通知

在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

ビジネス ミーティングを設定するためのヒント

Google Workspace 生産性向上ガイド
このページで紹介されている Google Meet の機能の中には、共同主催者の追加やライブ ストリーミングのように、特定の Google Workspace エディションでのみご利用いただける機能も含まれています。詳しくは、各エディションで利用できる Google Meet の機能をご覧ください。

目次


ビデオ会議の作成方法を選択する

赤色の線

Google カレンダー、Meet のランディング ページ(meet.google.com)、モバイルアプリ、チャット ウィンドウ、会議室用ハードウェア デバイス、その他の会議のエントリ ポイントから会議を作成できます。作成方法を選ぶ際のガイドラインは次のとおりです。

カレンダーでスケジュールを設定する

  • ゲストが簡単に会議に参加できるよう、ゲストのカレンダーに予定を作成します。
  • 主催者の権限が付与されます。
  • カレンダーの設定を使用して、会議の開始前にセキュリティ管理機能の設定と共同主催者の追加を行うことができます。
  • 組織外のゲストが参加をリクエストしなくても会議に参加できるようにします(Google アカウントへのログインが必要です)。

会議を今すぐ開始する

  • すぐに会議を開始します。会議の URL と参加用電話番号を取得し、他のユーザーに送信します。
  • 主催者の権限が付与されます。

会議の開始後に、セキュリティ管理機能の設定や共同主催者の追加を行うことができます。

meet.google.com にアクセスし、[新しい会議を作成] 次に [会議を今すぐ開始] を選択します。

ニックネームを使用する

誰が会議のオーナーまたは主催者であるかが重要な事項である場合、ニックネームの使用は推奨されません。

会議に「クイック同期」のような名前を付け、他のユーザーと共有します。組織内のすべてのユーザーが meet.google.com などの会議のエントリ ポイントにアクセスし、名前を入力して会議に参加できます。

組織外のゲストがニックネームを使用して会議に参加することはできません。組織外のゲストに対しては、主催者が会議コードまたは参加用電話番号と PIN が記載されたリンクを送信する必要があります。

警告: ニックネームでの会議では、最初にニックネームを入力して会議のエントリ ページ(控え室)に移動したユーザーが主催者になります。主催者になったユーザーは主催者用ボタンを設定できます。また、この主催者が録画ファイル、文字起こしファイル、出席レポートなどの会議のアーティファクトを所有します。

会議のアクセス設定を確認する

赤色の線

会議の主催者(ホスト)は、次の手順で主催者向けの管理機能と会議のアクセス制御を設定できます。

  • カレンダーの予定の作成または編集時 - ビデオ通話オプション アイコン 設定 をクリックします。
  • 会議中 - 右下の主催者用ボタン をクリックします。

会議のアクセス設定

赤色の線

会議のアクセス設定で、ゲストが会議に参加できるタイミングと、参加リクエストなしで会議に参加できるユーザーを選択できます。

主催者は他の参加者より先に参加する必要がある
有効 主催者は、最初に会議に参加する必要があります
オフ ゲストは主催者よりも先に会議に参加できます

 

会議へのアクセスの種類 参加リクエストなしで参加できるユーザー
開く
  • 会議のリンクを知っている全員
信頼できる
  • 会議のリンクを知っている主催者の組織内のユーザー
  • カレンダーのリンクから招待された外部ゲスト
制限付き
  • カレンダーのリンクから招待されたゲスト
  • 主催者によって会議内から招待されたユーザー

注: 会議のアクセス設定は、現在の会議にのみ適用されます。定期的な会議の設定は、設定を更新するまで、以降のすべての会議に適用されます。

クイック アクセスの代わりとなる設定を次に示します。

上記の設定([公開]、[信頼できる]、[制限付き])は、クイック アクセスの設定がある古いバージョンの Google Meet に代わるものです。この変更の前に予定されている会議は、次のように設定されます。

