2 段階認証プロセスを無効にする

ログインにパスワードと確認コードを使うと、アカウントの安全性が高まります。2 段階認証プロセスを無効にすると、防壁が 1 枚取り除かれ、ログインに必要なのはパスワードだけとなるため、第三者がアカウントに不正にアクセスしやすくなります。

2 段階認証プロセスを無効にする

  1. アカウント情報の [ログインとセキュリティ] で [2 段階認証プロセス] を選択します。ユーザー名とパスワード、そして要求された場合は確認コードを入力してログインします。
  2. [オフにする] を選択します。
  3. 2 段階認証プロセスの無効化を確認するポップアップ ウィンドウが開きます。[オフにする] を選択します。

使用しないアプリ パスワードを取り消す

アプリが Google アカウントにアクセスすることを承認するために、アプリ パスワードを使用していた場合、2 段階認証プロセスを無効にするとエラーが発生することがあります。エラーが発生したら、Google アカウントのパスワードを再度入力してください。アプリ パスワードではなく、パスワードを使ってアプリにアクセスする設定に戻すことをおすすめします。アプリ パスワードを取り消す手順は次のとおりです。

  1. アカウント情報にログインします。
  2. [ログインとセキュリティ] で [Google へのログイン] を選択します。
  3. [アプリ パスワード] を選択します。 必要に応じてパスワードを再入力します。
  4. アプリ パスワードを取り消したいアプリや端末の横にある削除アイコン 削除 を選択します。

: アプリ パスワードを取り消した各アプリは、2 段階認証プロセスを有効にする前と同様、再度ユーザー名とパスワードを入力して承認する必要があります。アプリによってはアプリ パスワードの取り消しが認識されるまで時間がかかるため、次にそのアプリを使用する時点ではまだこの情報の入力を求められない場合があります。

また、このアカウントの認証に使用していたバックアップ コードをすべて破棄する必要があります。

hc_author_accounts

このヘルプページを作成したアカウント エキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひ以下からお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。