バックアップ コードを使用してログインする

スマートフォンを紛失した場合や、SMS、音声通話、Google 認証システムでコードを受け取ることができない場合は、バックアップ コードを使用してログインできます。セキュリティ キーをお持ちでない場合でも、バックアップ コードを使用してログインできます。

  • ログインに使用したバックアップ コードは無効になります。
  • 10 個の新しいコードのセットをいつでも生成できます。新しいセットを作成すると、古いセットは自動的に無効になります。

バックアップ コードは安全な場所に保存しておくことをおすすめします。モバイル端末のコードと同様、バックアップ コードはパスワードも盗まれた場合にのみ悪用されるおそれがあります。

バックアップ コードの作成と表示

  1. Google アカウントで [2 段階認証プロセス] に移動します。
  2. [バックアップ コード] の下で [設定] または [コードを表示] を選択します。コードは印刷またはダウンロードできます。

バックアップ コードが盗難に遭ったと考えられる場合や、コードが足りなくなった場合は、[新しいコードを取得] を選択します。古いバックアップ コードのセットは自動的に無効になります。

ダウンロードしたバックアップ コードが見つからない場合は、 お使いのユーザー名が含まれる「Backup-codes-username.txt」をパソコンで検索します。ユーザー名が google123 の場合、「Backup-codes-google123.txt」と検索します。

バックアップ コードを使ってログインする

  1. バックアップ コードを探します。
  2. Gmail などの Google サービスにログインします。
  3. ユーザー名とパスワードを入力します。
  4. 確認コードを求められたら、[その他の設定] をクリックします。
  5. [8 桁のバックアップ コードのいずれかを入力する] を選択します。
  6. バックアップ コードを入力します。

各コードは 1 回しか使えないので、使用したコードに印を付けておきます(省略可)。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。