  • クイック アクセスが有効な場合 - 会議はデフォルトで [信頼できる] に設定され、ゲストは主催者よりも先に参加することができます。
  • クイック アクセスが無効な場合 - 会議はデフォルトで [制限付き] に設定され、主催者が参加するまでゲストは参加できません。

主催者向けの管理機能の設定

赤色の線

主催者向けの管理機能の組織のデフォルト設定は、Google 管理者が設定します。

会議の主催者(ホスト)は、主催者向けの管理機能をオンにして、会議の管理や会議へのアクセス制御を行うことができます。他の参加者に共同主催者になってもらい、管理権限を共有することも可能です。主催者向けの管理機能をオンにすると、他の参加者は一部の権限を失うことになりますのでご注意ください。詳しくは、以下の表をご覧ください。

  主催者向けの管理機能がオンの場合 オフ
操作 主催者と共同主催者のみ 組織内の全参加者
参加者を退出させる、またはミュートする 可能 可能
会議への参加リクエストの承諾 可能 可能
電話番号にダイヤルアウトして会議へ招待する 可能 可能
録画またはライブ ストリームを開始する 可能 可能
共同主催者を追加または削除する* 可能 NA

ロックを適用して主催者以外が以下を行えないようにする

  • 会議中にチャット メッセージを送信する
  • 画面を共有する
  • マイクをオンにする
  • 動画をオンにする
可能 NA
ワンクリックで全員をミュートする 可能 NA
会議を終了して全員を退出させる
(自分が退出するだけでなく)
可能 NA


* 共同主催者は元の主催者の権限を削除することはできません。詳しくは、共同主催者の追加に関する記事をご覧ください。

組織内のユーザーとの会議

赤色の線

ここでは、同じ Google Workspace 組織内のユーザーと会議を行う一般的なシナリオを紹介します。

組織内のすべてのユーザーが会議に参加できるようにする

作成

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定するか、会議を今すぐ開始します。
  • 必要に応じてゲストを招待します。

設定には次のものがあります。

  • 会議のアクセスタイプ: 信頼できる
  • 主催者は他の参加者より先に参加する必要がある: オフ

結果:

  • 組織内の全ユーザーが自動で会議に参加できます。
  • 主催者の参加前に他のユーザーが会議に参加できます。
  • 会議の作成者が主催者向けの管理機能を設定できます。

招待したゲスト、またはリクエストを承諾したゲストにのみ会議への参加を許可する

作成:

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定します
  • 信頼できるゲストをカレンダーの招待状に追加します。

設定には次のものがあります。

  • 会議のアクセスタイプ: 制限付き
  • 主催者は他の参加者より先に参加する必要がある: オン
  • 共同主催者: なし

結果:

  • 主催者が参加するまで他のユーザーは会議に参加できません。
  • カレンダーで招待されたゲストは自動で会議に参加できます。
  • 招待されていないユーザーが参加するには、参加リクエストを承諾してもらう必要があります。
  • 主催者のみが参加リクエストを承諾できます。

他のユーザーが管理者となり、自分は参加しない会議を作成する

作成:

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定します
  • 信頼できるゲストをカレンダーの招待状に追加します。
  • 共同主催者: Google カレンダーで会議を設定するときに、最低 1 人のゲストを共同主催者として追加します
設定には次のものがあります。
  • 会議のアクセスタイプ: 制限付き
  • 主催者は他の参加者より先に参加する必要がある: オン
結果:
  • 共同主催者が参加するまで他のユーザーは会議に参加できません。
  • 招待されたゲストは自動で会議に参加できます。
  • 招待されていないユーザーが参加するには、参加リクエストを承諾してもらう必要があります。
  • 共同主催者のみが参加リクエストを承諾できます。


委任されたユーザー: 委任されたユーザーとして他のユーザーのカレンダーを管理し、そのユーザーのメイン カレンダーで会議のスケジュールを設定すると、そのユーザーが会議の主催者になります。この場合、そのユーザーを共同主催者にする必要はありません。

