Google でサードパーティ製のアプリやサービスとのデータ共有を安全に行う方法

Google アカウントとサードパーティ製のアプリやサービスのアカウントとの間でデータを共有し、利便性を向上させることができます。

重要: サードパーティとは、Google 以外の企業やデベロッパーを指します。信頼できるサードパーティとのみデータを共有してください。

注意点:

  • Google アカウントからサードパーティに共有されるデータについては、ご自身で確認できます。
  • 権限を付与しない限り、データは共有されません。
  • アクセス権はいつでも削除できます。サードパーティがすでに所有しているデータについては、削除をリクエストすることが必要になる場合があります。
  • Google が Google アカウントのパスワードをサードパーティ製のアプリやサービスと共有することはありません。

Google でログイン

「Google でログイン」機能により、既存の Google アカウントを使ってサードパーティ アカウントに簡単かつ安全にログインできます。

仕組み

重要: サードパーティとは、Google 以外の企業やデベロッパーを指します。信頼できるサードパーティとのみデータを共有してください。

「Google でログイン」機能を使用するには、[Google でログイン] ボタンまたは [続行] ボタンを選択します(サードパーティ製のアプリやサービスで利用可能な場合)。

サードパーティ製のアプリやサービスで「Google でログイン」機能を初めて使用する際に、新しいサードパーティ アカウントを作成します。そのサードパーティ製のアプリやサービスに次回アクセスしたときに自動的にログインできるようになります。

「Google でログイン」機能を使用したときに、Google アカウントのパスワードがサードパーティと共有されることはありません。

データを共有する方法

Google から共有されるデータ

「Google でログイン」機能を使用してサードパーティ アカウントにアクセスすると、Google アカウントからそのサードパーティに、名前、メールアドレス、プロフィール写真が共有されます。

メールアドレスは、Google アカウントとサードパーティ アカウントとの接続に使用されます。たとえば、次のような用途に使用されます。

  • 既存のアカウントの確認
  • 既存のアカウントへの接続
  • 新しいアカウントの作成

名前とプロフィール写真は、サードパーティ製のアプリやサービスでまだ新しいアカウントが設定されていない場合にそのアカウントの作成に使用されます。

重要: サードパーティ製のアプリやサービスは、該当するプライバシー ポリシーなどに記載されているその他の用途に、メールアドレス、名前、プロフィール写真を使用することがあります。

リクエストされる可能性があるその他のデータ

「Google でログイン」機能を使用することを選択したときに Google から共有されるデータのほかに、サードパーティは、

アカウントへの追加アクセス権をリクエストすることがあります。

サードパーティから共有されるデータ

「Google でログイン」機能を使用しても、Google がサードパーティ アカウントにアクセスすることはできません。

ただし、Google にサードパーティ アカウントの特定のデータにアクセスする権限を付与することを指定できる場合もあります。詳細

「Google でログイン」機能を管理する方法

Google アカウントへのアクセス権を持つサードパーティ製のアプリやサービス

便利な機能を使用できるよう、サードパーティ製のアプリやサービスに Google アカウントへのアクセス権を付与することができます。

たとえば、スマートフォンで撮影した写真を編集できるアプリをダウンロードした場合、写真の明るさを改善するためにフィルタを提示したり適用したりできるよう、そのアプリが、Google フォト ライブラリへのアクセス権をリクエストすることがあります。

仕組み

重要: サードパーティとは、Google 以外の企業やデベロッパーを指します。Google アカウントへのアクセス権は、信頼できるサードパーティにのみ付与してください。詳しくは、リスクについての説明をご覧ください。

サードパーティには、Gmail、ドライブ、カレンダー、フォトなど、Google アカウントのさまざまなサービス内のデータへのアクセス権を付与できます。

Google アカウントへのアクセス権を付与するかどうかを指定する前に、サードパーティに付与するデータアクセスのレベルと、サードパーティが実行できる操作を確認できます。

