検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

新しいセキュリティ診断を実施しましょう。2 分ほどで、Google アカウントのセキュリティを強化できます。

Google アカウントの名前とその他の情報の変更

アカウントの基本情報の一部を更新、追加、削除できます。

名前を編集する

Google アカウントに表示される名前を変更するには:

  1. [アカウント情報] に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. [個人情報とプライバシー] で [個人情報] を選択します。
  3. [名前] 次へ 編集アイコン 編集 を選択します。
  4. 画面の指示に沿って操作します。

名前が表示される場所についてもご確認ください

個人情報を変更する

生年月日や性別などの情報を編集できます。アカウントに登録したメールアドレスや電話番号も変更できます。

  1. [アカウント情報] に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. [個人情報とプライバシー] で [個人情報] を選択します。
  3. 変更する情報を選択します。
  4. 画面の指示に沿って操作します。

詳細

氏名

アカウントを作成してから 2 週間以上が経過している場合は、90 日間に 3 回まで名前を変更することができます。

アカウントを作成してからまだ 2 週間が経過していない場合は、より頻繁に名前を変更できます。

生年月日

アカウントに追加した生年月日は削除できません。ただし、生年月日を編集したり、誰に表示するかを変更したりすることはできます。

生年月日の公開範囲

デフォルトでは、生年月日は Google サービスを利用する他のユーザーには公開されません。生年月日を誰に表示するかを管理するには、[基本情報] ページにアクセスしてください。

Google による生年月日の利用方法

Google は生年月日を次の目的で使用することがあります。

  • ユーザーが特定のサービスや機能を利用できる年齢に達しているかどうかを判断する。たとえば、年齢制限のある YouTube 動画はお子様にはご利用いただけません。
  • Google 検索ページに誕生日のテーマを表示するタイミングを判断する。
  • カスタマイズされたおすすめやパーソナライズド広告を表示する際に年齢層を判断する。パーソナライズド広告は無効にすることができます。
性別

[アカウント情報] の [性別] ページでは、 次のことが可能です。

  • 性別を指定する
  • 性別を指定しないことを選択する
  • 独自の性別を追加し、Google 上での性別として指定する

性別の公開範囲

デフォルトでは、性別は Google サービスを使用する他のユーザーには公開されません。性別を誰に表示するかを管理するには、[基本情報] ページにアクセスしてください。

Google による性別の利用方法

性別は Google のサービスを、よりユーザー個人に合わせたものにするために使用されます。性別を指定すると、次のことが可能になります。

  • あなたに関するメッセージなどのテキストがカスタマイズされます。たとえば、あなたの性別がわかるユーザーには、「彼にメッセージを送る」、「彼女のサークル」などのテキストが表示されます。
  • あなたが興味を持ちそうな、より関連性の高い、カスタマイズされたコンテンツ(広告など)が提供されます。

性別を指定しない場合は、「メッセージを送る」など、性別によらないフレーズが使用されます。

その他の情報を変更する

パスワードを変更する
  1. [アカウント情報] に移動します。ログインが必要となる場合があります。
  2. [ログインとセキュリティ] で [Google へのログイン] を選択します。
  3. [パスワード] を選択します。要求された場合は、再度ログインします。
  4. 指示に沿って操作します。安全なパスワードを作成する方法をご確認ください

オンライン セキュリティと安全性の詳細についてもご確認ください

他のユーザーに表示される自分に関する情報を管理する

Google サービスで他のユーザーに表示する個人情報を選択するには、[基本情報] ページにアクセスしてください。

変更できる情報とその変更方法についてもご確認ください

hc_author_accounts

このヘルプページを作成したアカウント エキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひ以下からお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。