ユーザー補助検証ツールの結果を判読する方法

ユーザー補助検証ツールは、アプリのユーザー補助機能の改善点について以下のような可能性を提案します。

コンテンツ ラベル

ユーザー インターフェースのコントロールの多くは、そのコントロールの意味や使用法を示す視覚的なヒントに頼っています。こうしたヒントは、目の不自由なユーザーにはわかりにくいおそれがあります。

コンテンツ ラベルを使うと、ユーザー インターフェースのコントロールが利用しやすくなります。コンテンツ ラベルは画面には表示されませんが、目の不自由なユーザーが TalkBack などのスクリーン リーダーのようなユーザー補助機能サービスを使って利用することができます。

ユーザー補助検証ツールは、コンテンツ ラベルの以下のような可能性を探します。

  • アイテムのラベルの欠落
    スクリーン リーダーがフォーカスできる View のうち、View または下位階層の関連 View で読み上げる説明が設定されていないものを特定します。詳しくは、コンテンツ ラベルをご覧ください。
  • タイプや状態のラベルを付けたアイテム
    View に冗長な説明がある事例を特定します。詳しくは、タイプや状態のラベルを付けたアイテムをご覧ください。
  • アイテムの説明の重複
    説明が完全に重複する View が階層に含まれていないかどうかを特定します。たとえば、フォーカス可能な 2 つの異なるボタンの説明がどちらも「その他のオプション」であると、ユーザーの混乱を招く可能性があります。詳しくは、説明の重複をご覧ください。
  • リンクの目的が不明確
    「ここをクリック」など、情報に欠けるリンクテキストを特定します。詳しくは、不明確なリンクテキストをご覧ください。
実装

ユーザー補助検証ツールは、View の階層構造を調べて、身体の不自由なユーザーがレイアウトで操作しにくいような事例を特定します。

  • クリック可能なリンク
    UrlSpans ではない ClickableSpan の使用を特定します。詳しくは、クリック可能なリンクをご覧ください。
  • クリック可能な View の重複
    他のクリック可能な View とスクリーン上の同じ位置を共有するクリック可能な View を特定します。詳しくは、クリック可能な View の重複をご覧ください。
  • 編集可能なアイテムラベル
    EditTexts と編集可能な TextViews のうち、contentDescription が空欄でないものを特定します。詳しくは、編集可能な View ラベルをご覧ください。
  • サポートされていないアイテムタイプ
    ユーザー補助機能サービスでサポートされていないアイテムタイプを特定します。詳しくは、サポートされていないアイテムタイプをご覧ください。
  • 移動順序
    スクリーン リーダーやその他のユーザー補助機能サービスに影響を与える可能性のある、アイテムの移動順序の潜在的な問題を特定します。詳しくは、移動順序をご覧ください。
タップ ターゲットのサイズ

ユーザー補助検証ツールは、身体の不自由なユーザーがタップしにくいような小さなタップの対象を探します。

  • タップ ターゲットのサイズ
    クリックや長押しが可能な View のうち、48 x 48 dp より小さいもの、または入力方法のウィンドウ内または画面の端に寄せられている View の場合は 32 x 32 dp より小さいものを特定します。ユーザー補助検証ツールの設定で最小サイズを変更できます。詳しくは、タップ ターゲットのサイズをご覧ください。
低コントラスト

ユーザー補助検証ツールは、目の不自由なユーザーがアプリを利用しやすくするために、カラー コントラスト比の改善を提案します。

  • テキストと画像のコントラスト
    テキストの色と背景色(TextView が空欄ではない場合)または前景色と背景色(ImageView の場合)のコントラスト比が 3.0 未満のテキストや画像を特定します。ユーザー補助検証ツールの設定で最小比率を変更できます。詳しくは、色のコントラストをご覧ください。

ユーザー補助機能について

詳しくは、Android デベロッパー向けのユーザー補助機能に関するドキュメントをご覧ください。