検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

端末の位置情報をオンまたはオフにする

端末の位置情報モードをオンまたは完全にオフにすることができます。位置情報の精度のモードだけを変更することもできます。モードに応じて、端末の現在地の推定に使用するソースが異なります。

端末の位置情報がオンのとき、Google ではロケーション履歴を使用して有益な情報を提供できます。たとえば、Android 搭載端末を携帯して訪れた場所に基づいて、通勤経路に関する自動的な予測や、検索結果の改善を行います。

: Android は端末によって機能などが異なるため、記載されている情報がご利用の端末に該当しない場合があります。こちらの手順は Android 6.0 以降を搭載する端末を対象としています。お使いの Android のバージョンをご確認ください

位置情報モードを変更する

位置情報モードの選択には次の点を考慮します。

  • 現在地の推定の精度
  • 現在地の特定にかかる時間
  • 位置情報サービスによる電池消費量

端末の位置情報を完全にオフにすると、Google アプリや Google 以外のアプリもすべて端末の位置情報を使用できなくなります。便利な機能の多くが無効になります。

端末の位置情報をオンまたはオフにする
  1. 端末の設定アプリ 設定 を開きます。
  2. [ユーザー設定] で [位置情報] をタップします。
  3. 上部の ON / OFF スイッチをタップします。
    • OFF
      端末の位置情報はアプリと共有されません。
    • ON
      モードを選択します。
      • 高精度
        [高精度] モードでは、GPS、Wi-Fi、モバイル ネットワーク、その他のセンサーを使用して、端末の位置情報を最も高い精度で取得します。Google の位置情報サービスを使うことで短時間で正確に現在地を推定できます。
      • バッテリー節約
        [バッテリー節約] モードでは、Wi-Fi やモバイル ネットワークなど、電池の使用量が少ない位置情報ソースを使用して現在地を推定します。Google の位置情報サービスを使うことで短時間で正確に現在地を推定できます。
      • 端末のみ
        [端末のみ] モードでは、GPS のみを使用して現在地を推定します。位置情報の提供に Google の位置情報サービスは使用しません。このモードでは、電池の使用量が多くなり、現在地の判断に時間がかかる可能性があります。

アプリが端末の正確な位置情報を使用している場合、画面の上部に位置情報アイコン Location が表示されます。このアイコンは、GPS の使用を必ずしも示すのではなく、現在地を判断するのに電池の使用量が多いモードであることを示します。

ヒント: 位置情報の設定はクイック設定でも指定できます。クイック設定から位置情報をオンにする場合、同意を求められます。[同意しない] を選択すると、[端末のみ] のモードになり、アプリのパフォーマンスに影響することがあります。

関連リンク

hc_author_ashley

このヘルプページを作成したアカウントのエキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。