さまざまなビジュアル コンテンツを使用してプレゼンテーションを効果的に見せる

1. プレゼンテーションへのビジュアル コンテンツの追加

黄色の線

Google スライド

画像と動画は、閲覧者の目に留まりやすく興味を引きます。グラフは、複雑な情報を簡単にわかりやすく要約します。Google スライドに組み込まれているビジュアル コンテンツを追加すれば、手間をかけることなくプレゼンテーションを効果的に見せることができます。
 

このセクションの内容:

1.1 画像を追加する
1.2 動画を追加する
1.3 グラフを追加する
1.4 切り替え効果とアニメーションを追加する

1.1 画像を追加する

黄色の線

次のいずれかを行います。

  • パソコンに保存した画像をスライド内にドラッグします。
  • 画像を追加アイコン "" または [挿入] 次に [画像] を選択して、目的の画像のある場所を選択します。画像をダブルクリックして追加します。
  • プレゼンテーションの下部にあるデータ探索アイコン [データ探索] を開く をクリックします。目的の画像に関連するテキストを検索します。[画像] をクリックし、画像にカーソルを合わせ、追加アイコン "" をクリックします。
画像を挿入する

1.2 動画を追加する

黄色の線

  1. [挿入] 次に [動画] をクリックします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • [検索] タブで検索キーワードを入力し、検索アイコン "" をクリックします。
    • [URL] タブで、YouTube 動画の URL を入力します。
    • [Google ドライブ] タブで、[マイドライブ]、[共有アイテム]、[最近使用したファイル] のいずれかを選択します。表示された結果から動画を選択するか、ドライブの検索ボックスに動画の情報を入力します。
  3. [選択] をクリックします。

[挿入] > [ビデオ] をクリックすると開く、[検索]、[URL]、[Google ドライブ] タブのあるウィンドウ。[YouTube] フィールドと [選択] オプションも表示されます。

1.3 グラフを追加する

黄色の線

棒グラフ、円グラフなどのタイプのグラフをスライドに追加するには、[挿入] 次に [グラフ] をクリックして選択します。

また、プレゼンテーションで Google スプレッドシートにグラフを直接挿入したり、編集したりできます。

グラフを挿入する

1.4 切り替え効果とアニメーションを追加する

黄色の線

次のスライドに移るときに、スライドをフェードインさせたり左右から滑らせたりして、視覚的なインパクトを与えることができます。アニメーションを使うと、図形、画像、テキストボックスに動きが加わります。ボタンをクリックすると、フェードインまたはフェードアウト、出現または消失、スライドインまたはスライドアウトといった各種効果が得られます。

スライドやプレゼンテーションに切り替え効果を追加するには:

1 切り替え効果を追加するスライドを選択します。
2 [表示] 次に [アニメーション] を選択します。
3 [スライド] の横にある矢印をクリックします。
4 切り替えの種類を選択します。
5 (省略可)切り替え効果をプレゼンテーション全体に適用するには、[すべてのスライドに適用] をクリックします。
6 (省略可)切り替え効果をテストするには、[再生] をクリックします。

スライドのオプション 1〜6

 

スライド内のテキスト、画像、図形をアニメーション化するには:

1 アニメーション化するオブジェクトを選択し、[挿入] 次に [アニメーション] を選択します。または、選択した画像、図形、テキスト ボックスを右クリックして [アニメーション化] を選択します。
2 アニメーションの種類を選択します。
3 アニメーションを開始するタイミングを選択します。
4 アニメーションの速度を指定します。
5 (省略可)同じスライド上のほかのオブジェクトをアニメーション化するには、目的のオブジェクトを選択して [アニメーションを追加] をクリックします。
6 (省略可)アニメーションを確認するには、[再生] をクリックします。

スライドのオプション 1〜6


アニメーションは、[アニメーション] ペインに表示されている順序で再生されます。順序を変更するには、リスト内でアニメーションを上または下にドラッグします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。