Chrome ブラウザのスタートガイド

Chrome ブラウザでできること

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください
黄色の線

Chrome ブラウザの概要 Gmail および Google カレンダーなどの G Suite サービスを職場または学校で使用する場合、通常はウェブブラウザで作業を行います。

Chrome ブラウザを使用すると、次のことができます。

  • テキストを入力するとすぐに表示される検索結果をカスタマイズできます。
  • ブックマークや設定をすべてのデバイスで同期できます。
  • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどの G Suite サービスを使用できます。
  • 写真エディタやプロジェクト管理ツールなどの Chrome ウェブストア拡張機能をブラウザに追加できます。

注: IT 管理者が組織での Chrome ブラウザの管理に Chrome ポリシーを適用している場合があります。管理者が Chrome ブラウザを管理しているかどうかを確認するには、アドレスバーに「chrome://settings」と入力します。該当する場合は、上部に「お使いのブラウザは組織によって管理されています」と表示されます。

必要なもの:
スヌーズ中 10 分
アカウント G Suite アカウント - アカウントをお持ちでない場合は、14 日間の無料試用をご利用ください。

Chrome を利用する: ウェブ版(google.com/chrome/)AndroidiOS
黄色の線

目次

セクション 1: Chrome ブラウザにアクセスする

1.1 Chrome ブラウザをダウンロードする

セクション 2: Chrome ブラウザを設定する

2.1 自分がどのアカウントでログインしているのかを確認する
2.2 Chrome ブラウザのプロファイルを作成する
2.3 ホームページと起動ページを設定する
2.4 ブックマークをインポートして管理する
2.5 Chrome ブラウザの設定を Google アカウントに同期する
2.6 個人データを管理する
2.7 通知をオンまたはオフにする

セクション 3: Chrome ブラウザを使用する

3.1 Chrome ブラウザで検索する
3.2 新しいタブまたはウィンドウを開く
3.3 アプリを使用する
3.4 拡張機能を使用する
3.5 ファイルをダウンロードする
3.6 ファイルを印刷する

セクション 4: Chrome ブラウザをカスタマイズする

4.1 背景テーマを選択する
4.2 アプリのショートカットを作成する
4.3 シークレット モードを使用する

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。