サードパーティは、次のような、Google アカウントへのさまざまなアクセス権をリクエストする可能性があります。

  • 基本的なプロフィールを取得する: Google アカウントでログインできる新しいサードパーティ アカウントの作成をサポートするため、サードパーティは、名前、メールアドレス、プロフィール写真をリクエストすることがあります。「Google でログイン」機能に対応しているサードパーティ製のアプリやサービスでこの機能を使用することを選択した場合は、基本的なプロフィールへのアクセス権が付与されます。
  • Google アカウントの情報を参照、コピーする: サードパーティ製のアプリやサービスは、連絡先、写真、YouTube 再生リストなどの情報を参照、コピーする権限をリクエストすることがあります。サードパーティによる Google アカウントへのアクセスを取り消すと、サードパーティは Google アカウントの情報にアクセスできなくなります。ただし、サイトやアプリがすでに所有しているデータについては、削除リクエストが必要になる場合があります。
  • Google アカウントのコンテンツを編集、アップロード、作成、削除する: サードパーティ製のアプリやサービスは、Google アカウントのコンテンツの編集、アップロード、作成、削除などのその他の権限をリクエストすることがあります。たとえば、映画編集アプリからは、動画を編集して YouTube チャンネルにアップロードする権限が求められ、予定計画アプリからは、Google カレンダーで予定を作成する権限が求められる可能性があります。
データを共有する方法

Google から共有されるデータ

Google アカウントへのアクセス権を付与するかどうかを指定する前に、サードパーティがどのようなデータをリクエストしているかを把握できます。

確認できる情報:

  • サードパーティがアクセス権をリクエストしている Google サービスやデータ。
  • サードパーティに付与するデータアクセスのレベルと、サードパーティが実行できる操作。

Google アカウントの目的のデータへのサードパーティのアクセスを許可するかブロックするかについては、ご自身で指定できます。サードパーティが、Google アカウントのさまざまな種類のデータやサービスへのアクセス権を求めている場合は、別々のリクエストを受け取って確認することになります。

サードパーティから共有される データ

サードパーティに Google アカウントへのアクセス権を付与しても、Google はサードパーティ製のアプリやサービスのアカウントにアクセスできません。

ただし、Google にサードパーティ アカウントの特定のデータにアクセスする権限を付与することを指定できる場合もあります。詳細

Google アカウントへのアクセス権を付与する前に 考慮すべきこと

Google アカウントへのアクセス権をサードパーティに付与すると、そのサードパーティは、機密性の高い個人情報の読み取り、編集、削除、共有を行えるようになる可能性があります。

Google アカウントへのアクセス権をサードパーティに付与する前に、該当するサードパーティ製のアプリやサービスのプライバシー ポリシーやセキュリティの開示をご覧になり、そのアプリやサービスがどのようにデータを使用し、データの安全性を保っているかを把握してください。

サードパーティは、Google アカウントの機密情報へのアクセス権を リクエストすることがあります

特に機密性の高い情報が含まれる Google サービスには、次のものがあります。

  • Gmail: メールには、連絡先の名前、私的な連絡や、医療レポートの添付コピーなど、機密性の高いドキュメントが含まれている可能性があります。
  • フォト: Google フォトのアルバムには、家族の写真や公式書類の写しなど、共有することや他のユーザーに公開することが望ましくない写真が含まれている可能性があります。また、多くの写真には場所や日付などのタグが自動的に付けられています。
  • ドライブ: Google ドライブには、個人的な写真、医療記録、財務記録、事業報告書やプレゼンテーションなど、アップロードした機密性の高いファイルが含まれている可能性があります。さらに、他のユーザーとドキュメントを共有している場合は、そのユーザーの名前や連絡先情報も Google ドライブに保存されています。
  • カレンダー: Google カレンダーには、予約やミーティングの場所、ゲスト、説明など、日課や非公開の予定に関する重要な情報が含まれている可能性があります。
  • コンタクト: Google コンタクトには、知り合いの名前、電話番号、住所、連絡先情報が含まれている可能性があります。

重要: サードパーティは、YouTube、広告、Google Fit など、他のサービスのセンシティブ データへのアクセスをリクエストすることもあります。

サードパーティには独自のポリシーが設定されています

Google アカウントへのアクセス権をサードパーティに付与する前に、以下の要素をご検討ください。

  • セキュリティ: サードパーティのサーバーが侵害を受けた場合、権限のないユーザーがお客様のデータにアクセスする可能性があります。サードパーティに Google アカウントへのアクセスを許可すると、お客様のデータがサードパーティ独自のサーバーにコピー、保存される場合があります。Google では他社のサーバー上のデータを保護できないため、お客様のデータのセキュリティやプライバシーのリスクが高まるおそれがあります。
  • データの使用: 他者と共有されるなど、自明ではない方法でサードパーティがデータを使用する可能性があります。
  • データの削除: サードパーティによっては、お客様のデータをサーバーからすばやくまたは自動的に削除できない可能性があります。また、サードパーティ製アプリで作成したアカウントを削除することが困難な場合もあります。
  • ポリシーの変更: ポリシーや機能が変更された場合にお客様に直接通知しないサードパーティもあります。
  • データの公開設定: サードパーティによっては、そのサードパーティと共有した Google アカウントのデータを確認できる人がいる場合があります。サードパーティのプライバシー ポリシーをご覧になり、データへのアクセス権を持つ人に問題がないことをご確認ください。

