Google を ID プロバイダとして使用して SSO を設定する

Google では、SAML(Security Assertion Markup Language)2.0 標準を使用したシングル サインオン(SSO)の事前統合を、200 以上のクラウド アプリケーションに対して提供しています。統合対応アプリは Google を IdP として使用し、自動ユーザー プロビジョニングに対応します。

また、統合対応アプリのカタログにないアプリの SSO を設定する際にも、Google を IdP として使用できます。

ここでは、ユーザーの認証に Google をご使用の場合に SSO を設定する方法を説明します。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73010
false