複数のプレゼンターが参加する大規模な会議を管理する

会議中は、プレゼンターだけが画面を共有できるよう制限してください。[全員の音声をミュート] オプションを使って不要な背景雑音を抑制できます。

作成

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定します。
  • 信頼できるゲストをカレンダーの招待状に追加します。
  • 共同主催者: Google カレンダーで会議を設定する際に、プレゼンターを共同主催者として追加します
設定には次のものがあります。
結果:

プレゼンテーション中の各参加者の権限は以下のとおりです。

  • 招待されたゲストは自動で会議に参加できます。
  • 主催者や共同主催者は、招待されていないユーザーからの参加リクエストを承諾できます。
  • 主催者と共同主催者のみが画面を共有できます。

ヒント: ゲストのマイクから邪魔な背景雑音が聞こえる場合は、[全員の音声をミュート] オプションを使用して、会議の参加者をすばやくミュートできます。発言したい参加者は、自身でミュートを解除できます。右下にあるユーザー アイコン ユーザー 次に 全員の音声をミュート アイコン をクリックします。

ディスカッション パネルのライブ ストリーム

組織内のユーザーおよび Google 管理者が追加した信頼できるドメインに属しているユーザーだけがライブ ストリームを視聴できます。

作成

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定し、ライブ ストリームのオプションを追加します。ライブ ストリームのプレゼンターまたは参加者となるゲストを招待状に追加します。 共同主催者は任意です。
  • 複製して視聴専用のイベントを作成するオプションを選択できます。ライブ ストリームを視聴してもらいたいグループまたは個人を招待します。
  • その他の参加してもらいたいゲストにライブ ストリームのリンクを配布します。

具体的な手順については、ビデオ会議のライブ ストリーミングをご覧ください。

設定

参加者用のイベントを次のように設定します。

  • 会議のアクセスタイプ: 信頼できる
  • 主催者は他の参加者より先に参加する必要がある: オン
結果:
  • 招待を受けたゲストのみが、自分の映像や音声を会議で配信したり、自分の画面を共有したりできます。
  • 主催者または共同主催者が参加するまでは他の参加者は会議に参加できません。
  • 招待された参加者のみが自動的に参加できます。
  • 主催者または共同主催者のみがライブ ストリームを開始できます。
  • 招待された視聴者はカレンダーで予定を確認し、ライブ ストリームのリンクから参加できます。招待された視聴者は、イベント全体を通じて視聴のみ可能です。ライブイベントに切り替えたり、後からディスカッションに参加したりすることはできません。

外部ユーザーを会議に含める

赤色の線

Google Workspace 組織に属していないユーザーも会議の参加者に含めることができます。そのユーザーが Google アカウントにログインできない場合でも参加可能です。いくつかの方法を以下で紹介します。

外部ユーザーが自動で会議に参加できるようにする

外部ユーザーは Google アカウントにログインする必要があります。

作成

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定するか、会議を今すぐ開始します。
  • Google アカウントを持っている信頼できる外部ゲストを Google カレンダーの招待状に追加します。
設定には次のものがあります。
  • 会議のアクセスタイプ: 公開
  • 主催者は他の参加者より先に参加する必要がある: オフ
結果:
  • Google アカウントにログインしている外部ゲストは、会議に自動で参加できます。
  • 外部ゲストは主催者の参加前に会議に参加できます。

外部ユーザーを招待するが、招待されていないユーザーには参加リクエストを必須にする

作成:

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定します。
  • カレンダーの招待状に外部ゲストを追加します。
設定には次のものがあります。
  • 会議のアクセスタイプ: 信頼できる
結果:
  • 招待された内部または外部のゲストは自動的に参加できます
  • 招待されていない外部ゲストが参加するには参加をリクエストする必要があります
  • 組織内の参加者であれば誰でも参加リクエストを承諾できます。

