在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

Meet コンパニオン モードを使用して 2 台目の画面でハイブリッド ビデオ通話に参加する

  
挙手機能などの一部の Google Meet 機能を使用するには、特定の Google Workspace エディションが必要です。詳しくは、Google Workspace のエディションに関する記事をご覧ください。
青色の線

コンパニオン モードは、2 つ目の画面で Google Meet のビデオ会議に接続する方法の一つです。この方法で接続することで、公平なコラボレーションが可能になります。2 つ目の画面からのハウリングを低減するには、カメラとマイクをコンパニオン モードでオフにします。なお、コンパニオン モードはモバイル デバイスではご利用いただけません。

"" ビジネス ユースケース

コンパニオン モードの使用例:

  • オフィスの会議室にいる場合 - ノートパソコンでコンパニオン モードを使用して参加し、画面を共有したり、チャット、アンケート、Q&A、主催者用ボタンを使用したりする。会議室のハードウェアや Google Nest Hub Max で発言したり、他の場所にいる参加者の音声を聞いたり、参加者グリッドを表示したりするには、音声と動画のフル機能(非コンパニオン モード)を使用します。
  • サブ画面が必要な場合 - 2 台目のディスプレイでコンパニオン モードを使用して参加し、プレゼンテーションや字幕を見えやすくする。発言したり、他の参加者の発言を聞いたり、参加者グリッドを表示したりするには、もう一つのディスプレイで音声と動画のフル機能(非コンパニオン モード)を使用して参加します。

青色の線

ノートパソコンでコンパニオン モードを使用して通話に参加し、画面を共有する

ノートパソコンでコンパニオン モードを使用すると、スケジュール設定された Google Meet のビデオ通話に 2 つ目の画面で参加できます。Meet のビデオ会議のスケジュールを設定する方法についての記事をご覧ください。

会議室からの参加者 - チャット メッセージを見落とさないように、会議の冒頭でコンパニオン モードを使用して参加します。コンパニオン モードで会議に参加する前に送信されたメッセージはチャット ストリームに反映されません。

  1. ノートパソコンからコンパニオン モードを使用して参加するには、次のいずれかを行います。
    • 会議の招待状を使用する:
      • 招待状で [参加] をクリックします。[その他の参加方法] で [コンパニオン モードを使用] をクリックします。
    • 短縮 URL を使用する:
      • ブラウザを開き、「g.co/companion」と入力します。次に、Meet のホーム画面で、予定されている会議を選択するか、会議コードを入力します。
    • 短縮リンクを使用して画面を共有する:
      • ブラウザを開き、「g.co/present」と入力します。次に、Meet のホーム画面で会議を選択し、共有対象を選択します。
  1. コンパニオン モードでカメラをオンにするには、カメラをオンにするアイコン をクリックします。コンパニオン モードでカメラがオンになっている場合:
    • 音声と映像をフルに使用できる状態の会議参加者に、あなたの参加者タイルが表示されます。
    • ミーティング ルーム ハードウェアでは、あなたが挙手した場合にのみその参加者タイルが表示されます。
    • コンパニオン モードには音声ストリームがないため、あなたの参加者タイルが発言中の参加者として表示されることはありません。
  2. コンパニオン モードで参加した後に画面を共有するには、画面を共有アイコン "" をクリックします。
  3. 発言したり、他の参加者の発言を聞いたり、参加者グリッドを表示したりするには、もう一つのディスプレイで音声と動画のフル機能(非コンパニオン モード)を使用します。
  4. コンパニオン モードから会議を終了するには: 会議ウィンドウの下部にある [通話から退出] 通話を終了 をクリックします。

青色の線

すべて開く  |  すべて閉じて一番上に移動

コンパニオン モードの詳細

公平なコラボレーションを可能にするコンパニオン モード

参加者全員がリモートの場合や、全員が同じミーティング ルームにいる場合は、誰でも同じようにアクティビティにアクセスできます。一方、リモートで参加しているユーザーとミーティング ルームにいるユーザーが混在している場合(ハイブリッド会議)、ミーティング ルームにいる参加者は、ミーティング ルーム ハードウェアや Google Nest Hub Max を使用して個別にチャットをしたり、質問に賛成票を投じたり、アンケートに回答したりすることができません。

