G Suite for Outlook スタートガイド

G Suite Sync for Microsoft Outlook

Google アカウントを職場、学校、その他のグループで使用している場合は、G Suite Sync for Microsoft® Outlook®(GSSMO)を使用して Google アカウントと Outlook を同期することができます。同期された Outlook の情報(Gmail のほか、Google ドライブなどの G Suite ツール)にはどの端末からでも Google アカウントを使用してアクセスできます。また、Outlook もこれまでどおり使え、大半のデータを管理できます。

Outlook から Google アカウントにデータを移動して、今後は Outlook を使用しない場合は、データ移行の詳細に関するページをご覧ください。

ステップ 1: GSSMO をインストールしてセットアップする

まず、GSSMO をインストールして Outlook で G Suite プロファイルを作成する必要があります。その後、既存の Outlook プロファイルや PST ファイルから Google アカウントにデータを読み込みます。

インストール、ログイン、データの読み込みをご覧ください。

ステップ 2: デフォルトの Outlook プロファイルを設定する

Outlook で G Suite プロファイルを自動的に開くことができるので、GSSMO を使用しやすくなります。

Google をデフォルトのプロファイルに設定をご覧ください。

ステップ 3: 同期対象のデータを確認する

メール、カレンダーの予定、連絡先が G Suite と Outlook の間で定期的に同期されます。その他のデータには、一部同期されないものがあります。また、G Suite では異なる形式で扱われるデータもあります。

Outlook と G Suite の間で同期されるアイテムをご覧ください。 

ステップ 4: GSSMO で Outlook を使用する場合の相違点を確認する

GSSMO を使用する場合は、Outlook の一部の機能に動作の違いがみられます。詳細は下記のページをご覧ください。

ステップ 5: G Suite のウェブ インターフェースを確認する

G Suite ウェブ インターフェースからではなく Outlook で Google アカウントにアクセスする場合の相違点を、以下のページでご確認ください。G Suite ウェブ インターフェースを使用する場合の設定内容についても確認できます。一部の G Suite の機能は Outlook とほぼ同じですが、動作が異なる機能もあります。どのような場合に Outlook を使用する必要があるかについても記載されていますので、あわせてご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。