Google アカウントへのアクセス権をサードパーティ製アプリと共有する

特定の機能を使用できるよう、サードパーティ製のアプリやサービスに Google アカウントへの一部のアクセス権を付与することができます。たとえば、写真編集アプリがフィルタを適用するために Google フォトへのアクセス権をリクエストすることがあります。

サードパーティ製のアプリやサービスがアクセス権をリクエストする可能性がある Google サービスには、次のようなものがあります。

  • Gmail
  • ドライブ
  • カレンダー
  • フォト
  • コンタクト

重要: サードパーティ製アプリとは、Google 以外の企業やデベロッパーを指します。サードパーティ製アプリを信頼できる場合にのみ、Google アカウントへのアクセス権を付与してください。

サードパーティ製アプリに Google アカウントへのアクセス権を付与する

Google アカウントのデータへの一部のアクセス権を共有するには、次の手順を行います。

  1. サードパーティ製のアプリやサービスから Google アカウントへのアクセス権の共有を求めるメッセージが表示された場合は、リクエストを慎重に確認し、どのような情報や権限を求めているかを把握します。
  2. アクセス権を共有することにした場合は、Google アカウントにログインする必要があります。
  3. そのサードパーティ製のアプリやサービスに対し、Google アカウントのデータへの一部のアクセス権を許可します。

サードパーティ製アプリは、Google アカウントへのさまざまなアクセス権をリクエストする可能性があります。次のようなアクセス権をリクエストすることがあります。

  • 基本的なプロフィールを取得する: 基本的なプロフィール情報には、名前、メールアドレス、プロフィール写真などがあります。サードパーティ製のアプリやサービスで新しいアカウントを作成するために、サードパーティ製アプリがこの情報をリクエストすることがあります。「Google でログイン」機能に対応しているサードパーティ製のアプリやサービスでこの機能を使ってログインした場合、基本的なプロフィールへのアクセス権を許可することになります。詳しくは、「Google でログイン」についての説明をご覧ください。
  • Google アカウントのデータを参照、コピーする: サードパーティ製のアプリやサービスは、連絡先、写真、YouTube 再生リストなどのデータを参照、コピーする権限をリクエストすることがあります。
    • サードパーティ製アプリによる Google アカウントへのアクセス権を取り消すと、サードパーティ製アプリはデータにアクセスできなくなります。サードパーティ製アプリがすでに所有しているデータについては、削除をリクエストすることが必要になる場合があります。
  • Google アカウントのデータを管理する: サードパーティ製のアプリやサービスは、Google アカウントのデータを編集、アップロード、作成、削除する権限をリクエストすることがあります。
    • 次に例を示します。
      • 映画編集アプリは、動画を編集して YouTube チャンネルにアップロードする可能性があります。
      • 予定計画アプリは、Google カレンダーの予定を作成したり、削除したりする可能性があります。

サードパーティ製アプリを報告する

Google アカウントへのアクセス権に関するよくある質問

Google アカウントのデータへのアクセス権を持つサードパーティ製アプリを確認するにはどうすればよいですか?
Google アカウントへのアクセス権を許可したアプリとサービスは、接続管理ページで確認できます。

ヒント: サードパーティ製のアプリやサービスによるアクセスを確認、変更するには、その名前をリストから選択します。

アプリとサービスを表示

Google アカウントへのサードパーティのアクセス権を削除するにはどうすればよいですか?

サードパーティ製アプリに Google アカウントへのアクセス権を付与するのを止めたい場合は、サードパーティとの接続からそのアプリを削除できます。

  1. Google アカウントにログインしていることを確認します。
  2. サードパーティのアクセス権を持つアプリやサービスを表示します
  3. 接続を削除するサードパーティ製のアプリやサービスをリストから選択します。
  4. [詳細を表示] 次に [アクセス権を削除] 次に [確認] を選択します。

ヒント: 複数の接続タイプがある場合は、[{アプリ名} に Google アカウントへの下記のアクセス権が付与されています] の下にサードパーティによるアクセスの接続が表示されます。

アクセス権の確認

サードパーティはどのくらいの Google データにアクセスできますか?

サードパーティ製アプリは、ユーザーが許可したデータとサービスにのみアクセスできます。Google がサードパーティ製のアプリやサービスとデータを共有する前に、サードパーティがアクセスを求めているデータとサービスのリストが表示されます。

たとえば、サードパーティ製アプリに Google カレンダーのデータのみへのアクセスを許可した場合、アプリはそのデータにのみアクセス可能となり、その他の Google データ(Google フォトやコンタクトなど)にはアクセスできません。

Google アカウントへのアクセス権はいつでも削除できます。

サードパーティが Google アカウントのデータを変更することはありますか?

サードパーティ製アプリには、Google アカウントへのさまざまなレベルのアクセス権(アカウントの基本情報へのアクセス権、アカウントのデータを表示、変更するためのアクセス権など)を付与できます。サードパーティ製アプリに Google アカウントのデータを管理するためのアクセス権を許可した場合、サードパーティ製アプリは Google アカウントのデータを編集、作成、削除できるようになります。アカウントへのアクセス権を許可するときに、サードパーティ製アプリがリクエストしているアクセス権の種類を確認できます。詳しくは、サードパーティに付与できるアクセス権をご覧ください。

アクセス権のために Google のパスワードをサードパーティと共有する必要はありますか?

サードパーティ製のアプリやサービスで Google アカウントのパスワードを共有しないでください。Google アカウントのパスワードをサードパーティ製のアプリやサービスと共有した場合、そのアプリやサービスはアカウントへのフルアクセスが可能になるため、アカウントのセキュリティが侵害される可能性があります。

代わりに、Google アカウントへの一部のアクセス権を、信頼できるサードパーティ製のアプリやサービスと共有することができます。その方が安全性が高くなります。

Google アカウントからログアウトするとどうなりますか?

サードパーティ製のアプリやサービスにアクセス権を許可するには、Google アカウントにログインする必要があります。

複数の Google アカウントを持っている場合はどうなりますか?

複数の Google アカウントをお持ちの場合は、使用するアカウントを選択するか、別の Google アカウントにログインして続行するよう求めるメッセージが表示されます。

Google アカウントを削除した場合はどうなりますか?

Google アカウントを削除した場合、関連付けられているサードパーティとの接続もすべて削除されます。サードパーティ製のアプリやサービスには、以前に共有した情報が保持されている可能性があります。サードパーティ製アプリに対して、すでに保持しているデータを削除するよう依頼することが必要になる場合があります。

サードパーティのアカウントを削除した場合はどうなりますか?

サードパーティのアカウントを削除しても、Google アカウントには影響しません。

  • サードパーティ製のアプリやサービスとのデータ共有を停止するには、接続管理ページからアプリやサービスを削除します。この操作により、以前に付与したアクセス権が取り消されます。

関連リソース

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー