GSMMO を使用したコマンドラインからの移行の実行

移行を実行するには、G Suite Migration for Microsoft® Outlook(GSMMO)ウィザードを使用するほか、コマンドライン ツールを使用する方法があります。この方法では、ユーザーが各自のデータを読み込むことができます(user-only 引数を使用します)。または、管理者が administrator-only 引数を使用して、ユーザーに代わってデータを移行することができます。

次に示す引数とパラメータを使用して、移行を実行します。各引数の前にダッシュを 2 個(--)付け、すべてのパラメータを二重引用符で囲みます。コマンドは 1 行で入力します。

次に例を示します。

ClientMigration.exe --nouse_gui --profile_name="outlook-profile-name"
--google_email="google-user-email"
--service_account_json_path="C:\Users\admin\privatekey.json"
--email_migration_start_date="2010-02-15"
引数... 指定するパラメータ 説明
--help パラメータは必要ありません。 ClientMigration.exe の引数を一覧表示します。
--crash_reporting パラメータは必要ありません。 クラッシュ レポートが自動的に Google に送信されます。詳しくは、GSMMO のクラッシュ レポートの送信をご覧ください。
--email_migration_start_date 日付を YYYY-MM-DD 形式で指定します。 この日付より前のすべてのメールを移行対象から除外します。
--email_migration_end_date 日付を YYYY-MM-DD 形式で指定します。 この日付より後のすべてのメールを移行対象から除外します。
--exclude_top_level_folders 除外するトップレベル フォルダのリストをカンマで区切って指定します。 移行対象から除外するトップレベル フォルダを指定します。
--force_restart パラメータは必要ありません。 前回のエラーの時点からではなく、最初から移行を再実行します。
--google_email データ移行対象の G Suite ユーザーのメールアドレス。 必須。
--migrate_deleted パラメータは必要ありません。 [削除済みアイテム] フォルダのメールを移行します。
--migrate_junk パラメータは必要ありません。 [迷惑メール] フォルダのメールを移行します。
--nocrash_reporting パラメータは必要ありません。 クラッシュ レポートが自動的に Google に送信されません。詳しくは、GSMMO のクラッシュ レポートの送信をご覧ください。
--noenable_calendar_migration パラメータは必要ありません。 カレンダー データを対象に含めずに移行を実行します。
--noenable_contact_migration パラメータは必要ありません。 連絡先データを対象に含めずに移行を実行します。
--noenable_email_migration パラメータは必要ありません。 メールデータを対象に含めずに移行を実行します。
--noenable_label_prefix パラメータは必要ありません。 PST ファイルからメールを移行するときに使用します。Outlook フォルダから移行するメール用に作成する Gmail ラベルに PST ファイル名をプレフィックスとして含めません。
--nouse_gui パラメータは必要ありません。 コマンドラインからユーティリティを実行します。既定は GUI モードです。
--nowait パラメータは必要ありません。 コマンドラインから実行するときに、Enter キーを待たずにツールを終了します。
--profile_name データ移行元の Microsoft Outlook プロファイル。 pst_file_names 引数(下記を参照)を使用する場合を除き、必須です。
--pst_file_names データ移行元の PST ファイルの完全修飾名のリストを "|" で区切って指定します。 profile_name 引数(上記を参照)を使用する場合を除き、必須です。
--service_account_json_path サービス アカウントの認証情報ファイルへのパス。 このファイルを取得する手順については、G Suite Migration for Microsoft Exchange 管理ガイドの「G Suite の設定」をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。