さまざまなビジュアル コンテンツを使用してプレゼンテーションを効果的に見せる

2. プレゼンテーションでのビジュアル コンテンツの編集

黄色の線

Google スライド

追加したビジュアル コンテンツに変更を加えたい場合があります。Google スライドなら、専用のソフトウェアがなくても画像を編集できます。
 

このセクションの内容:

2.1 画像を切り抜く
2.2 枠線を追加する
2.3 画像の色を調整する

2.1 画像を切り抜く

黄色の線

  1. 画像をクリックして選択します。
  2. 次のいずれかを行います。
    • 画像を切り抜くアイコン "" をクリックし、目的の位置までボックスをドラッグします。
    • 画像を図形に合わせて切り抜くには、画像を切り抜くアイコン "" の横の矢印をクリックして図形を選択します。
  3. (省略可)元の画像に戻すには、画像を選択して画像をリセット アイコン 画像をリセット をクリックします。
スライドで [グラフ] と [切り抜き] メニューを選択した状態

2.2 枠線を追加する

黄色の線

  1. 画像、図形、またはグラフを選択し、枠線の色アイコン 枠線の色 をクリックします。
  2. 枠線の色を選択します。
  3. (省略可)枠線の太さを調整するには、枠線の太さアイコン 線の太さ をクリックします。
  4. (省略可)枠線の種類を変更するには、破線の枠線アイコン 破線 をクリックします。
  5. (省略可)枠線を削除するには、枠線の色アイコン 枠線の色 をクリックし、[透明] を選択します。
スライドで [枠線] オプションを選択すると開く [色] パネル

2.3 画像の色を調整する

黄色の線

  1. 画像を選択し、[書式設定オプション] をクリックします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • 画像のサイズと位置を変更します。
    • 色を変更します。
    • 透明度、明るさ、コントラストを調整します。
    • ドロップ シャドウを追加します。
    • 鏡像設定を追加します。
  3. (省略可)これらの変更を元に戻すには、画像をリセット アイコン 画像をリセット をクリックします。
    • ドロップ シャドウまたは鏡像設定を元に戻すには、チェックボックスをオフにします。
画像を選択すると開く右側の [書式設定] オプション
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。