iPhone と iPad のロケーション履歴

位置情報サービスを利用すると、Google サービスがもっと便利になります。ロケーション履歴もこうした位置情報サービスの 1 つです。お使いのアカウントでロケーション履歴をオンにすると、ログインした端末を持って移動した場所に基づいて便利な情報を入手できます。

たとえば Google アプリでは、位置情報の履歴から通勤ルートを学習し、通勤時の交通情報を表示できます。

ロケーション履歴の表示と管理

  1. [タイムライン] に移動します。
  2. 左上で、表示する期間を選択します。
ロケーション履歴を削除する
  1. [タイムライン] に移動します。
  2. 画面右下で設定アイコン 設定 次へ [場所の履歴をすべて削除] の順にタップします。
  3. ロケーション履歴をすべて削除することを確認します。
  4. [ロケーション履歴を削除] をタップします。
ロケーション履歴をオンまたはオフにする

ロケーション履歴には、その Google アカウントにログインしているすべての端末の現在地データが保存されます。

: ロケーション履歴を一時停止すると、新しい位置情報は保存されなくなりますが、過去のロケーション履歴は削除されません。

ブラウザを使用する場合

  1. Google アカウントで [ロケーション履歴] に移動します。
  2. [ロケーション履歴] をオンまたはオフにします。
    • オフにする: [一時停止] をタップして確定します。
    • オンにする: [有効にする] をタップして確定します。

Google アプリを使用する場合

  1. Google アプリ Google 検索 を起動します。
  2. 左上に表示されるアカウントの写真をタップします。ログインが必要となる場合があります。
  3. [アカウント情報] 次へ [個人情報とプライバシー] 次へ [アクティビティ管理] 次へ [Google ロケーション履歴] をタップします。
  4. この設定をオンまたはオフにします。オフにする場合は、[位置情報の保存を停止] をタップして確認します。

位置情報サービスの留意点

利用の可否

次の場合はロケーション履歴をご利用いただけません。

  • ご利用になれない地域にいる場合
  • 特定の年齢制限を満たしていない場合
  • 会社や学校など、組織の Google アカウントを利用しており、アカウント管理者がこうした機能へのアクセスをオフにしている場合
  • 位置情報サービスApp のバックグラウンド更新をオフにしている場合

Google マップ 3.2.1 以降では、iPhone や iPad から現在地送信機能やロケーション履歴をオンにすることはできません。Google アプリなど、Google の他のアプリでロケーション履歴をオンにしている場合、Google マップ アプリは、より適切な検索結果を表示するために Google アカウントに保存されたロケーション履歴のデータを使用することがあります。

App のバックグラウンド更新

iOS の最新バージョンを使用していない場合、ロケーション履歴が正常に動作するためには、位置情報サービスと App のバックグラウンド更新がオンになっている必要があります。

位置情報サービスは、GPS、Wi-Fi アクセス ポイント、携帯通信ネットワークの基地局を使って現在地を検出します。App のバックグラウンド更新をオンにすると、Google のアプリを操作していないときでも現在地送信機能が動作できるようになります。

管理方法について詳しくは、位置情報サービスApp のバックグラウンド更新についての記事をご覧ください。

使用データ量

位置情報サービスは大量のデータを使用する場合があります。この機能をご利用になる前に、お使いの端末のデータ通信プランをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。