iPhone と iPad のロケーション履歴の管理

ロケーション履歴は Google アカウントごとに設定されるもので、以下の条件を満たすモバイル端末を持って訪れた場所が保存されます。

  • Google アカウントにログインしている
  • ロケーション履歴がオンになっている
  • 端末の現在地送信機能がオンになっている

ロケーション履歴をオンにすると、Google サービス全体でさまざまなメリットが得られます。たとえば、カスタマイズされた地図、訪れた場所に基づくおすすめを表示したり、紛失したスマートフォンを探したり、通勤経路の交通状況をリアルタイムで確認したり、有用性の高い広告を表示したりできます。

  • Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。
  • Google アカウントのアクティビティ管理でいつでもロケーション履歴を一時停止できます。
  • ロケーション履歴に保存する情報を管理できます。訪れたことがある場所を Google マップのタイムラインに表示できるほか、タイムラインを介して情報を編集または削除することもできます。

ウェブとアプリのアクティビティなどの他の設定がオンになっている場合、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報を削除したりしても、Google アカウントに保存されている位置情報データが他の Google サイト、アプリ、サービスで引き続き使用されることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定が有効になっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

タイムラインでロケーション履歴を表示および管理する

  1. [タイムライン] に移動します。
  2. 左上で、表示する期間を選択します。
ロケーション履歴を削除する
  1. [タイムライン] に移動します。
  2. 右下で、設定アイコン 設定 次へ [ロケーション履歴をすべて削除] をタップします。
  3. ロケーション履歴をすべて削除することを確認します。
  4. [ロケーション履歴を削除] をタップします。
ロケーション履歴をオンまたはオフにする

アカウントのロケーション履歴はいつでもオフにできます。職場や学校のアカウントを使用している場合は、管理者にこの設定を利用できるようにしてもらう必要があります。これにより、他のユーザーと同じようにロケーション履歴を使用できるようになります。

  1. Google アプリ Google アプリ を起動します。
  2. 右上のアカウントの写真 次へ [Google アカウントにアクセス] をタップします(ログインが必要になる場合があります)。
  3. [個人情報とプライバシー] 次へ [アクティビティ管理] 次へ [Google ロケーション履歴] をタップします。
  4. この設定をオンまたはオフにします。オフにする場合は、[位置情報の保存を停止] をタップして確認します。

ブラウザを使用している場合は、Google アカウントの [ロケーション履歴] に移動します(ログインが必要になる場合があります)。[ロケーション履歴] をオンまたはオフにします。

ロケーション履歴がオンの場合

  • ログインしている端末の現在地送信機能がオンになっている場合にのみ、その端末のロケーション履歴が Google に送信されます。
    現在地送信機能がオンになっている端末を確認するには、[Google ロケーション履歴] で [このアカウントに関連付けられている端末] をタップします。
    • iPhone または iPad でロケーション履歴をオンにするには、Google アプリに位置情報の表示権限を付与します。そのためには、端末の設定アプリを開き、[Google] 次に [位置情報] をタップして、[常に許可] を選択します。
  • ログインしている各端末の現在地送信機能の設定は変更できます。また、ロケーション履歴に記録する位置情報を送信する端末を制限できます。ロケーション履歴の設定を変更する場合、次のように選択できます。
    • 一部の端末のみから位置情報を送信し、その他の端末からは送信しない。
    • すべての端末から位置情報を送信する。
    • Google アカウントのロケーション履歴をオフにして、どの端末からも位置情報を送信しないようにし、新しいロケーション履歴をアカウントに記録しないようにする。
  • 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。

ロケーション履歴がオフの場合

  • 新しい位置情報がロケーション履歴に保存されなくなります。
  • 以前のアクティビティはロケーション履歴から削除されません。ロケーション履歴を手動で削除することは可能です。
  • 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。
  • ロケーション履歴をオフにしても、一部の位置情報データが他の設定(ウェブとアプリのアクティビティなど)内に残り、Google 検索や Google マップなどの他のサービスで使用されることがあります。

位置情報サービスの留意点

利用の可否

次の場合はロケーション履歴をご利用いただけません。

  • ご利用になれない地域にいる場合
  • 特定の年齢制限を満たしていない場合
  • 職場や学校などのグループの Google アカウントを使用している場合(管理者にこの設定を利用できるようにしてもらう必要があります)
  • 位置情報サービスApp のバックグラウンド更新をオフにしている場合
App のバックグラウンド更新

ロケーション履歴は、位置情報サービスが [常に許可] に設定されており、App のバックグラウンド更新がオンになっている場合にのみ、適切に動作します。

  • 位置情報サービスは、GPS、Wi-Fi アクセス ポイント、携帯通信ネットワークの基地局を使って現在地を特定します。
  • App のバックグラウンド更新をオンにすると、Google のアプリを操作していないときでも現在地送信機能が動作できるようになります。

管理方法について詳しくは、位置情報サービスApp のバックグラウンド更新についての記事をご覧ください。

使用データ量

ロケーション履歴は大量のデータを使用する場合があります。この機能をご利用になる前に、お使いの端末のデータ通信プランをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。