紛失したデバイスや盗難にあったデバイスをリモートで管理する

この記事は G Suite をご利用のお客様を対象としています。G Suite の詳細

仕事用のデバイスの情報を確認して、紛失や盗難が発生した場合でも保護することができます。リモートで画面をロックしたり、パスコードをリセットしたりできます。Device Policy アプリをインストールしている場合、さまざまな操作が可能です。

始める前に

  • デバイスの紛失や盗難が発生した場合は、必ず組織の管理者に知らせてください。
  • 管理者にご相談いただいたうえで、デバイスを紛失した、または盗まれたと思われる場合にのみデバイスのワイプを行うようにしてください。デバイスをワイプすると、メール、カレンダー、連絡先といった会社や個人のデータが消去されます。ただし、デバイスの取り外し可能なストレージ(SD カードなど)に保存されているデータは削除されません。なお、会社の G Suite データには、ブラウザや許可されたその他のモバイル デバイスから引き続きアクセス可能です。
  • 管理者が [マイデバイス] ページにアクセスすることはできません。各ユーザーが G Suite アカウントにログインして、仕事用または個人用のモバイル デバイスに関する情報を確認する必要があります。
  • デバイスの電源がオンになっており、ネットワークに接続されている場合のみ管理できます。デバイスが機内モードの場合は管理できません。

デバイスをリモートで管理する

  1. [マイデバイス] のページに移動し、G Suite アカウントでログインします。
  2. 次のいずれかを選択します。
    • 有効なデバイスを表示するには、[有効] を選択します。
    • 過去 30 日間にデータ同期が行われていないデバイスまたはワイプされたデバイスを確認するには、[無効] を選択します。
  3. 管理するデバイスをクリックします。
    デバイスに関する情報が表示されます(詳しくは下記をご覧ください)。
  4. 右側にあるオプションを選択します。
    • デバイスをパスコードでロックするには、[画面のロック] をクリックします。
    • デバイスのロック解除に使用するパスコードをリセットするには、[パスコードをリセット] をクリックします。
    • デバイスからデータを消去するには、[デバイスデータを消去] をクリックします。この設定は、管理者が有効にしている場合にのみ、[マイデバイス] ページに表示されます。
    • 仕事用アカウントをワイプしてデバイスの機密データを保護するには、[アカウントのワイプ] をクリックします。アカウントがワイプされると、このページでは一切の操作を行えなくなります。
      仕事用プロファイルを設定していない場合や、従来の「デバイスの管理者」モードを使用していない場合に仕事用アカウントを削除すると、その仕事用アカウントをデバイスに再追加したときに、デバイスのすべてのアプリ(個人用アプリを含む)が削除されます。

表示できるデバイス情報

デバイスによっては、一部の情報が表示されない場合があります。

  • IMEI(完全な管理下にあるデバイスのみ) - 国際携帯機器識別番号。IMEI は、GSM または UMTS の SIM カードを使用するすべてのデバイスで表示できます。Wi-Fi 専用デバイスでは利用できません。メーカーにより固有の IMEI が提供されます。例: 353312073237119
  • MEID(完全な管理下にあるデバイスのみ) - 携帯機器識別番号。MEID は、CDMA2000 移動局装置の物理的なデバイスを識別する一意の番号です。メーカーにより固有の MEID が提供されます。例: 869461022533073
  • シリアル番号(完全な管理下にある Android デバイスのみ) - デバイス固有の番号で、メーカーから一意のものとして提供されます。
  • 管理モード(Android のみ) - 管理者によるデバイスの設定およびその他のポリシーの管理方法。
  • 承認ステータス - 組織のデータにアクセスするためのこのデバイスの現在のステータス(承認済み、未承認、保留中、ブロック済み)。
  • ポリシー ステータス - パスワード、暗号化のステータスなどの組織の要件をデバイスが満たしているかどうかを示します。業務用データにアクセスできるのはポリシーが最新の場合のみです。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。