Google Sync を使用して iOS で G Suite を利用する

Apple® iOS® の管理対象端末を使用しているが、その端末で Microsoft® Exchange ActiveSync(EAS)を利用した Google Sync を使用していない場合は、iOS 端末で G Suite のメール、カレンダー、連絡先を使用するをご覧ください。

管理者が Google Sync を設定している場合は、EAS と併用して、G Suite ツールにアクセスできます。お使いの端末で G Suite アカウントにログインすると、組織のモバイル管理に端末が登録されます。

登録されると、スマートフォン、タブレット、パソコンのいずれでも同じメール、予定、連絡先を見ることができます。

G Suite サービスを利用する

  1. iOS 端末で [設定] をタップします。
  2. 次のいずれかを行います。
    • [アカウントとパスワード] 次へ [アカウントを追加] とタップします。
    • iOS 10.3.3 以前の端末をご利用の場合は、[メール] 次へ [アカウント] をタップし、[アカウントを追加] をタップします。
  3. [Exchange] をタップします。
  4. G Suite のメールアドレスを入力し、[次へ] をタップします。
  5. [ログイン] をタップして G Suite にログインします。
  6. 次のいずれかを行います。
    • G Suite のパスワードを入力し、[次へ] をタップします。
      (メッセージが表示された場合は、画面の手順に沿って 2 段階認証プロセス(2SV)、シングル サインオン(SSO)、またはその両方を行います)
    • iOS 8.2 以前の端末を利用していて、組織がサードパーティの ID プロバイダが提供する 2SV や SSO を使用している場合は、手順に従ってアプリ パスワードを生成して入力します。

  7. [サーバー] の横に「m.google.com」と入力します。
  8. [ユーザ名] の横に G Suite の Gmail アドレスを入力し、[次へ] をタップします。
  9. 同期するサービス(Gmail、Google コンタクト、カレンダーなど)を選択します。
  10. [保存] をタップします。
    G Suite アカウントと同期する前に、管理者が端末を承認する必要がある場合は、メールが届きます。管理者が端末を承認するまでお待ちください。
    端末が承認されると、サービスのリストが表示され、設定を同期できるようになります。

同期するサービスを変更する

設定を変更するには、[設定] 次へ [アカウントとパスワード] 次へ [Exchange] の順にタップし、変更する各サービスのスイッチをオンオンまたはオフオフにします。

設定や同期の問題が発生した場合は、報告されている Google Sync の問題をご確認ください。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。