検索履歴の削除

Google ウェブ履歴では、過去の検索内容に基づいて、Google のサービス全体からより的確な検索結果やおすすめが表示されます。ウェブ履歴の設定は変更が可能です。いつでもウェブ履歴を削除したり、ウェブ履歴を無効にしたりできます。

携帯端末の検索履歴を削除する方法については、携帯端末でのウェブ履歴をご覧ください。

ウェブ履歴の削除方法

過去の検索内容を個別に削除する

すべてのウェブ履歴ではなく、ウェブ履歴の検索内容を個別に削除できます。

  1. google.com/history にあるウェブ履歴ページにアクセスします。
  2. 削除する検索内容の横にあるチェックボックスをオンにします。
    ヒント: ページ上部の検索ボックスを使用すると、ウェブ履歴を検索できます。左側のリンクを使用して、ウェブ画像動画などのカテゴリで履歴を絞り込むこともできます。
  3. ページ上部の [アイテムを削除] をクリックします。
    検索からアイテムを削除する
ウェブ履歴に移動
すべての検索内容を削除する

ウェブ履歴から過去のすべての検索内容を削除できます。ただし、検索履歴を保存しておくと、より的確な検索結果やおすすめが表示されるようになるため、ウェブ履歴全体を削除するよりも検索内容を個別に削除する方が有用な場合があります。

  1. google.com/history にあるウェブ履歴ページにアクセスします。
  2. ウェブ履歴ページの右上隅にある歯車アイコン  > [設定] をクリックします。
  3. [すべて削除] をクリックしてから [すべて削除] ボタンをクリックして確定します。
    すべてのウェブ履歴を削除
ウェブ履歴の設定に移動
ウェブ履歴を無効にして今後の検索内容が保存されないようにする
ヒント: 検索内容を保存したくない場合は、Google アカウントにログインしなくても、Google Chrome のシークレット ウィンドウで検索できます。Google Chrome 以外のブラウザをご使用の場合は、同様のシークレット ブラウジング モードがあるかどうかをブラウザのヘルプでご確認ください。

ウェブ履歴を無効にして、今後の検索内容がウェブ履歴に保存されないようにすることができます。

  1. google.com/history にあるウェブ履歴ページにアクセスします。
  2. ウェブ履歴ページの右上隅にある歯車アイコン  > [設定] をクリックします。
  3. [無効にする] をクリックします。
ウェブ履歴の設定に移動
ブラウザ履歴の削除
過去の検索内容は、お使いのブラウザや Google ツールバーにも保存されている場合があります。履歴を削除する方法については、ChromeSafariInternet ExplorerツールバーFirefox の該当ページをご覧ください。

ウェブ履歴の削除に関する問題

アカウント アクティビティ レポートに削除した履歴が表示されている
アカウント アクティビティ レポートによって情報が保存された後にウェブ履歴のアイテムを削除した場合は、削除したアイテムがアカウント アクティビティ レポートに表示される場合があります。
削除した後もウェブ履歴が表示されている

ウェブ履歴を削除しても履歴が表示される場合は、ブラウザのキャッシュと Cookie を消去してみてください。キャッシュと Cookie を消去しても問題が解決しない場合は、次の手順を行ってください:

  1. 上記の手順を行って過去の検索内容をすべて削除します。
  2. ページの右上にある画像またはメール アドレスをクリックします。
  3. [ログアウト] をクリックします。
  4. accounts.google.com からもう一度アカウントにログインします。

削除後の履歴の状態

ウェブ履歴から削除したアイテムは、Google アカウントと関連付けられなくなります。ただし Google では、スパムや不正行為の防止とサービス向上を目的として、別のログ システムに検索内容を保存する場合があります。