アカウントにアクセスできるサードパーティのサイトやアプリ

お客様のデータを安全に共有するため、Google ではサードパーティのサイトやアプリにアカウントのさまざまな部分へのアクセスをお客様が許可できるようにしています。サードパーティのサイトやアプリとは、Google 以外の企業や開発者によって作成されたものを指します。

たとえば、友だちとのトレーニングのスケジュールを作成できるアプリをダウンロードした場合、アプリで都合の良い時刻や友だちの候補を表示するために、Google カレンダーや Google コンタクトへのアクセスを求められることがあります。

サイトやアプリがリクエストする可能性がある権限

サイトやアプリは、次に挙げるような Google アカウントへの各種アクセスをリクエストする可能性があります。

  • 基本的なプロフィール情報を読み取る: 多くのサイトやアプリでは、基本情報(お客様の名前、メールアドレス、プロフィール写真など)へのアクセスのみをリクエストします。「Google でログイン」機能に対応しているサイトやアプリでこの機能を選択すると、基本情報へのアクセスを許可できます。この情報を共有すると、アカウントの作成が容易になり、新しいパスワードを作成する手間を省くことができます。

  • Google アカウントの情報を読み取る: 基本的なプロフィール情報に加え、サイトやアプリによっては、アカウント内の情報を読み取ったりコピーを作成したりする権限を求めることもあります。これには、Google コンタクト、Google フォト、YouTube 再生リストなどの情報が含まれます。

  • Google アカウントでコンテンツを編集、アップロード、作成する: 基本的なプロフィール情報やアカウントの情報を読み取ることに加え、サイトやアプリによっては、Google アカウントでその他の操作を行う権限を求めることもあります。これには、コンテンツの編集、アップロード、作成などが含まれます。たとえば、映画編集アプリでは動画を編集して YouTube チャンネルにアップロードする権限を要求したり、イベント プランナー アプリでは Google カレンダーの予定を作成する権限を要求したりすることが考えられます。

アカウントへのフルアクセス

サイトやアプリにアカウントへのフルアクセスを許可した場合、そのサイトやアプリは Google アカウントのほぼすべての情報を読み取り、変更できます。アカウントへのフルアクセスとは、サイトやアプリがお客様の情報の読み取りやコピー、編集、削除のほか、新しい情報の作成を実行できることを指します。なお、フルアクセス権を持つサイトやアプリでも、パスワードの変更、アカウントの削除、Google Pay を使用した送金、請求、支払いの受け取りは行えません。

ヒント: アカウントへのアクセス権を付与したすべてのサイトとアプリのリストは Google アカウントで確認できます。サイトやアプリのアクセス権を一括で簡単に管理できるよう、サードパーティ製アプリと一緒に Google アプリも表示されます。たとえば、Mac パソコン用にダウンロードした Google Chrome アプリに、アカウントへのフルアクセス権があると表示されることがあります。Google では、お客様のデータのプライバシーとセキュリティを保護しています。

サイトやアプリが機密情報へのアクセスをリクエストする場合

Google サービスをどのように使用しているかによって、アカウント内に機密性の高い情報が含まれる場合があります。アクセスを許可したサードパーティ製のサイトやアプリは、このようなプライベートな情報の読み取り、編集、削除、共有を実行できるようになる可能性があります。

アクセスを許可する前に、サイトやアプリのプライバシー ポリシーをお読みになり、お客様のデータがどのように使用され、安全に保管されるかをご確認ください。

特に機密性の高い情報が含まれる Google サービスには、次のものがあります。

  • Gmail: お客様のメールには、連絡先の名前、私的な連絡、医療レポートの添付コピーなどの機密情報が含まれる場合があります。
  • フォト: Google フォトのアルバムには、家族の写真や公式書類の写しなど、共有することが望ましくない写真が含まれることがあります。また、多くの写真には場所や日付などのタグが自動的に付けられています。
  • ドライブ: Google ドライブには、財務記録、公式レポートやプレゼンテーションなどのプライベートな情報が保存されている可能性があります。さらに、他のユーザーとドキュメントを共有している場合は、そのユーザーの名前や連絡先情報も Google ドライブに保存されています。
  • カレンダー: Google カレンダーには、1 日のルーティンに関する重要な情報のほか、非公開のイベントや予定に関する詳細が含まれる場合があります。
  • コンタクト: Google コンタクトには、知り合いの名前、電話番号、住所、連絡先情報が含まれる場合があります。

アクセスを許可する前に考慮するべきこと

  • このサイトやアプリはどの程度安全か? サードパーティ製アプリのサーバーがハッキングされている場合、権限のないユーザーがお客様のデータにアクセスする可能性があります。サードパーティ製アプリに Google アカウントへのアクセスを許可すると、お客様のデータがアプリ独自のサーバーにコピー、保存される場合があります。Google では他社のサーバー上のデータを保護できないため、お客様のデータのセキュリティやプライバシーのリスクが高まるおそれがあります。
  • このサイトやアプリではどのようにデータを使用するか? 他者と共有されるなど、自明ではない方法でデータがアプリで使用されることがあります。
  • このサイトやアプリから自分のデータを削除できるか? アプリによっては、お客様のデータをサーバーからすばやくまたは自動的に削除できない場合があります。また、アプリで作成したアカウントを削除することが困難な場合もあります。
  • このサイトまたはアプリは変更について通知するか? ポリシーや機能が変更された場合に、お客様に直接通知しないサイトやアプリもあります。
  • このサイトやアプリで自分のデータを確認できるユーザーが他にいるか? サードパーティ製のサイトやアプリによっては、お客様の Google アカウント情報(作成したメールや連絡先など)を確認できる人がいる場合があります。

サイトやアプリのアクセス権を削除する

アカウントへのアクセス権を付与したサイトやアプリを信頼できなくなった場合は、そのアクセス権を削除できます。アクセス権を削除することで、サイトやアプリは Google アカウントの情報にアクセスできなくなります。ただし、サイトやアプリがすでに所有しているデータについては、削除するようリクエストしなければならない場合があります。

  1. Google アカウントに移動します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [セキュリティ] を選択します。
  3. [アカウントにアクセスできるサードパーティ アプリ] パネルで [サードパーティによるアクセスを管理] を選択します。
  4. 削除するサイトやアプリを選択します。
  5. [アクセス権の削除] を選択します。

サイトやアプリについて報告する

サイトやアプリがお客様のデータを悪用している(スパムの作成、なりすまし、悪質な方法でのデータの使用など)と考えられる場合は、次の手順に沿ってご報告ください。

  1. Google アカウントの [アカウントにアクセスできるアプリ] に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. 報告するアプリを選択 次に [このアプリを報告] を選択します。

Google に接続されているアカウントのセキュリティ強化

Google では、Google のサービスと一部のサードパーティのアプリやサイトでユーザーのオンライン アカウントを保護しています。詳しくは、クロスアカウント保護機能についてのページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。