会議室にいる場合は、ノートパソコンでコンパニオン モードを使用すると、リモートの参加者とともにアクティビティに参加したり、個人のタイルを共有したりできます。その場合、音声と動画にはミーティング ルーム ハードウェアまたは Google Nest Hub Max を使用します。コンパニオン モードの概要動画をご覧ください。

コンパニオン モードと音声・映像のフル機能(非コンパニオン モード)との比較

次の表は、コンパニオン モードを使用して会議に参加する場合と、音声・映像のフル機能を使用して会議に参加する場合との違いを示したものです。

機能 コンパニオン モード(2 つ目の画面) 音声と動画のフル機能(プライマリ画面またはミーティングルーム ハードウェア: 非コンパニオン モード)
画面共有とプレゼンテーション表示
Google Workspace のエディションに応じて、チャット、アンケート、Q&A、主催者用ボタンなどのアクティビティ。
マイクと会議の音声  
カメラ  
参加者タイル  
モバイル デバイスからの参加  
インフォグラフィック: ハイブリッド会議における公平なコラボレーション

会議にいる参加者に忘れずにコンパニオン モードを使ってもらうよう、このインフォグラフィックを印刷して会議室に掲示してください。

機能、参加者、アクティビティについて

モバイル デバイス、音声、動画

モバイル デバイスではコンパニオン モードを利用できません。また、コンパニオン モードでは以下の会議機能がオフになるか、動作が異なります。

  • 音声 - エコーが発生しないように、コンパニオン モードではマイクと会議音声がオフになります。会議で発言したり、他の参加者の発言を聞いたりするには、ミーティング ルーム ハードウェアまたはその他のデバイスでフル音声で参加してください。参加リクエストなどの通知や他のアプリの音声については、コンパニオン モードのノートパソコンで再生できます。
  • 動画 - コンパニオン モードでカメラをオンにすると、自分の動画フィードで参加者のタイルが他のユーザーに表示されるようになります。ただし、コンパニオン モードには音声ストリームがないため、参加者のタイルは発言中の参加者として表示されません。コンパニオン モードでカメラをオフにすると、セルフビューにアバターが表示され、他の参加者にはタイルが表示されなくなります。
参加人数の上限と情報

以下の点にご注意ください。

  • 参加人数の上限 - コンパニオン モードを使用した接続とプレゼンテーションは、それぞれ Meet の参加者数の上限にカウントされます。
  • 参加と退出の通知 - コンパニオン モードのユーザーが会議に参加したり、退出したりすると、すべての参加者に通知が届きます。
  • ゲスト - Google アカウントにログインしていないユーザー(ゲスト)がコンパニオン モードを使用して会議に接続するには、主催者に参加を承諾してもらう必要があります。
  • 参加者リスト
    • [ユーザー] リストに、コンパニオン モードを使用して会議に参加したすべてのユーザーが表示されます。
    • コンパニオン モードで画面を共有するユーザーは、[ユーザー] リストに 2 回表示されます。これにより、管理者は、そのユーザーおよび共有中の画面を別々に固定したり、通話から退出させたりできます。
  • 参加者グリッド - コンパニオン モードでは、参加者グリッドは表示されません。会議ウィンドウは画面共有とアクティビティのために使われます。
コンパニオン モードで画面を共有する

会議で 2 つ以上の画面を共有する場合

  • コンパニオン モードを使用しているユーザーには、現在共有中の画面のみ表示されます。
  • 画面を共有中の参加者が画面共有を停止した場合、他の参加者が自分の画面をコンパニオン モードの参加者に表示するには、自分の画面の共有を再開する必要があります。
コンパニオン モードでの主催者用ボタンの使用

