Gmail ではサポートされない機能

Google Workspace Sync for Microsoft Outlook

以下の Microsoft Outlook の機能については、相当する機能がないため Gmail 内または Gmail のインターフェースでは使用できません。ただし Google Workspace Sync for Microsoft Outlook(GWSMO) を使用する場合には、特に注記がない限り、Outlook の Google Workspace プロファイルでこれらの機能を使用できます。

  • フォルダ内の投稿 - 投稿を Outlook のメールフォルダに保存しておけば、Outlook から閲覧できます。ただし、Gmail には表示されません。
  • メールフラグのフォローアップの日付とアラーム - Outlook でフラグが付いたメールには、Gmail ではスターが付けられます。ただし、フラグに関連付けられているフォローアップの日付とアラームは、Gmail では表示されません(Google のスターにはこれに相当する機能がありません)。
  • カテゴリの割り当て - Outlook のカテゴリに相当する機能は Gmail にはないため、Outlook でメールにカテゴリを割り当てても、Gmail では表示されません。
  • パブリック フォルダ - Outlook で使われているパブリック フォルダは Google Workspace ではサポートされていません。ただし、Google グループを使用して共同トレイを作成するか、Google ドライブのファイルとフォルダの共有を使用して、類似の機能を実装することはできます。
  • 重要度レベル - Outlook ではメールに [重要度: 高] または [優先度: 低] というマークを付けれらますが、Gmail では付けられません。
  • 配信確認メッセージ - Gmail からメールを送信する場合、配信確認の自動メッセージを受け取るよう設定することはできません。
  • 転送または返信の矢印 - Outlook では転送または返信したメールに小さい矢印のアイコンが表示されますが、Gmail ではこのようなマークは表示されません。
  • 受信トレイ内のメールの編集 - すでに受信(または送信)済みのメールの本文または件名を Outlook で編集しても、Gmail には反映されません。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。