通知

在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

Google Chat でスペースを使用する

Google Chat のスペースを使用すれば、チームのメンバー全員が同じ場所に集まって、特定のトピックやチーム プロジェクトについて話し合うことができます。スペースの管理は、管理者またはスペースの作成者が行います。メンバーは、会話のスレッドをフォローしたり、ドキュメントを共同編集したり、会議を計画したりなど、すべての作業を同じ場所で遂行できます。

ビジネス ユースケース

スペースは次の用途に最適です。

  • 会話のスレッドを 1 か所にまとめる
  • 共有ファイル、タスク、スケジュールに基づいてグループを整理する
  • 会話ごとに専用の場所を確保する

詳しくは、スペースを作成するをご確認ください。

青色の線

インライン スレッドでタスクを継続する

スペースでは、メインの会話のほかに、スレッドと呼ばれるサブ会話をメッセージの中で展開できます。スレッドは、トピックとは無関係な会話や、詳細な話し合いが必要なときに使用すると便利です。

インライン スレッドを使用すると、次のことができます。

  • スレッドタブでスペース内のすべてのスレッドを確認する
  • スレッド内のメッセージに返信する
  • スレッドをフォローする

スレッドに関するおすすめの方法:

  • トピックに関するインライン スレッドを維持します。複数の会話がある場合は、新しいスレッドを作成することを検討します。
  • 他のユーザーを招待して、関連情報を投稿または確認してもらいます。
  • スペースのルールとガイドラインを事前に確認します。

スペースを使用してファイルやタスクを整理する

スペースを使用すれば、Google ドキュメント、カレンダー、Meet などの Google Workspace ツールを使用するプロジェクトを整理したり、共同編集したりできます。スペース ウィンドウの上部には [ファイル] タブと [タスク] タブが表示されます。

[ファイル] タブでは、次のことができます。

  • ファイルを追加する
  • サイド ウィンドウでファイルを開く
  • ファイルの保存場所を Google ドライブ内で移動する
  • ファイルの添付先のスレッドに移動する

[タスク] タブでは、次のことができます。

  • タスクを作成する
  • タスクに完了マークを付ける
  • タスクを割り当てる
  • タスクの完了期限を設定する
  • タスクの添付先のスレッドに移動する

スペースを作成、管理する

スペースを作成したユーザーは、そのスペースの管理者になります。管理者の名前の横にはアイコン  が表示されるので、他のユーザーと区別が付きます。スペースの管理者には次の権限があります。

  • スペースの管理 - スペースの名前、説明、ガイドラインを編集できます。
  • Chat のロールの割り当て - 他のユーザーに管理権限を割り当てることができます。
  • メンバーの管理: スペースのユーザーの追加と削除を行うことができます。
  • メッセージの管理 - メッセージを削除できます。

スペースの管理に関するおすすめの方法

すべきこと してはいけないこと

スペースを設定する際、または次の場合に必要に応じて、スペースのガイドラインと説明を更新する。

  • スペースのユーザー数が増えた
  • スペースの用途に変更がある
  • 組織の新しいルールがチャットに影響する
ユーザーに通知せずにガイドラインを変更する。
組織のガイドラインまたはスペースのガイドラインに違反しているチャット メッセージを削除する。 理由を伝えずにユーザーのメッセージを削除する。
仕事に重要または有用なスペースに新しいユーザーを追加、招待する。組織内でスペースを使用するためのガイドライン、ルール、プロトコルがあれば追加する。 関連するスペースやガイドラインを自分で積極的に探してもらうことをユーザーに期待する。

検出可能なスペースを使用して全員と認識を共有する

この機能をご利用いただけるのは、所属先の組織が対応している場合に限られます。詳しくは、管理者にお問い合わせください。 

特定の個人やチームに限定する必要のないトピックには、検出可能なスペースを使用できます。検出可能なスペースを使うことで情報の透明性が向上し、トピックごとの話し合いや共同作業が簡単になります。

検出可能なスペースの作成時にはアクセスレベルを設定します。アクセスレベルは次の中から選択できます。

  • 制限付き - 直接追加したユーザーと招待したユーザーだけがスペースにアクセスできます。
  • 組織のすべてのユーザー - 組織内のすべてのユーザーがスペースにアクセスでき、スペースのリンクを使用すれば参加できます。

スペースを作成した後は、作成者と他のスペース管理者のみがアクセスレベルを変更できます。新しいメンバーを追加するには、メンバーの表示と追加を行うウィンドウで追加するか、ユーザーにスペースの共有リンクを送信します。

スペースの共有リンクは次の場所で確認できます。

  • メンバーの表示と追加を行うウィンドウ
  • スペースのヘッダーのプルダウン メニュー
  • 検出可能なスペースが作成または更新された後のシステム メッセージ ウィンドウ

スペースのプルダウン メニューからは次の操作を行えます。

  • メンバーの表示、追加
  • ユーザーとアプリの追加
  • スペースの詳細の表示
  • このスペースへのリンクのコピー
  • Webhook の管理(デベロッパーのみ)

スペースを検出可能にする方法については、スペースを作成して異なるアクセスレベルを設定するをご確認ください。

検出可能なスペースを作成する際のおすすめの方法

スペースを作成するときは、事前に管理者と次のことを行ってください。

  1. スペースの対象範囲を決めます。
  2. スペースの用途に応じてアクセスレベルを決定して、チーム、プロジェクト、グループ専用にするか、トピックについてのディスカッション用に開かれたものにします。
  3. スペースの用途を明確に記述します。スペースについて説明しておくことで、後でユーザーが検索バーからスペースを見つけやすくなります。

    注: スペースに直接招待されたユーザーのみが、検索バーを使用してそのスペースを検索できます。

  4. スペースのガイドラインを作成します。ガイドラインを適用するのはスペースの管理者なので、そうした管理者がいる場合はガイドラインについて話し合います。スペースが小規模の場合、ガイドラインは必要ありません。

スペースの例

  • 企業文化グループ スペース
  • チームグループ スペース
  • プロジェクト計画スペース
  • 社内スポーツチーム スペース
  • 企業ニュース スペース
  • 休憩室スペース
  • 新入社員スペース
  • IT ヘルプスペース
  • 社内フィードバック スペース

青色の線

詳細

 

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー