アクセスをブロックしました: サポートされていない OAuth メソッドをサードパーティ製アプリが使用しています

Google では、ユーザーが Google アカウントにログインしてアカウントのデータをサードパーティ製アプリケーションと共有するための、安全な仕組みを提供しています。ユーザーのアカウントを保護するために、安全性の低い認証方法を使用しているアプリからの Google ログイン リクエストはブロックされます。このようなアプリは、フィッシング攻撃やなりすましアプリの攻撃を受けやすいからです。

詳しくは、サードパーティ製アプリとデータを共有する方法についての記事をご覧ください。

アプリから無効なリクエストが送信されました

サポートされていない認証方法を使用しているためにアプリがブロックされた場合は、[エラー 400] ページに誘導され、[アクセスをブロックしました: アプリから無効なリクエストが送信されました] というメッセージが表示されることがあります。

このエラーへの対処方法

最新バージョンのアプリを使用していない場合は、アプリを最新バージョンに更新してから、もう一度お試しください。

  • アプリのインストール先となるオペレーティング システム(OS)が古い場合は、OS を最新バージョンに更新してください。

また、アプリのデベロッパーに問い合わせて、アプリを更新して安全な認証方法を使用してもらうよう依頼してください。

デベロッパーの連絡先情報を確認する方法は次のとおりです。

  1. 対象のサードパーティ製アプリに移動します。
  2. [Google でログイン] の手続きを開始します。
  3. [Google でログイン] の同意画面でアプリ名をクリックすると、デベロッパーの連絡先メールアドレスが表示されます。

アプリ デベロッパー向けの情報

iOS、Android、Chrome アプリの OAuth クライアント タイプにループバック IP アドレス方式を使用しているアプリや、任意のクライアント タイプに帯域外方式を使用しているアプリについては、より安全な別の方式に移行する必要があります。詳しい手順については、帯域外(OOO)フロー移行ガイドループバック IP アドレスフローの移行ガイドをご覧ください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー