検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

定期メンテナンス中に、Google アカウントから一部のユーザーがログアウトされるという現象が起きました。ログアウトされてしまった場合は、普段お使いのユーザー名とパスワードを使用して https://accounts.google.com から再度ログインしてください。パスワードをお忘れになった場合、または他の何らかの理由でログインできない場合は、こちらからアカウント パスワードの再設定をお願いします。セキュリティ上の理由で、パスワードに関する問題についてサポート担当者はお手伝いすることができません。予めご了承下さい。

安全性の高いパスワードを作成する

アカウントを常に安全にご利用いただくために、安全性の高いパスワードを作成するためのヒントをご紹介します。

重要なアカウントにはそれぞれ固有のパスワードを使用する
メールやオンライン バンキングなど、重要なアカウントには別々のパスワードを使用しましょう。複数のサイトで同じパスワードを使用していると、あるアカウントのパスワードが破られると、犯人は個人情報や、ショッピングやバンキングなど他のサービスにもアクセスできてしまいます。
文字、数字、記号を組み合わせたパスワードを使用する
数字、記号、大文字、小文字を併用すると、第三者による推測が難しいパスワードを作成できます。たとえば同じ8文字のパスワードでも、数字、記号、大文字、小文字を組み合わせた8文字は、小文字のみ8文字のパスワードより3万倍も推測が困難になります。
個人情報や一般的な単語はパスワードに使用しない
自分の個人情報とは関係のない文字、数字、記号を組み合わせた固有のパスワードを作成してください。たとえば、単語やフレーズをランダムに選択し、その先頭、途中、末尾に文字や数字を挿入すれば、推測がたいへん困難になります(例: 「YudeT@m@5」)。「password123」、「aiueo」などの単純な単語やフレーズ、「qwerty」、「qazwsx」などのキーボードのパターン、「12345678」、「abcdefg」などの連続するパターンは推測されやすいので使用しないでください。
パスワードの再設定オプションを常に最新で安全な状態にしておく
パスワードの再設定が必要になった場合にメールを受け取れるよう、再設定用のメールアドレスを定期的に更新してください。また、携帯電話番号も追加しておくと、パスワード再設定コードをテキスト メッセージで受け取ることができます。
多くのウェブサイトでは、パスワードを忘れた場合に、セキュリティ保護用の質問に回答するオプションが用意されています。自分で質問を作成する場合は、回答があなただけが知っていることになるように工夫してください。ブログやソーシャル ネットワーク サービスに投稿した情報を第三者が調べて推測できるような回答は避けましょう。
生まれた都市など、質問を一覧から選択するよう求められた場合は、上記のことを考慮して回答を工夫してください。そうすれば第三者に答えを推測された場合でも、それを正確に入力する方法まで知られることはありません。
パスワードを安全に保管する
パソコンや机など、盗まれやすい場所に複数のサイトのパスワードを記載したメモを残さないでください。盗まれたパスワードはアカウントへの不正アクセスに使用される可能性があります。パスワードをパソコン上のファイルに記載しておく場合は、ファイル名からパスワードが記載してあることを類推できないように注意してください。複数のパスワードを覚えるのが難しい場合は、信頼できるパスワード マネージャーを使用してください。パスワード マネージャー サービスを使用する前に、口コミや評判を少し時間をかけて調べるようにしてください。

セキュリティをさらに強化する

安全性の高いパスワードに加え、セキュリティをさらに強化する方法として、2 段階認証プロセスがあります。2 段階認証プロセスでは、Google アカウントへのログインにユーザー名とパスワードだけでなく、携帯電話やスマートフォンも必要になります。たとえパスワードが盗まれたり、推測されたりすることがあっても、犯人はあなたのスマートフォンを持っていないので、アカウントに不正ログインすることはできません。このように、自分しか知り得ないこと(パスワード)と自分しか持ち得ないもの(スマートフォン)の両方を使ってアカウントを保護できます。

アカウントを安全に保つ方法について詳しくは、アカウントのセキュリティ チェックリストをご覧ください。

hc_author_ashley

このヘルプページを作成したアカウントのエキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。