を満たしていない場合、Google では、そのアプリや端末からログインしようとしたユーザーをブロックします。このようなアプリや端末からのアクセスは傍受されやすいため、ブロックすることでアカウントの安全性を保つことができます。

たとえば次のようなアプリは、最新のセキュリティ標準に対応していません。

  • iOS 6 以下を搭載する iPhone または iPad のメールアプリ
  • Windows Phone 8.1 より前のメールアプリ
  • 一部のデスクトップ メール クライアント(Microsoft Outlook や Mozilla Thunderbird など)

安全性の低いアプリからのアカウントへのアクセスを変更する

職場、学校などのグループから配布された Google アカウントの安全性を強化するため、Google では安全性の低いアプリによるアカウントの使用をブロックします。このような種類のアカウントをご利用の場合は、ログインしようとしたときに「パスワードが正しくありません」というエラーが表示されます。この場合の対処方法は次の 2 つです。

  • 方法 1: より強力なセキュリティ対策を導入している安全性の高いアプリをインストールします。Gmail をはじめとするすべての Google サービスでは、最新のセキュリティ対策を導入しています。
  • 方法 2: 安全性の低いアプリからアカウントにアクセスできるよう設定を変更します。この方法はアカウントのセキュリティを脆弱にする恐れがあるためおすすめしませんが、やむを得ない場合には次の手順で設定を変更できます。
    1. Google アカウントで [安全性の低いアプリ] に移動します。
    2. [安全性の低いアプリの許可] を有効にします。この設定が表示されない場合、安全性の低いアプリによるアカウントへのアクセスを管理者が無効にしている可能性があります。

上記の方法を試してもアカウントにログインできない場合は、「パスワードが正しくありません」エラーをご覧ください。

hc_author_accounts

このヘルプページを作成したアカウント エキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひ以下からお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。