サードパーティ製のアプリやサービスは、Google で確認されていない可能性があります

お客様の機密情報へのアクセスをリクエストするサードパーティ製アプリは、データを安全に保つための Google のポリシーを遵守しているかどうかについて Google の審査を受けていない可能性があります。たとえば、開発中のサードパーティ製アプリや一般公開されないサードパーティ製アプリは、Google の審査を受けていないことがあります。

Google の審査を受けていないサードパーティ製のアプリやサービスで、サードパーティが Google アカウントへのアクセスをリクエストした場合、警告が表示されることがあります。警告が表示された場合は、そのサードパーティを信頼していない限り、データを共有しないでください。

セキュリティ診断を使用して、未確認のアプリが Google アカウントにアクセスできるようになっていないかどうかを特定できます。

管理する方法

Google がアクセスできるリンクされたサードパーティ アカウント

サードパーティ製のアプリやサービスのアカウントを Google アカウントにリンクできます。リンクすると、Google アカウントにログインしているデバイスでそのサードパーティ製のアプリやサービスを操作できるようになります。

たとえば、ストリーミング音楽サービスを Google アカウントにリンクすると、Google アシスタントを利用して、音楽サービスで音楽を再生したりポッドキャストを中断したところから再開して最後まで聞いたりできます。

仕組み

重要: サードパーティとは、Google 以外の企業やデベロッパーを指します。

サードパーティ製のアプリやサービスを Google アカウントにリンクすると、Google アシスタントやその他の Google サービスを使用してそのアプリやサービスにアクセスして操作できるようになります。サードパーティのアカウントと Google アカウントのリンクは、以下のようなさまざまな場所から行えます。

  • Google アシスタント アプリ
  • Google Home アプリ

データを共有する方法

サードパーティから共有される データ

データを共有する前に、Google にサードパーティ アカウントへのアクセス権を付与するかどうかを指定できます。サードパーティに応じて、以下を確認できることがあります。

  • Google がアクセスできるアカウントの部分(ある場合)。
  • Google に付与するアカウントのアクセスレベル(ある場合)。
  • Google が行える操作。

サードパーティは、Google に対し、リンクされたサードパーティ アカウントの関連データを参照することに加え、編集することも許可する場合があります。これにより、お客様は Google を使用してサードパーティ製のアプリやサービスにアクセスして操作できるようになります。

サードパーティから付与される可能性があるアカウント アクセスの種類

サードパーティ製のアプリやサービスで作成したアカウントへの以下のようなさまざまな種類のアクセス権を Google に付与することができます。

  • 作成したアカウントの種類の参照このアクセス権を使って、Google は、お客様の定期購入やアカウントの種類に基づいて、お客様がアクセスできるコンテンツや機能を確認できます。
  • コンテンツの参照、編集。このアクセス権を使って、Google は、コンテンツの検索やストリーミング、プレイリストの編集などの操作を行えます。また、あるデバイスで開始した動画を中断し、別のデバイスで中断したところから再開することもできます。
  • 購入履歴の参照。ショッピングのアプリやサービスで、このアクセス権を使って Google はショッピング カートに適切なアイテムを入れることができます。

Google におけるサードパーティ アカウントへのアクセス権の用途の例

Google は、次のような操作をサポートするためにサードパーティ アカウントのデータへのアクセス権を使うことがあります。

  • Google アシスタントを利用して、購入した音楽を再生したり、リンクされた音楽ストリーミング アプリのプレイリストに曲を追加したりする。
  • Google 検索を使用して、リンクされた動画ストリーミング アプリから番組を探し、中断したところから再生を再開する。
  • Google アシスタントを利用して、スマート電球のオン / オフを切り替える。

Google から共有されるデータ

サードパーティで作成したアカウントへのアクセス権を Google に付与すると、そのアカウントから Google にデータが共有されます。

場合によって、サードパーティは Google からデータを受け取ることもあります。たとえば、サードパーティはお客様に対し以下のようなことを求める場合があります。

管理する方法

一般に、Google アカウントにリンクされているサードパーティ アカウントの検索、リンク解除を行うには、Google アカウントの [リンクされているアカウント] にアクセスしてください。

詳しくは、Google とリンクしたサードパーティ アカウントを管理する方法についての説明をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。