iOS のデバイス ポリシー プロファイルの機能

ご利用の Apple® iOS® 端末を業務に使用できるのは、データの安全性を保つためのセキュリティ プロファイルが端末にインストールされているためです。ドメインの管理者は、このプロファイルを利用してユーザーの端末の保護と管理を行います。プロファイルがインストールされると、管理者は下記を行えるようになります。

  • 各種の設定。
  • 情報の管理。
  • ポリシーの適用。
  • 利用を許可するアプリの指定。

プロファイルのインストールが完了すると、ご利用の端末と管理者が設定したポリシーが同期されます。これで、ご利用の端末から仕事用の情報にアクセスできるようになります。

詳細情報については、管理者にお問い合わせください。

デバイス ポリシー プロファイルを削除する

このプロファイルは、管理者による端末の保護と管理に役立つものです。プロファイルを削除すると、端末から仕事用のアカウントにログインできなくなる可能性があります。

  1. iOS 端末で [設定] 次に [一般] 次に [デバイス管理] をタップします。
  2. [Google Apps Device Policy ペイロード プロファイル] をタップします。
  3. [モバイル デバイス管理の削除] をタップします。
  4. [削除] をタップして確定します。

問題を解決する

Safari を開けない

Apple® Safari® が端末で無効になっています。Google Apps Device Policy のプロファイルをインストールするには、端末の [一般] 次に [機能制限] をタップして Safari を有効にする必要があります。

新しいペイロードが以前のペイロードと一致しない

端末上にすでに管理プロファイルが存在しています。問題を解決するには、端末の設定にアクセスして以前のプロファイルを削除します。次に [一般] 次に [デバイス管理] 次に [Google Apps Device Policy プロファイル] 次に [モバイル デバイス管理の削除] をタップします。

証明書の有効期限が切れている

証明書は自動更新されますが、端末が長期にわたってオフラインになっている場合は、証明書の期限が切れていることがあります。証明書を更新するには、iOS 端末 で [設定] をタップし、通知メッセージに沿って操作します。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。