2 段階認証プロセスを無効にする

ログイン時にパスワードと確認コードの入力を必須とすることで、アカウントのセキュリティを強化できます。2 段階認証プロセスを無効にすると、ログインの際に必要なのはパスワードのみとなり、アカウントのセキュリティを脆弱にするおそれがあります。

  1. Google アカウントを開きます。
  2. [ログインとセキュリティ] で [2 段階認証プロセス] を選択します。ログインが必要となる場合があります。
  3. [無効にする] を選択します。
  4. 2 段階認証プロセスの無効化を確認するポップアップ ウィンドウが開きます。[無効にする] を選択します。

このアカウントにログインするために保存したバックアップ コードをすべて破棄します。

使用しないアプリ パスワードを取り消す

アプリ パスワードを使用してアプリが Google アカウントにアクセスすることを許可していた場合、2 段階認証プロセスを無効にするとエラーが表示されることがあります。エラーが表示された場合は、Google アカウントのパスワードを再度入力してください。

アプリ パスワードを取り消すことをおすすめします。

  1. Google アカウントにログインします。
  2. [ログインとセキュリティ] で [Google へのログイン] を選択します。
  3. [アプリ パスワード] を選択します。ログインが必要となる場合があります。
  4. アプリまたは端末の横にある削除アイコン 削除 を選択します。

アプリや端末に次回ログインしたときに、Google アカウントのユーザー名とパスワードの入力が求められます。アプリから入力が求められない場合は、アプリ パスワードの取り消しがアプリに反映されるまで時間がかかっている可能性があります。

hc_author_accounts

このヘルプページを作成したアカウント エキスパートに、記事の改善に関するフィードバックをぜひ以下からお送りください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。