バックアップ コードを使用してログインする

スマートフォンを紛失した場合や、SMS、通話、Google 認証システムのいずれでもコードを受け取れない場合、バックアップ コードを使用して Google アカウントにログインできます。

重要:

  • バックアップ コードを使用してログインすると、そのコードは無効になります。
  • 必要なときにいつでも、10 個のバックアップ コードの新しいセットを取得できます。新しいコードのセットを作成すると、古いセットは自動的に無効になります。
  • バックアップ コードを使用するには、2 段階認証プロセスを有効にする必要があります。

バックアップ コードの作成と検索

バックアップ コードを安全な場所に保管するには、バックアップ コードのコピーを印刷します。

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ を開きます。
  2. メニュー アイコン メニュー 次の操作 [設定] 次に お使いのアカウントの名前 次の操作 [Google アカウントの管理] をタップします。Gmail を使用していない場合は、myaccount.google.com にアクセスします。
  3. 上部の [セキュリティ] をタップします。
  4. [Google へのログイン] で [2 段階認証プロセス] をタップします。ログインを求められることがあります。
  5. [バックアップ コード] で、次へアイコン をタップします。
  6. ここでは以下の操作を行えます。
    • バックアップ コードを取得する: バックアップ コードを追加するには、[バックアップ コードの取得] をタップします。
    • 新しいバックアップ コードのセットを作成して古いコードを無効にする: 新しいコードを作成するには、更新アイコン をタップします。
    • バックアップ コードを削除する: バックアップ コードを削除して自動的に無効にするには、削除アイコン 削除 をタップします。
    • バックアップ コードをダウンロードする: [コードをダウンロード] をタップします。
    • バックアップ コードを印刷する: [コードを印刷] をタップします。

ヒント:

  • バックアップ コードが盗難されたと考えられる場合や、コードが不足している場合は、新しいセットを作成してください。新しいコードのセットを作成するには、[更新] をタップします。
  • 新しいコードを作成すると、古いセットは自動的に無効になります。

紛失したバックアップ コードを確認する

iOS デバイスで、ご自分のユーザー名の付いた Backup-codes-username.txt を検索します。たとえば、ユーザー名が google123 の場合、Backup-codes-google123.txt を検索します。この操作を行うには、お使いのデバイスにコードをダウンロードしておく必要があります。

バックアップ コードを使用してログインする

  1. バックアップ コードを見つけます。
  2. Google アカウントにログインします。
  3. [別の方法を試す] をタップします。
  4. [8 桁のバックアップ コードのいずれかを入力する] をタップします。
  5. 未使用のバックアップ コードのいずれかを入力します。
ヒント: 各コードは 1 回しか使えないので、使用したコードに印を付けておくことをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
70975
false
false