ロケーション履歴の管理

ロケーション履歴は Google アカウントごとに設定されるもので、以下の条件を満たすモバイル端末を持って訪れた場所が保存されます。

  • Google アカウントにログインしている
  • ロケーション履歴がオンになっている
  • 端末の現在地送信機能がオンになっている

ロケーション履歴をオンにすると、Google サービス全体でさまざまなメリットが得られます。たとえば、カスタマイズされた地図、訪れた場所に基づくおすすめを表示したり、紛失したスマートフォンを探したり、通勤経路の交通状況をリアルタイムで確認したり、有用性の高い広告を表示したりできます。

  • Google アカウントのロケーション履歴はデフォルトでオフになっており、オプトインした場合にのみオンにできます。
  • Google アカウントのアクティビティ管理でいつでもロケーション履歴を一時停止できます。
  • ロケーション履歴に保存する情報を管理できます。訪れたことがある場所を Google マップのタイムラインに表示できるほか、タイムラインを介して情報を編集または削除することもできます。

ウェブとアプリのアクティビティなどの他の設定がオンになっている場合、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報を削除したりしても、Google アカウントに保存されている位置情報データが他の Google サイト、アプリ、サービスで引き続き使用されることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定が有効になっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

注: この手順の一部は、Android 8.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

ロケーション履歴をオンまたはオフにする

アカウントのロケーション履歴はいつでもオフにできます。職場や学校のアカウントを使用している場合は、管理者にこの設定を利用できるようにしてもらう必要があります。これにより、他のユーザーと同じようにロケーション履歴を使用できるようになります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、端末の設定アプリ 設定アプリ 次に [Google] 次に [Google アカウント] の順に開きます。
  2. 上部の [データとカスタマイズ] をタップします。
  3. [アクティビティ管理] で [ロケーション履歴] 次に [設定を管理] をタップします。
  4. アカウントまたは端末でロケーション履歴を Google に送信できるかどうかを変更します。
    • アカウントとすべての端末: 上部の [ロケーション履歴を使用] をオンまたはオフにします。
    • 特定の端末のみ: [この端末] または [このアカウントの他の端末] で特定の端末をオンまたはオフにします。

ブラウザを使用している場合は、Google アカウントの [アクティビティ管理] に移動します(ログインが必要になる場合があります)。上部の [ロケーション履歴] をオンまたはオフにします。

ロケーション履歴がオンの場合

  • ログインしている端末の現在地送信機能がオンになっている場合にのみ、その端末のロケーション履歴が Google に送信されます。
  • ログインしている各端末の現在地送信機能の設定は変更できます。また、ロケーション履歴に記録する位置情報を送信する端末を制限できます。ロケーション履歴の設定を変更する場合、次のように選択できます。
    • 一部の端末のみから位置情報を送信し、その他の端末からは送信しない。
    • すべての端末から位置情報を送信する。
    • Google アカウントのロケーション履歴をオフにして、どの端末からも位置情報を送信しないようにし、新しいロケーション履歴をアカウントに記録しないようにする。
  • 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。

ロケーション履歴がオフの場合

  • 新しい位置情報がロケーション履歴に保存されなくなります。
  • 以前のアクティビティはロケーション履歴から削除されません。ロケーション履歴を手動で削除することは可能です。
  • 端末で利用している他の位置情報サービス(Google 位置情報サービスや「端末を探す」など)の設定は変更されません。
  • ロケーション履歴をオフにしても、一部の位置情報データが他の設定(ウェブとアプリのアクティビティなど)内に残り、Google 検索や Google マップなどの他のサービスで使用されることがあります。

ロケーション履歴を削除する

Google マップのタイムラインに、ロケーション履歴の情報を管理および削除するためのインターフェースが用意されています。すべての履歴を削除することも、その一部のみを削除することも可能です。タイムラインからロケーション履歴の情報を削除すると、その情報は表示されなくなります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、端末の設定アプリ 設定アプリ 次に [Google] 次に [Google アカウント] の順に開きます。
  2. 上部の [データとカスタマイズ] をタップします。
  3. [アクティビティ管理] で [ロケーション履歴] をタップします。
  4. 下部の [タイムラインを管理] をタップします。端末で Google マップ Google マップ が開きます。
  5. その他アイコン その他 次に [設定] をタップします。
  6. 下部の [ロケーション履歴をすべて削除] または [指定期間のロケーション履歴の削除] を選択します。

ブラウザを使用している場合は、maps.google.com/timeline に移動します(ログインが必要になる場合があります)。タイムラインでは、ロケーション履歴を場所単位や日付単位で削除できます。または、ロケーション履歴全体を削除することもできます。

注: 現在、韓国ではタイムラインをご利用いただけません。ロケーション履歴の有効化や一時停止は [アクティビティ管理] 内から行うことができます。また、ロケーション履歴のデータを削除することもできます。

ロケーション履歴を削除した場合

  • ロケーション履歴全体を削除すると、一部の Google アプリが以前と同じように動作しなくなる場合があります。
  • ロケーション履歴の情報を削除しても、一部の位置情報データが他の設定(ウェブとアプリのアクティビティなど)内に残り、Google 検索や Google マップなどの他のサービスで使用されることがあります。

ロケーション履歴の使用状況と診断

ロケーション履歴をオンにすると、ロケーション履歴に関して何が動作しているか(何が動作していないか)についての診断情報が端末から Google に送信される場合があります。ロケーション履歴をオフにした場合、使用状況と診断に関する情報を送信するかどうかを指定できます。

使用状況と診断に関するすべての情報は、Google のプライバシー ポリシーに基づいて使用されます。

端末から送信される可能性のある情報

ロケーション履歴の改善に役立つ情報が端末から Google に送信される場合があります。たとえば、以下のような情報が送信されます。

  • モバイル ネットワーク、GPS、Wi-Fi ネットワーク、Bluetooth への接続の質と継続時間
  • 位置情報の設定の状態
  • 再起動とクラッシュに関するレポート
  • ロケーション履歴をオンまたはオフにするのに使用されたアプリ
  • 電池残量
Google に送信される情報の用途

使用状況と診断情報は、Google のアプリやサービスのほか、Android 搭載端末の機能向上に役立ちます。たとえば、Google では次のような改善に情報を使用しています。

  • 電池寿命: 送信された情報を基に何が電池を多く消費するかを調べ、一般的な機能の電池消費量の抑制に役立てます。
  • 位置情報の精度: 位置センサーや位置情報の設定からの情報を、アプリやサービスでの位置予測の精度向上に役立てます。

その他の位置情報の設定の詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。