Google ウェブ履歴について

ウェブ履歴を有効にすると、Google のサービス全体からより的確な検索結果やおすすめが表示されます。

ウェブ履歴は個人的なものなので、Google アカウントにログインしている場合のみ表示できます。

ウェブ履歴の表示と管理

Google アカウントを作成すると、Google ウェブ履歴は自動的に有効になります。ウェブ履歴の表示や設定の変更は、www.google.com/history?hl=ja で行えます。ウェブ履歴の削除ウェブ履歴の保存携帯端末でのウェブ履歴の編集を行う方法をご確認ください。

ウェブ履歴の保存内容

Google ウェブ履歴には、以下を含むウェブでのアクティビティに関する情報とブラウザの詳細情報が保存されます:

  • Google での検索
  • 検索結果ページでクリックしたページ
  • 表示された結果(Google+、Gmail、Google カレンダーなどの Google サービスからのプライベート検索結果を含む)
  • アクション(広告自体をクリックする、広告主のサイトで取引を完了する)を行った広告
  • IP アドレス
  • ブラウザの種類と言語
  • ウェブ上の地図をはじめ、Google マップでの検索やその他のアクティビティ

ブラウザの履歴

過去の検索などのウェブ アクティビティは、お使いのブラウザにも保存されている場合があります。ブラウザの履歴を管理する方法については、ChromeSafariInternet ExplorerFirefox の該当ページをご覧ください。

ログアウト時の履歴の動作

ログアウトしている状態でも、パソコンからの検索内容に基づいて検索結果や表示される広告がカスタマイズされることがあります。この種のカスタマイズを無効にするには、次の手順を行います:

  1. Google アカウントにログインしていない状態で、google.co.jp/history/optout にアクセスします。
  2. [検索内容に基づくカスタマイズを無効にする] をクリックします。これにより、同じパソコンとブラウザを使用するすべてのユーザーに対して設定が無効となります。

ウェブ履歴に関する問題のトラブルシューティング

ウェブ履歴が表示されない

Google ウェブ履歴に検索などのウェブ アクティビティが表示されない場合、いくつかの原因が考えられます:

  • ウェブ履歴は、Google アカウントにログインしている間しか記録されません。
  • ウェブ履歴に記録されるのは、ウェブ検索、画像、ニュース、ショッピング、地図、書籍など特定の種類の検索のみです。
  • Google ツールバーをインストールしていない限り、アクセスしたすべてのサイトが表示されるわけではありません。
ウェブ履歴に不審なアクティビティが表示される

Google インスタント検索

Google インスタント検索を有効にしている場合、検索キーワードを入力し始めてから 3 秒以上入力せずにいると、予測検索がウェブ履歴に保存されます。また、Google で検索キーワードを入力し始めてからページのどこか(検索結果、広告、スペルチェックなど)をクリックした場合も、予測検索が保存されます。これらの検索は、不審なアクティビティではありません。

公共のパソコンでのアカウントの使用

Google インスタント検索の予測検索とは関係がないと思われる不審なアクティビティがウェブ履歴に表示されている場合、公共のパソコンに Google アカウントを使用してログインし、ログアウトしなかったことが考えられます。この場合、そのパソコンを使用するユーザーは誰でもあなたのアカウントを使用して検索できます。Google アカウントからログアウトする方法をご確認ください。

その他の不審なアクティビティ

上記の 2 つのシナリオのどちらにも心当たりがない場合は、他のユーザーがあなたのパソコンまたは Google アカウントにアクセスした可能性があります。アカウントのセキュリティを保護する方法をご確認ください。