SAML アプリの自動ユーザー プロビジョニング

Google では、200 以上のクラウド アプリケーションでユーザーの自動プロビジョニングをサポートしています。プロビジョニングを自動で行うと、サポートされているすべてのアプリのユーザー ID への変更を Google 管理コンソールで自動的に保存できます。

まず、アプリを SAML シングル サインオン(SSO)用に設定します。次に、以下の説明に沿って自動ユーザー プロビジョニングを設定します。