DLP で機密情報を保護する

データ損失防止(DLP)ポリシーを使用すると、クレジット カード番号などの機密情報を検出できます。従来の DLP をご使用の場合はメールから、従来の DLP に加えてドライブの新しい DLP もご使用の場合は Google ドライブ ファイルからも検出可能です。ポリシーに基づく処理を設定しておけば、メールとドライブ ファイルから機密性の高いコンテンツが検出された場合に、そのメールとファイルが共有されないようにできます。

高度な機能を備えた「ドライブの新しい DLP」を試す

G Suite のドライブ向けデータ損失防止(DLP)が新しくなり、管理者が従来の DLP にはない高度な機能を使用できるようになりました。[ルール] タブにある従来の DLP にアクセスすると、DLP ルールと検出項目が別の場所に移動する旨のメッセージが表示されます。移動先には、管理コンソールのホームページの [セキュリティ] 次に [データの保護] からアクセスできます。

従来の DLP との比較およびドライブの新しい DLP 機能の説明については、ドライブの新しい DLP によるデータ損失防止をご覧ください。

注: この新しいリリースでは、ドライブの DLP のみが更新されています。現時点では、Gmail スキャン用の DLP に変更はありません。