小売業における G Suite の活用法トップ 10

まだ G Suite をご利用でない場合は、ぜひ無料試用をお申し込みください。

さまざまな小包やデバイスなど

グレーの線

1

ブランドと製品のデジタル資産をパートナーと安全に作成、管理する青色の線

販売店が作成、管理するデジタル コンテンツの量は、増加の一途をたどっています。画像、ロゴ、動画などのリッチメディア資産をすべての小売チャネルで代理店とともに管理し、ルックブックで最新の商品ラインアップを紹介したり、カタログを作成して配布したりしましょう。Google ドライブはクラウドに同期されるため、関係者全員が常に最新のコンテンツにアクセスできるようになります。また、ドライブの共有機能とアクセス制御により、外部の広告代理店やベンダーとの連携を容易かつ安全に行うことができます。

お客様事例

Astley Clark(英語)

方法

グレーの線

2

店舗の従業員のトレーニングを時間や場所を問わずに任意のデバイスから行う青色の線

自習型のトレーニング ポータルを構築すれば、場所、勤務時間、担当製品に関係なく従業員をトレーニングできます。製品発売の動画、マーケティング キャンペーン、販売促進活動、店舗の返品ポリシー、安全手順などのファイルを Google ドライブに保存して Google サイトに組み込みます。ライブのトレーニングが必要な場合は、Hangouts Meet を使って世界各地から参加できる仮想トレーニングを開催すれば、時間と出張費用を節約できます。トレーニングは録画しておいて後で公開することも可能です。

お客様事例

Commune Hotels(英語)

方法

グレーの線

3

ソーシャル ネットワークを活用して本社と店舗の従業員間での情報共有を促進する青色の線

組織内で Google+ ソーシャル コミュニティを使用することで、従業員が互いに学び合ったり、店舗の売り上げ増加のためのアイデアを共有したりできます。また、効率のよいプロセスの確立や新製品に対するフィードバックを行いながら、コミュニティとしての一体感を持つこともできます。

お客様事例

Premier Foods(英語)

方法

Google+

グレーの線

4

販売員のカスタマー サービス向上に役立つツールを用意する青色の線

店舗で顧客に優れたサービスを提供するために必要なツールを販売員に提供しましょう。お客様の質問に答えるときやおすすめの商品を紹介するときに、販売員はスマートフォンやタブレットから Google ドライブや共有ドライブを開き、製品仕様、プロモーション、動画、よくある質問などの資料を確認できます。販売員が他の専門的見解を必要としている場合は、Google+ に質問を投稿して同僚から意見をもらうこともできます。

お客様事例

Design Within Reach(英語)

方法

グレーの線

5

店舗の運営プロセス管理をオンラインで任意のデバイスから行う青色の線

業務運営とプロセスのすべてをオンラインに移行して、店舗業務のプロセスを合理化しましょう。Google フォームを使用すれば、製品のリコールや、休暇リクエスト、消耗品の注文、企業ポリシーの承認などのオンライン フォームをわずか数分で作成できます。これらのフォームは簡単に更新できるうえ、キオスク、パソコン、モバイル デバイスからアクセスすることが可能です。

お客様事例

Celio(英語)

方法

Google フォーム

グレーの線

6

すべての店舗と従業員のタスクやスケジュールをオンラインで管理する青色の線

複数の店舗に多数の従業員が分散していると、タスクとスケジュールの管理に時間がかかります。Google スプレッドシートGoogle カレンダーを使用して動的なスケジュールを作成すれば、タスクの計画を立てて分担したり、完了状況を記録したり、例外事項を管理したりすることが可能です。店舗の従業員は、モバイル デバイスやウェブブラウザからリモートでスケジュールにアクセスできます。タスクのフィードバックや更新が必要な場合は、従業員が直接スプレッドシートでコメントを追加したりステータスを更新したりできます。

お客様事例

Specsavers(英語)

方法

グレーの線

7

主要な資産の管理を一元化して、従業員が重要な更新情報やドキュメントをすべて 1 か所で参照できるようにする青色の線

社内ニュース、役員のブログ記事、プロジェクト スケジュール、製品ドキュメント、地域と店舗全体の販売促進活動、オンライン フォーム、トレーニング コンテンツなどを、Google サイトで作成した 1 つのウェブサイトに集めます。これで、組織の重要な情報が 1 か所に集結し、全従業員が(または特定のグループのみが)いつでも、どのデバイスからでもアクセスできるようになります。

お客様事例

Travis Perkins(英語)

方法

Google サイト

グレーの線

8

店舗従業員の募集、面接、新人研修の時間を短縮する青色の線

従業員の離職率が高い販売店では、募集と新人研修に要する時間を短縮できれば経費の抑制につながります。応募者の情報を Google フォームで送信してもらい、候補者を絞り込んだら、Hangouts Meet で世界のさまざまな場所にいる候補者と面接しましょう。その後、新規従業員のチェックリストと研修内容を掲載した Google サイトのウェブサイトを利用して、新人研修プロセスを効率化します。

方法

グレーの線

9

共同作業とタスク管理を強化して、製品を短期間で市場投入する青色の線

Google ドライブや共有ドライブを利用すれば、製品設計書、試作模型、品質に関するガイドライン、重要業績評価指標(KPI)の共同作成と共有を安全なワークスペースで行うことができます。また、Google スプレッドシートのタスクリストやチームの Google カレンダーを共有して各作業を管理し、製品のデザインや材料に関するフィードバックを Google+ で従業員から集めることができます。さらに、Hangouts Meet で取引先とライブのビデオ会議を開けば、コミュニケーションが円滑になり、生産サイクルも短縮できます。

お客様事例

OVS(英語)

方法

グレーの線

10

店舗建設プロジェクトの管理と追跡を行う青色の線

店舗の物理的な占有面積は頻繁に変化します。新しい店舗を開くときも改装するときも、すべてのタスクをさまざまな社内部門や外部の請負業者との間で調整するのは大変な作業です。そんなときは、Google スプレッドシートGoogle カレンダーを共有して、タスクの割り当てとタイムラインを共同編集します。チームがさまざまな場所に分散していても問題ありません。Hangouts Meet を使えば、時間や場所に関係なくバーチャル会議を開催できます。

お客様事例

Tory Burch(英語)

方法

グレーの線

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。