アカウントが無効です

このページが表示された場合、お使いの Google アカウントは無効になっています。

理由を確認する

  1. Chrome などのブラウザで Google アカウントにログインします。
  2. アカウントが無効になっている場合は、説明が表示されます。

アカウントが無効になっている場合

  • Google サービスにログインすることはできません。ログインしようとすると、エラー メッセージが表示されるか、このページにリダイレクトされます。
  • 場合によっては、Google からのメールまたはテキスト メッセージで、アカウントが無効であることが通知されます。

アカウントを復元するための問い合わせ方法

アカウントの所有者は、アカウントへのアクセスの回復をリクエストできます。

  1. Chrome などのブラウザで Google アカウントにログインします。
  2. [復元を試す] を選択します。
  3. 画面の指示に沿って操作します。

上記の手順で問題が発生した場合は、こちらのフォームにご入力ください。

無効になっているアカウントからデータをダウンロードする

アカウントにログインできなくなった場合、一部の Google サービスのアカウント データをダウンロードして保存できることがあります。

データのダウンロードを試みるには、通常どおりにアカウントにログインします。ログイン後、データをダウンロードできる場合があります。

アカウントが無効になった理由

通常、Google アカウントが無効になるのは、アカウントの所有者が Google のポリシーを遵守していない場合です。Google のポリシーには次のものがあります。

アカウントが無効になる一般的な理由には、以下のようなものがあります。なお、必ずしもすべての Google サービスで、下記の理由のためにアカウントが無効になるわけではありません。

アカウントのハッキングまたは不正使用

他のユーザーのアカウントにログインしたり、これを使用したりしないでください(そのユーザーから明示的な許可を得ている場合を除きます)。

自動通話またはメッセージ

Google サービスを使用して自動的に電話をかけたり、メッセージを送信したり(ロボダイヤリング)しないでください。

ロボコールとは、コンピュータによって制御されたオートダイヤラーを使用して、事前に録音された音声メッセージを送信する通話を指します。

サービス ポリシーの違反

一部の Google サービスには、独自の行動規範や利用規約が規定されています。

これらのポリシーを遵守しないユーザーについては、次のいずれかが停止される場合があります。

  • そのサービスのみの使用
  • すべての Google サービスへのログイン
児童の性的虐待と性的搾取

児童を搾取または虐待する形で Google サービスを使用しないでください。

Google では次のようなコンテンツを削除します。

  • 性的児童虐待のコンテンツ(漫画を含む)
  • 「チャイルド グルーミング」(例: オンラインで子供に取り入って、オンラインまたはオフラインでの性的接触や性的な画像の交換などに誘い込むこと)
  • 「セクストーション」(例: 子供の公開されたくない画像を入手したと主張して子供を脅迫すること)
  • 未成年の性的対象化(例: 児童の性的虐待を描写、奨励、または助長する画像、あるいは、児童の性的搾取につながる可能性のある方法で児童を描写すること)
  • 子供の人身売買(例: 商業的な性的搾取を目的として子供の広告や勧誘を行うこと)

これは、Google サービスで作成、共有、送信、アップロードされるすべてのコンテンツが対象になります。

児童の搾取が確認された場合、Google では適切な措置を講じます。措置として、全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)および警察当局に通報する場合もあります。

人々を欺くための偽装 ID の作成

Google サービスを使用して、人々を欺いて行動を起こさせる(ソーシャル エンジニアリング)ための偽装 ID を作成しないでください。無関係な企業や政府機関で働いていることを示唆するような Gmail アドレスを作成することはポリシー違反です。

ただし、有名人の名前でファンメール アカウントを作成するのは問題ありません。

嫌がらせ、いじめ、脅迫

他人への嫌がらせ、いじめ、脅迫を行わないでください。このような行動に他人を関与させたり、誘導したりするために Google サービスを利用することは許されません。
オンライン上の嫌がらせは多くの地域で違法となっており、オフラインでの深刻な結果につながる可能性があります。
Google は、危害やその他の危険な状況が発生するおそれがあると連絡された場合に、関係当局への報告など、適切な措置を講じることがあります。
過剰な通話量

金銭的な利益を得るために、Google サービスを使用して過剰に通話を送信(トラフィック ポンピング)しないでください。

なりすまし、身元の不実表示

個人や組織になりすましたり、自分自身を偽ったりしないでください。
パロディ、風刺、ペンネームの使用は許可されます。自分自身の身元についてユーザーに誤解させる可能性のあるコンテンツは避けてください。
不正なソフトウェア、フィッシング、他の悪意のあるアクティビティ

以下の目的で Google サービスを使用しないでください。

  • 不正なソフトウェア: 有害または不要なコードやソフトウェアを送信する(ウイルスなど)。
  • フィッシング: 個人情報を盗む、またはユーザーを欺いて個人情報を開示させる。
  • Google のネットワークやサーバーなどのシステムに危害を加えたり、これらを妨害したりする(サイバー攻撃など)。

露骨な性的コンテンツ

次のような露骨な性的コンテンツを配信しないでください。
  • ヌード
  • 生々しい性行為
  • ポルノ コンテンツ
  • 商業的なポルノサイトへのトラフィックの誘導
教育、記録、科学、芸術を目的としたコンテンツは許可されます。
スパム行為

Google サービスを使用して、スパムと呼ばれる不要なコンテンツを送信しないでください。

スパムには、メール、コメント、写真、レビューのほか、Google サービスで作成または共有されるすべてのコンテンツが含まれます。

推奨される一般的なルールは次のとおりです。

  • 宣伝または営利目的の未承諾コンテンツは送信しない。
  • 面識のないユーザーにコンテンツを送信したり、同時に多数のユーザーにコンテンツを送信したりしない。
テロリストのコンテンツ

Google サービスを使用して次のような目的のコンテンツを共有しないでください。

  • テロ組織の人材を募集する
  • 暴力を誘発する
  • テロ攻撃を美化する
  • テロ行為を助長する
不正行為のために複数のアカウントを使用する
  • Google のポリシーに違反する行為のために、複数のアカウントを作成または使用しないでください。
  • (ボットと呼ばれる)プログラムを使用して、偽のアカウントを作成しないでください。

個人アカウントと仕事用アカウントなど、複数の Google アカウントを使用するユーザーは多くいます。こういった使用は問題ありません。

有効な法的要請

要請があった場合、Google は適用される法律に基づいて、あるいは裁判所命令に応じて措置を講じることがあります。法的要請はこちらから送信できます。

アカウントを取り消し、削除することが必要になる場合もあります。このような状況では、Google は最善の判断に基づき対処します。緊急性のあるケース、または極端なケースでは、通知が行われないこともあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。