Android デバイスで Google Apps Device Policy アプリを使用する

この記事は、G Suite をご利用のお客様を対象としています。詳しくは、G Suite についてのページをご覧ください。

Google Apps Device Policy アプリを Android 2.2 以降のデバイスに設定することで、セキュリティを強化できます。設定の完了後、G Suite 管理者がセキュリティ ポリシーを適用すると、ユーザーがデバイスを紛失した際にデバイスのデータをリモートで消去できるようになります。

すべて開く   |   すべて閉じる

Google Apps Device Policy アプリをダウンロードする

アプリのダウンロード

  1. Google Play ストア を開きます。
  2. Google Apps Device Policy を検索します。
  3. Google Apps Device Policy をタップします。
  4. 画面に表示された手順に従います。

アプリのインストール

  1. Google Play のアプリリストにアクセスします。
  2. [インストール] をクリックします。
  3. Google Apps Device Policy アプリをインストールする Android 2.2 以降搭載のデバイスを選択します。
  4. [インストール] をクリックします。
デバイスに Google Apps Device Policy アプリをインストールしたら、アプリの設定を行う必要があります。
アプリを設定する
  1. インストール通知または Google Apps Device Policy アイコン Google Apps Device Policy をタップしてアプリを開きます。
  2. (省略可)お使いのデバイスでまだ G Suite アカウントにログインしていない場合は、[アカウントを追加] をタップして次の手順を実施します。
    1. ユーザー名とパスワードを入力します。
    2. 2 段階認証プロセスをご利用の場合は、通常の G Suite パスワードではなく、アプリ パスワードの入力が必要になることがあります。詳しくは、アプリ パスワードについてのページをご覧ください。
    3. 利用規約とプライバシー ポリシーに同意します。
  3. (省略可)デバイスで複数の G Suite アカウントにログインしている場合は、左からスワイプし、アプリを設定するアカウントを選択します。
    注: 組織が所有するデバイスまたは仕事用プロファイルが設定されたデバイスに、管理対象の G Suite アカウントが複数追加されている場合は、アプリを設定するアカウントを 1 つ残し、それ以外はすべて削除する必要が生じる可能性があります。削除が必要な場合は、Android デバイスからアカウントを削除するをご覧ください。
  4. (省略可)アカウントの同期を求めるメッセージが表示されたら [次へ] をタップします。
  5. [次へ] をタップし、デバイスをサーバーに登録します。
  6. デバイス管理者として [有効にする] をタップして Google Apps Device Policy アプリを設定します。
    注: 管理者がユーザーの仕事用プロファイルの作成を必須としている場合は、プロファイルの設定を求めるメッセージが表示されます。詳しくは、アカウントの仕事用プロファイルの設定に関するページをご覧ください。
  7. [適用] をタップして確定します。
  8. (省略可)デバイス用の PIN を選択するなど、設定を変更する必要がある場合は、デバイスを有効にする前に [ポリシー] 画面で変更を行うようメッセージが表示されます。
  9. (省略可)管理者が、G Suite との同期を行う前にデバイスを承認することを必須としている場合は、[ステータス] 画面にデバイスが承認待ちの状態であることを示す通知が表示されます。管理者がデバイスを承認すると、デバイスに通知が送信されます。

Device Policy アプリの設定が完了すると、すべての G Suite データ(メール、カレンダー、連絡先など)がこのデバイスと同期されるようになります。また、デバイスを紛失した場合にリモートでデバイスを探したり、着信音を鳴らしたりするユーザーのデバイス管理機能を利用できます。組織で Android 5.0 以降を搭載したデバイス用にビジネス向け Android が設定されている場合は、お使いのデバイスに仕事用プロファイルを設定することもできます。

アプリをアンインストールする、または無効にする

自分のデバイスに Google Apps Device Policy アプリをインストールした場合、アプリはユーザー自身のものであり、自分でアンインストールすることができます。一方、Google Apps Device Policy アプリを自分のデバイスで有効にした場合、そのアプリはシステムのアプリであり、ユーザー自身でアンインストールすることはできません。ただし、アプリを無効にすることはできます。

Google Apps Device Policy アプリをアンインストールまたは無効にする方法は 2 つあります。1 つ目の方法では、アプリに関連付けられているすべてのアカウントの登録を解除してから、アプリをアンインストールまたは無効にします。

