スイッチ アクセスを使用する場合のヒント

スイッチ アクセスをセットアップしたら、次のヒントを参考に利用を開始します。

基本操作

自動スキャンを使用する場合
  1. スキャンを開始するには、スイッチを押します。
  2. 選択対象の項目がハイライト表示されたら「選択」スイッチを押します。
ステップ スキャンを使用する場合
  1. スキャンを開始するには、「次へ」スイッチを押します。
  2. 選択対象の項目がハイライト表示されるまで「次へ」スイッチを押し続けます。
  3. ハイライト表示された項目を選択するには、「選択」スイッチを押します。
グループ選択を使用する場合
  1. スキャンを開始するには、スイッチを押します。
  2. 選択対象の項目を見つけます。その項目が含まれるグループをハイライト表示している色を特定します。
  3. その色に対応するスイッチを押します。
  4. 項目が選択されるまでステップ 2~3 を繰り返します。
  • ハイライト表示の色は、スイッチを押すたびに変わります。

ハイライト表示をクリアしてスキャンをリセットするには、次のいずれかを行います。

  • [メニュー] 次に [キャンセル] を選択します。
  • ハイライト表示された項目に対応しないスイッチがあれば、それを押します。

グローバル メニュー

画面のスキャン中に [メニュー] ボタンを選択すると、以下の操作オプションを含むグローバル メニューが開きます。

  • 戻る: 前のページに戻ります。キーボードが表示されている場合はキーボードを非表示にします。
  • ホーム: ホーム画面に移動します。
  • 最近: 最近開いたアプリを表示します。
  • 通知: 通知シェードを開きます。
  • クイック設定: デバイスのクイック設定パネルを表示します。
  • 音量: デバイスの音量を変更します。
  • 自動選択を有効にする自動選択を無効にする:
  • ポイント スキャンポイント スキャンを終了:
  • キャンセル: 操作をせずにグローバル メニューを閉じます。

グローバル メニューの各オプションは、以下のとおりデバイス画面での操作に対応します。

  • 戻るホーム最近: デバイスのナビゲーション バーのボタン
  • 通知: 画面上部から下へのスワイプ
  • クイック設定: 通知が表示された状態での画面上部から下へのスワイプ

グローバル メニューは、項目の非表示、表示、移動といったカスタマイズが可能です。これを活用すれば、より速く必要な機能にアクセスできるようになります。グローバル メニューの項目を非表示にする方法は以下のとおりです。

  1. [メニュー] を選択してグローバル メニューを開きます。
  2. グローバル メニュー下部の [メニューの編集] 次に [項目を隠す] を選択します。
  3. 非表示にする項目を選択します。
  4. 変更を保存するには、[完了] を選択します。
  5. 変更を破棄するには、[キャンセル] を選択します。

以下のようにして、グローバル メニューの項目を並べ替えることもできます。

  1. [メニュー] を選択してグローバル メニューを開きます。
  2. グローバル メニュー下部の [メニューの編集] 次に [項目を移動] を選択します。
  3. 移動する項目と移動先の場所を選択します。
  4. 移動する項目それぞれに対してステップ 4~5 を行います。
  5. 変更を保存するには、[完了] を選択します。
  6. 変更を破棄するには、[キャンセル] を選択します。

自動選択

グローバル メニューには、タップによる [自動選択を有効にする] または [自動選択を無効にする] オプションが含まれています。

  • 「自動選択」が有効: 画面上の項目をタップすると、その項目が自動的に選択されます。
  • 「自動選択」が無効: 複数の操作が可能な場合は、項目をタップすると「操作」メニューが開きます。実行可能な操作が 1 つのみの場合は、項目をタップするとその操作が実行されます。

操作メニュー

複数の操作が可能な項目をタップした場合、自動選択が無効であれば操作メニューが開きます。このメニューには、[展開]、[折りたたむ]、[選択]、[長押し]、[前方スクロール]、[後方スクロール]、[切り取り]、[コピー]、[貼り付け] といったオプションが表示されます。

操作メニューを使用する際のヒントを以下に示します。

  • 項目を複数の方向にスクロールできる場合は、それぞれの方向に対応するスクロール オプションが表示されます(前方や後方など)。
  • 同じ場所にある複数の項目に同一の操作を行える場合、操作メニューにはその操作オプションが複数(該当する操作を行える項目ごとに 1 つずつ)表示されます。それぞれの操作は、「スクロール(1)」、「スクロール(2)」のように番号付きで表示されます。どの操作を選択すればよいかわからない場合は、1 番目の操作を試してください。必要に応じて、メニューを再度開いて 2 番目を試します。
  • テキスト項目の場合は、操作メニューに [切り取り]、[コピー]、[貼り付け]、[ハイライト表示]、[前へ]、[次へ]、[削除]、[元に戻す] などのオプションが表示されます。 
  • 操作を実行せずにメニューを閉じるには、[キャンセル] を選択します。

ポイント スキャン

ポイント スキャンを使うと、画面上の特定の場所を選択してタップ、スワイプ、ズームすることができます。画面上を縦方向と横方向に移動する線を使って、特定の位置を選択できます。

ポイント スキャンの使用方法は以下のとおりです。

  1. 通常の方法で画面のスキャンを開始します。
  2. [メニュー] 次に [ポイント スキャン] を選択します。
  3. 選択」スイッチを押してポイント スキャンを開始します。
    • 自動スキャンを使用する場合は、このステップと次の 2 ステップで自動スキャン スイッチを使用します。
  4. ポイント スキャン用の線が縦方向の適切な位置に達したら、「選択」スイッチを押します。
  5. ポイント スキャン用の線が横方向の適切な位置に達したら、「選択」スイッチを押します。
  6. 「操作」メニューに移動して操作を選択します。
  7. ポイント スキャンを停止するには、[メニュー] 次に [ポイント スキャンを終了] を選択します。

 

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
717068
false