データ分析における G Suite の活用法トップ 10

グラフが表示されたタブレットや定規などのデータ分析ツール

グレーの線

1

データの概要をピボット テーブルで示す青色の線

スプレッドシートで自動的に提示される候補から、データに基づいたピボット テーブルを追加できます。ピボット テーブルを使うと、データの要約、パターンの発見、情報の再編成が簡単にできます。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

2

1 回のクリックでデータをグラフ化する青色の線

スプレッドシートのデータ探索機能を使用すると、データのパターンをすぐに見つけ出せます。データの一部のみが必要な場合は、その列またはセルだけを選択します。グラフはリアルタイムで更新され、スライドのプレゼンテーションに追加することもできます。

詳細

グレーの線

3

サイトの指標に基づいてデータ主導の意思決定を行う青色の線

ビジネスおよびマーケティングの意思決定は、顧客の分析情報を踏まえることで、より適切に行えます。ユーザーがどのようにサイトを見つけ、利用したかを把握して、ユーザーに何度も利用してもらうために、Google アナリティクスを使用します。そして、Google Script を使用して、データをスプレッドシートに読み込みます。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

4

共有データで個別に作業する青色の線

同じスプレッドシートを共同編集している場合にデータをフィルタしても、他のユーザーからのそのスプレッドシートの見え方は変わりません。複数のフィルタ表示を名前を付けて保存しておくと、後で簡単にアクセスして並べ替えることができます。また、その表示を共有して、他のユーザーが最も重要な情報をすぐに確認できるようにすることも可能です。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

5

データの更新を把握する青色の線

複数のユーザーが同じデータセットで作業していると、重要な変更点を見落としがちです。そのような場合、スプレッドシートの書式設定ルールを使用することによって、更新を把握できます。たとえば、セールスチームがスプレッドシートで収益を管理している場合は、目標を達成した時点でセルの色が変わるようにルールを設定します。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

6

大きなデータセットを検索する青色の線

スプレッドシートに大量のデータが含まれる場合、目的のデータを簡単には見つけられないことがあります。スプレッドシートの QUERY 関数を使用すると、データのフィルタリング、並べ替え、追加、値の検証を簡単に行うことができます。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

7

前のバージョンのデータに戻す青色の線

スプレッドシートのすべての下書きをドライブ内の 1 か所に保存し、いつでも前のバージョンに戻すことができます。スプレッドシートを他のユーザーと共同編集している場合は、変更の内容や変更したユーザーを確認できます。

詳細

Google ドライブ

グレーの線

8

他のスプレッドシートからデータを読み込む青色の線

データが複数のスプレッドシートにまたがる場合は、スプレッドシートの IMPORTRANGE 関数を使用して、すべてのデータを 1 つのスプレッドシートに統合できます。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

9

数式を使ってすばやく計算する青色の線

データセットの平均値、最大値、最小値を把握したいときは、スプレッドシートの関数を使用して、これらの値をすぐに計算できます。財務分析のために特定の株価を追跡して変動を確認することもできます。また、GOOGLEFINANCE 関数を使用すれば、今後の株式の傾向を予測することも可能です。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

10

スクロール時に見出しを表示したままにする青色の線

チームで詳細なプロジェクト計画を作成している場合や、大量のアカウント データを入力している場合は、列の見出しをスプレッドシートに固定して、表示するデータを常に把握することができます。

詳細

Google スプレッドシート

グレーの線

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。