  1. Android デバイスで Google Apps Device Policy を開きます。
  2. [ステータス] 画面で、デバイスで登録したアカウントごとに [登録解除] をタップします。
  3. デバイスに応じて、次のいずれかに移動します。
    • [設定次に [アプリケーション] 次に [アプリケーションを管理]
    • [設定] 次に [アプリ]
  4. Google Apps Device Policy を選択します。
  5. [アンインストール] または [無効にする] をタップし、[OK] をタップしてアプリを削除します。

2 つ目の方法では、Google Apps Device Policy アプリを非アクティブにしてから、アプリをアンインストールまたは無効にします。

  1. Android デバイスで [設定] 次に [セキュリティ] に移動します。
  2. 次のいずれかをタップします。
    • デバイス管理者を選択
    • デバイス管理者
  3. Google Apps Device Policy をオフにします。
  4. [無効化] をタップします。
  5. [OK] をタップします。
  6. デバイスに応じて、次のいずれかに移動します。
    • [設定] 次に [アプリケーション] 次に [アプリケーションを管理]
    • [設定] 次に [アプリ]
  7. Google Apps Device Policy をタップします。
  8. [アンインストール] または [無効にする] をタップし、[OK] をタップしてアプリを削除します。

管理者がこのデバイスにデバイス ポリシーを適用している場合にユーザーが Google Apps Device Policy アプリをアンインストールまたは無効にすると、そのデバイスは G Suite アカウントと同期されなくなります。

トラブルシューティング

G Suite アカウントを追加しようとすると、「認証できませんでした。パスワードを再入力して、もう一度お試しください」というエラー メッセージが表示されます。

通知をタップし、G Suite のユーザー名とパスワードを入力します。

引き続きこのエラーが表示される場合は、アカウントで 2 段階認証プロセスが有効になっている可能性があります。この場合は、G Suite パスワードではなくアプリ パスワードを入力する必要があります。

アプリ パスワードを使用しても問題が解決しない場合は、G Suite 管理者にお問い合わせください。

ログインエラー(入力したパスワードが間違っている)

ドメインで Android 向けのデバイスポリシーが適用されている場合、お使いの Android デバイスで Google Apps Device Policy アプリをインストールして有効化されていないと、G Suite アカウントを追加するときにログインエラーが表示されます。この問題を解決するには、Google Apps Device Policy アプリのインストールと有効化についての記事をご覧ください。

組織でシングル サインオン(SSO)を使用している場合、ログイン方法の詳細については G Suite 管理者にお問い合わせください。

「操作が必要です」通知

Google Apps Device Policy アプリから「操作が必要です」通知が届く場合は、お使いのデバイスが組織のセキュリティ要件を満たしていない可能性があります。これを確認するには、Device Policy アプリを開きます。

  • 一部のポリシーに違反しているため、アカウントは無効になっています」と表示される場合は、デバイスの一部の設定を変更する必要があります。アプリの [ポリシー] に移動して、変更が必要な設定を確認してください。
  • 使用できるのは 1 つの管理アカウントのみです」と表示される場合は、デバイスに追加されている G Suite アカウントが多すぎます。管理対象の G Suite アカウントを 1 つ残して、他のすべてのアカウントをデバイスから削除する必要があります。詳しくは、Android デバイスからアカウントを削除するをご覧ください。
  • Device Policy アプリがサーバーと正常に同期されていない時間が 24 時間を超え、G Suite アプリの同期が停止した可能性があります。最後に同期が成功した時間を確認するには、Device Policy アプリの [メッセージ] に移動します。デバイスのネットワーク アクセスに一貫性がなかったり、デバイスでタスク マネージャ アプリが使用されていたりすると、同期が失敗することがあります。
  • 会社所有デバイスを使用するには、G Suite Business 以上のライセンスが必要です」というメッセージが表示される場合は、管理者はデバイスを使用する前に G Suite ライセンスをアップグレードする必要があります。

このデバイスはセキュリティに問題があるため、管理者が無効にしています。

ご使用のデバイスが不正使用されている場合に、このエラーが表示されます。たとえば、デバイスのルート化(デバイスの制限を解除する処理)が行われると、問題を解決するまで、企業アカウントとデバイスとの同期が停止されます。

Google Apps Device Policy アプリが同期されません。

デバイスがデバイス管理モードに設定され、バッテリー セーバーが有効になっている場合、Google Apps Device Policy アプリの同期は自動的に行われず、ポリシーの更新が届きません。管理者がデバイス ポリシーを更新した場合や、前回の同期から 24 時間以上経過した場合は、手動で同期するよう求めるメッセージが表示されます。デバイスがどのモードに設定されているか不明な場合は、G Suite 管理者にお問い合わせください。

Google Apps Device Policy アプリを使ってデバイスを管理する方法についての記事もあわせてご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。