在宅で働く社員とオフィスで働く社員が共同で作業する場合は、ハイブリッドな作業環境に対応するための方法をご覧ください。

グループを共同トレイにする

仕事用アカウントまたは学校用アカウントで Google グループを使用できない場合は、管理者に依頼してビジネス向け Google グループを有効にしてもらいます。 青色の線

グループのオーナーとマネージャーは、各自のグループをどれでも共同トレイとして設定することができます。グループのメンバーは、会話を引き受けたり割り当てたり、その他の共同作業を行ったりすることができます。

高度な共同作業を行うために、Gmail で委任を設定します。この設定では、受信トレイを 25 人より多くのユーザーと共有できます。詳しくは、メールを委任する、メールで共同作業するをご覧ください。

仕組み

共同トレイグループのメンバーは、各自の持つ権限に応じて次のことができます。

  • 会話への返信を引き受ける。
  • 会話を別のグループ メンバーに割り当てる。
  • 会話に完了、重複、または対応不要のマークを付ける。
  • 対応状況または担当者で会話を検索する。

手順 1: グループを作成する

共同トレイとして使用するグループを作成し、メンバーを追加します。それらのメンバーが会話の割り当てや追跡を行うことになります。

手順については、グループを作成するをご覧ください。

手順 2: 共同トレイ機能を有効にする

共同トレイ機能を使用できるようにするには、会話の履歴を有効にする必要があります。詳細については、会話の履歴を有効または無効にするをご覧ください。

  1. Google グループにログインします。
  2. グループの名前をクリックします。
  3. 左側の [グループ設定] をクリックします。
  4. [追加の Google グループの機能を有効にする] で [共同トレイ] を選択します。

手順 3: 権限を割り当てる

ユーザーが共同トレイ機能を活用できるようにするには、グループのオーナーまたはマネージャーがユーザーに適切な権限を付与する必要があります。

タスク 必要な権限
  • 会話を引き受ける
  • 会話を割り当てる、または割り当てを解除する
  • 会話に完了のマークを付ける
メタデータを管理できるユーザー
  • 会話に重複のマークを付ける
  • 会話に対応不要のマークを付ける
コンテンツを管理できるユーザー

詳しくは、グループの管理のために権限を設定する方法についてのページをご覧ください。

次の手順

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
ラーニング センターのガイドを印刷、保存、カスタマイズする

ラーニング センターのガイドを印刷、PDF 形式で保存、組織向けにカスタマイズする方法をご確認ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false