Google のウェブとアプリのアクティビティ

Google アカウントにログインしているときにウェブとアプリのアクティビティを有効にしている場合は、検索や閲覧のアクティビティはウェブとアプリのアクティビティに保存されます。これにより、Google サービス全体で、より関連性の高い検索結果や候補が表示されるようになります。

保存する対象はユーザーが管理でき、過去の検索内容や閲覧のアクティビティの削除、ウェブとアプリのアクティビティの無効化はいつでも行えます。

ウェブとアプリのアクティビティをオンまたはオフにする

  1. [アカウント履歴] ページにアクセスします。Google アカウントへのログインを求められる場合があります。
  2. スイッチをオンまたはオフに切り替えます。
  3. Chrome や他のアプリの履歴も含めるには、[Chrome や他のアプリの履歴をウェブとアプリのアクティビティに保存する] チェックボックスをオンにします。

ウェブとアプリのアクティビティを表示または削除する

ウェブとアプリのアクティビティを表示する

Chrome や他のアプリの履歴を含め、ウェブとアプリのアクティビティに保存されている情報を表示するには、www.google.com/history にアクセスします。

ウェブとアプリのアクティビティを削除する

ウェブとアプリのアクティビティを削除または無効化する方法についての説明をご覧ください。

ウェブとアプリのアクティビティに保存される情報

ウェブとアプリのアクティビティ

Google では、ウェブとアプリのアクティビティを使用して、すべての Google サービス全体でユーザーにより関連性の高い検索結果を提示するなど、ユーザーの利便性を向上させています。たとえば、お気に入りのスポーツチームを検索した場合、次の試合の時刻や得点などの Google Now カードが表示されます。

保存される情報

ウェブとアプリのアクティビティを有効にすると、次の情報が Google によって保存されます。

  • Google 検索や Google マップなど、各種 Google サービスで実行された検索の内容
  • 検索を行ったのはブラウザか、アプリか
  • 検索結果に対する操作内容(どの検索結果がクリックされたか、など)
  • アクションを行った広告(広告自体をクリックする、広告主のサイトで購入する、など)
  • ユーザーの IP アドレス
  • ユーザーのブラウザの種類と言語
  • 表示された検索結果(端末上の情報からの検索結果(最近使用したアプリ、検索した連絡先名など)や、他の Google サービスからの検索結果

収集された情報の Google による利用方法

Google がどのように検索キーワードを取り扱うかについて詳しくは、プライバシー ポリシーに関するよくある質問をご覧ください。

Chrome や他のアプリのアクティビティ

[Chrome や他のアプリの履歴をウェブとアプリのアクティビティに保存する] チェックボックスをオンにすると、次の情報が Google によって保存されます。

  • Chrome の閲覧履歴(ログインし、かつ Chrome 同期機能を有効にしている場合)。この情報は、的確な検索結果や検索候補を表示するうえで重要です。たとえば、ユーザーがお気に入りのスポーツチームに関する記事をたくさん読んでいる場合、そのチームの最新情報を受け取るための項目が表示されます。
  • 使用しているアプリと、そのアプリが Google と共有しているデータ。他のアプリで閲覧したサイトやコンテンツが Google 検索の検索結果に表示されるようになります。

ログアウト時のウェブとアプリのアクティビティの動作

検索結果や表示される広告は、ログアウト時でも、端末で行われた検索関連のアクティビティに基づいてカスタマイズされることがあります。こうした検索のカスタマイズを無効にする手順は次のとおりです。

  1. Google アカウントからログアウトしている状態で、www.google.com/history/optout にアクセスします。
  2. [検索内容に基づくカスタマイズを無効にする] をクリックします。これにより、同じブラウザと端末を使用するすべてのユーザーに対して設定が無効になります。

トラブルシューティング

過去に実行した検索内容が表示されない

検索内容が表示されない原因は複数考えられます。

  • Google アカウントにログインしているときにのみ検索内容は記録されます。
  • ウェブとアプリのアクティビティでは、ウェブ検索、画像、ニュース、ショッピング、地図、書籍など、特定のタイプの検索内容のみが記録されます。
見覚えのないアクティビティが表示される

履歴ページに見覚えのない情報が表示される場合は、次の理由が考えられます。

予測検索結果

Google インスタント検索を有効にしている場合、検索キーワードを入力し始めてから入力をいったん停止すると、予測検索がウェブとアプリのアクティビティに保存されます。また、予測検索は、Google で検索を開始した後に、検索結果や広告、スペル修正など、ページ内の特定の場所をクリックした場合にも保存されます。

他のサイトのアクティビティ

閲覧したサードパーティのウェブサイトやブログのページ内に、検索結果や運転ルートのリストなど、Google 検索や Google マップが挿入されていた可能性があります。Google にログインしている場合は、このような挿入された検索結果が履歴に保存されることがあります。

Google 以外のアプリのアクティビティ

アプリによっては、「アプリ内の情報を検索しやすくするため」といった理由から、特定のアクティビティを Google と共有することがあります。ウェブとアプリのアクティビティへの保存を停止するには、アカウント履歴の設定ページで [Chrome や他のアプリの履歴をウェブとアプリのアクティビティに保存する] チェックボックスをオフにします。

その他の不審なアクティビティ

見覚えのない履歴が表示されている理由として上記のいずれもあてはまらないと思われる場合は、公共のパソコンに Google アカウントを使用してログインし、ログアウトしなかったことが考えられます。この場合、そのパソコンを使用するユーザーは誰でもあなたのアカウントを使用して検索できます。アカウントのセキュリティを保護する方法についての説明をご確認ください。

ブラウザ履歴

検索内容やアクセスしたサイトに関する情報がブラウザや Google ツールバーに保存される場合があります。ブラウザの履歴を削除する方法については、ChromeSafariInternet ExplorerツールバーFirefox の該当ページをご覧ください。

hc_author_kelly

このヘルプページを作成した検索のエキスパートに、ページに関するご意見をお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
はい
いいえ