コンパニオン モードでは以下の機能を使用できます。

  • 主催者用ボタン - 参加者を共同主催者にしたり、出欠状況の確認機能を設定したりできます。また、チャット、画面共有、動画、音声の使用を制御したりすることも可能です。詳しくは、主催者向けの設定をご覧ください。
  • 会議を終了して全員を退出させる - 主催者は、会議を終了して全員を退出させることができます。会議を終了して全員を退出させると、退出し忘れた参加者の接続も解除されます。詳しくは、会議を終了して全員を退出させるをご覧ください。
  • ライブ ストリーム イベント - 会議前に Google カレンダーで予定を設定していた場合は、コンパニオン モードからライブ ストリーム イベントを開始、停止できます。詳しくは、ライブ ストリーミング イベントについてのページをご覧ください。
ミーティング ルーム ハードウェアでのアクティビティ通知
会議の参加者がチャット メッセージを送信したり、アンケートなどのアクティビティを開始したりすると、ミーティング ルーム ハードウェアと Google Nest Hub Max に通知が表示されます。これはミーティング ルーム内の参加者に向けた通知で、コンパニオン モードを使用して参加するように促すメッセージが記載されています。
コンパニオン モードをサブ画面として使用する
プレゼンテーションや字幕を見やすくしたいときに、コンパニオン モードをサブ画面として使用できます。サブ画面でプレゼンテーションを表示しているときに、メイン画面のプレゼンテーションの固定を解除することもできます。より多くの参加者の動画フィードをメイン画面に表示できます。ただし、コンパニオン モードは、あくまでもハイブリッド会議において公平なコラボレーションを可能にすることを目的としています。

既知の問題

ブレイクアウト ルーム
主催者は、コンパニオン モードで会議に参加し、ブレイクアウト ルームを設定できます。また、コンパニオン モードを使用しているユーザーをブレイクアウト ルームに割り当てることも可能です。しかしながら、コンパニオン モードを使用しているユーザーは、ブレイクアウト ルームで発言したり、発言を聞いたりすることができません。また、主催者がミーティング ルーム ハードウェアや Google Nest Hub Max をブレイクアウト ルームに割り当てることもできません。

ハイブリッド会議でブレイクアウト ルームを設定するには、以下の方法があります。

  • ミーティング ルーム内の参加者については、ブレイクアウト ルームに割り当てるのではなく、Google Meet 通話のメインルームに待機させる。

  • ミーティング ルーム ハードウェアと会議の接続を解除するように各ミーティング ルーム内の参加者に伝える。その後、ノートパソコンまたはスマートフォンから音声と動画をフルに使用できる状態で会議に参加してもらってから、ブレイクアウト ルームに割り当てる。ブレイクアウト ルームでのセッションが終了したら、参加者にもう一度ミーティング ルーム ハードウェアから会議に接続してもらう。

  • 予定の開始前に、ブレイクアウト ルーム用に別の会議を設定する。ブレイクアウト ルームのセッションが始まったら、メイン セッションから退出してブレイクアウト ルームに参加するように参加者に伝える。ブレイクアウト ルームのセッションの終了時には、メイン セッションに戻るよう Google Chat で参加者に伝える。

ブレイクアウト セッションについての詳細をご覧ください。

サードパーティの Chrome 拡張機能
サードパーティの Chrome 拡張機能が原因で、会議中に予期しない問題が発生することがあります。問題が発生した場合は、サードパーティの拡張機能をオフにしてみてください。詳しくは、サードパーティの Chrome 拡張機能に関する記事をご覧ください。
参加者タイル
コンパニオン モードを使用している場合:
  • 参加者タイルのセルフビューを最小化したり移動したりすることは可能ですが、固定することはできません。
  • カメラをオンにして自分の映像を共有することは可能ですが、話しているときに参加者タイルは表示されません。
  • 会議室のハードウェアには、挙手していない限り参加者のタイルは表示されません。ただし、ミーティング ルーム ハードウェアを使用して参加者を固定することは可能です。

関連トピック


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false