Google アカウントにログインしていないユーザーに参加を許可する

ゲストが Google アカウントにログインできない場合でも、そのゲストとともにビデオ会議を行うことができます。

作成

  • カレンダーで会議のスケジュールを設定するか、会議を今すぐ開始します。
  • 会議のリンクと会議コードをゲストに送信します(会議コードはカレンダーの招待状、または [会議を今すぐ開始] の画面で確認できます)。
設定には次のものがあります。
  • 会議へのアクセス: 公開
  • 主催者向けの管理機能: オンまたはオフ
結果:
  • 会議のリンクを知っているユーザーなら誰でも会議に参加できます。会議への参加をリクエストする必要はありません。

共同主催者として追加: Google アカウントにログインしていない参加者も共同主催者にすることができます。対象のユーザーが会議に参加したら、ユーザーパネルを開いて共同主催者に追加します。ログインしていない共同主催者は、他の共同主催者と同じ権限を持ちます。ただし、他のゲストに招待状を送信することはできません。

コンパニオン モードで会議に参加し、画面共有を行う

赤色の線

サブ画面で会議に参加したい場合は、 コンパニオン モードの使用をおすすめします。

コンパニオン モードを使用した場合、以下のようになります。

  • サブ画面でハウリングが発生しないように、マイクは常にオフになります。
  • プレゼンテーションを見やすくするため、参加者グリッドが表示されなくなります。
  • [画面を共有] をクリックして画面を共有できます。
  • カメラをオンにするか挙手しない限り、自分の参加者タイルは他の参加者には表示されません。

コンパニオン モードの用途

Meet の音声と動画が有効な会議室にいる場合は、ノートパソコンからコンパニオン モードで会議に参加できます。コンパニオン モードで参加すると、以下のことが可能になります。

  • 画面共有時のハウリング防止
  • 挙手: 参加者グリッドに自分のタイルを表示させることで、発言の意思があることを他の参加者に伝える
  • チャットを使用する、アンケートや Q&A に参加する
  • 主催者用ボタンのオン / オフ

コンパニオン モードで会議に参加する

カレンダーの予定から会議にアクセスするか、または会議のリンクを使って会議にアクセスします。会議のエントリ ページ(控え室)で、次のいずれかを行います。

  • [コンパニオン モードを使用] をクリックします。会議室にいる場合は、チェックインして自分の名前と会議室の名前が参加者のタイルに表示されるようにします。
  • [画面共有] をクリックして、画面を共有した状態でコンパニオン モードで参加します。

詳しくは、コンパニオン モードに関する記事をご覧ください。

モバイル デバイスから会議に参加する

赤色の線

スマートフォンのモバイルアプリから参加する

スマートフォンの Meet のモバイルアプリまたは Gmail アプリからビデオ会議に参加できます。会議では、スマートフォンの音声と動画の機能を使用します。パソコンから参加する場合と同じアクセス権が与えられます。

電話の音声機能とパソコンの動画機能を使用する

ネットワーク接続が不安定な場合は、パソコンの音声機能ではなく電話を使用してパフォーマンスが向上するか試してみてください。動画には引き続きパソコンを使用します。

パソコンで次のいずれかの操作を行います。

  • 会議中の場合 - その他アイコン 次に [電話を通して音声を使用] をクリックします。
  • 会議のエントリページにいる場合 - [参加(音声には電話を使用)] をクリックします。

手順に沿って電話番号を入力し、Meet からの電話を受信します。動画には引き続きパソコンを使用しますが、発言をしたり、他のユーザーの発言を聞いたりするには電話を使用します。

詳しくは、ビデオ会議に電話音声を使用するをご覧ください。

音声のみでダイヤルインする

運転中などの理由で動画で会議に参加できない場合は、電話番号を使用してダイヤルインします。

  • 電話でのダイヤルイン - 会議の電話番号と PIN を使用します。こうした情報はカレンダーの招待状に記載されています。会議内でも確認できます。
  • 会議の参加者にダイヤルアウトしてもらう - ダイヤルアウト権限を持つ参加者に会議から電話をかけてもらうことができます。[ユーザー] パネルで [ユーザーを追加] 次に [通話] をクリックします。

詳しくは、スマートフォンから会議にダイヤルインするをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー