在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

共有ドライブのベスト プラクティス

1. 共有ドライブを使用したほうがよい場合

この機能をご利用いただけるのは、所属先の組織が対応している場合に限られます。詳しくは、管理者にお問い合わせください。
黄色の線

Google ドライブ

まず、共有ドライブとマイドライブのどちらを使用するかを決めます。

このセクションの内容:

1.1 マイドライブと共有ドライブの違い
1.2 共有ドライブを使用したほうがよい場合
1.3 共有ドライブの一般的な使用例

1.1 マイドライブと共有ドライブの違い

黄色の線

マイドライブと共有ドライブには主に次のような違いがあります。

 

マイドライブ

共有ドライブ

ファイルを追加できるユーザー

マイドライブを所有するユーザー。

投稿者アクセス以上の権限を持つすべてのメンバー。

ファイルやフォルダのオーナー

ファイルまたはフォルダを作成したユーザー。

チーム。

ファイルとフォルダの移動

可能。マイドライブ内でファイルやフォルダを移動できます。

  • 投稿者アクセス以上の権限があれば、マイドライブから共有ドライブにファイルを移動できます。
  • コンテンツ管理者アクセス以上の権限があれば、共有ドライブ内でファイルやフォルダを移動できます。
  • 管理者アクセスの権限があれば、共有ドライブ外や共有ドライブ間でファイルを移動できます。
  • フォルダをマイドライブから共有ドライブに移動する場合は、管理者にお問い合わせください。

共有ドライブにファイルを追加する方法について詳しくは、共有ドライブ スタートガイドをご覧ください。

パソコンとのファイル同期

可能。パソコン版 Google ドライブを使用します。

詳しくは、パソコン版ドライブでできることをご覧ください。

 可能。パソコン版 Google ドライブを使用します。

共有の仕組み

個々のファイルへのアクセス権限に応じて、フォルダに表示されるファイルはユーザーごとに異なることがあります。

共有ドライブのすべてのメンバーにすべてのファイルが表示されます。

ゴミ箱に移動したファイルの保持期間

ゴミ箱内にあるファイルとフォルダは 30 日後に完全に削除されます。[完全に削除] を選択して、ゴミ箱内のファイルを削除することもできます。

共有ドライブごとにゴミ箱があります。

  • コンテンツ管理者アクセス以上の権限があれば、ファイルをゴミ箱に移動できます。
  • ゴミ箱内にあるファイルとフォルダは 30 日後に完全に削除されます。
  • 管理者アクセスの権限があれば、30 日が経過していなくても完全にファイルを削除できます。

ファイルの復元

可能。ファイルのオーナーであれば復元できます。

可能。投稿者アクセス以上の権限があれば復元できます。

1.2 共有ドライブを使用したほうがよい場合

黄色の線

次のような場合は共有ドライブの使用を検討してください。

  • グループでプロジェクトやイベントに取り組んでいて、全員が同じファイルにアクセスする必要がある。
  • ほとんどのファイルを同じグループのメンバーと共有する。
  • ファイルのテーマやトピックが一貫している。
  • 保存するコンテンツが個人的なものではなく、特定のチームやグループにも関係するものである。

共有ドライブの概要

1.3 共有ドライブの一般的な使用例

黄色の線

共有ドライブの主な活用例は次のとおりです。

  • プロジェクト - 同じプロジェクトに関与しているユーザー用。
  • イベント - 特定のイベントや成果物で定義された期間に作業を行うユーザー用。
  • テンプレート - ユーザーがコピーや再利用を行えるファイル用。
  • 会社全体で使用するファイル - トレーニング向けファイルなど、全員がアクセスする必要があるファイル用。
  • 機密ファイル - 機密性の高いファイル用。セキュリティを強化してアクセスを制限できます。

共有ドライブの使用

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false