GSMMO のクラッシュ レポートの送信

Google にクラッシュ レポートを送信するように指定すると、G Suite Migration for Microsoft® Outlook(GSMMO)の改善に役立ちます。G Suite Sync for Microsoft Outlook で初めてプロファイルを作成するときに [Send crash reports and usage statistics] チェックボックスをオンにしてください。スタンドアロンのパッケージをご使用の場合は、GSMMO で該当するチェックボックスをオンにしてください。GSMMO がクラッシュした場合、Google は GSMMO の改善に役立ち、問題の再発を防ぐのに役立つ可能性のあるデータを収集します。

クラッシュ レポート

GSMMO が使用中に予期せず終了した場合は、Google にクラッシュ レポートが送信されます。このレポートには、ご利用のシステムに関する情報のほか、次のような個人データが含まれることがあります。

  • ユーザーの名前とメールアドレス
  • ご使用の GSMMO のバージョン
  • GSMMO のクラッシュ時に実行していた関連するファイルやサービス
  • クラッシュ時に処理していたデータ(連絡先やメールの情報が含まれる可能性があります)

クラッシュ レポートを表示する

Google にお送りいただいたクラッシュ レポートはすべて、パソコン上のファイルに保存されています。レポートを開いて、Google に送信した具体的なデータを確認するには、次の手順を行います。

  1. C:\Users\your_user_name\AppData\Local\Temp(または %TEMP%)にアクセスします。
  2. テキスト エディタでファイルを開きます。

クラッシュ レポートの送信を無効にする

クラッシュ レポートの送信を停止する場合は、次のいずれかの操作を行います。

  • GSMMO のユーザー インターフェースで [Send crash reports] チェック ボックスをオフにします。
  • ClientMigration.exe コマンドラインに --nocrash_reporting 引数を追加します。
  • 次の手順に沿って Microsoft® Windows® レジストリを変更します。
    1. Windows の [スタート] メニューから [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「regedit」と入力します。
    2. レジストリの左側で HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Update\ClientState\{7DF3B6EE-9890-4307-BDE5-E1F3FCB09771} フォルダに移動します。
    3. レジストリの右側で [usagestats] を右クリックし、[修正] をクリックします。
    4. [値のデータ] に「0」と入力し、[OK] をクリックします。

    : 32 ビット版の Outlook® を 64 ビット版の Windows で実行している場合は、レジストリキーを 32 ビットのアプリケーション用の適切な場所で作成する必要があります。詳細については、レジストリを使用したオプションの設定の Windows レジストリを使用する手順をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。